CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雑感 | Main | 北アメリカ»
小さな命 [2012年08月08日(Wed)]
 手の平に乗るほどの小さな命のその持ち主は、籠の外のささやかな自由を手にしようと、同じ芸を繰り返している。息子が進学のため、家を離れた今、我が家の会話の中心はこの小さな命となった。
続きを読む・・・
ある岳人 [2012年08月05日(Sun)]
 私はその人と山行を共にしたことはない。それでも山ヤとして20数年のつきあいとなっていた。シャモニから見ると、尖塔のようにそびえたつドリュ針峰の西壁を登った人と聞いていたので、岩登りに長けたごつい岳人と思っていたが、初めてお会いしたその人はとても柔和で知的な人だった。
続きを読む・・・
始発列車 [2012年03月26日(Mon)]
 池袋から恵比寿まで、妹と始発列車に乗った。なぜこんなに人が乗っているのだろう。行きなのか、帰りなのか。久しぶりに朝まで飲んだ。1年ぶりぐらいか。ここ数年、盆と正月以外に年に一、二度、いとこ会を開いている。私と最も年が近く、兄として慕っていた従兄が遠くへ行ってしまったことがそのきっかけであった。いとこ会だけでなく、ある決心をさせてくれたのもその従兄だった。
明日 [2012年03月23日(Fri)]
明日より東京。
酒と泪と男と女 [2012年02月21日(Tue)]
セブのサンカルロス大学で明日から始まる「日本磁器展」のためのBGMに使うCDを買うのに付き合ってくれと頼まれ、CDショップに出かけた。店にあったのはウタダヒカル、いい音楽だけど日本風ではないので、他を探すとフォーク集があった。明日からの展覧会では「酒と泪と男と女」、「アザミ嬢のララバイ」などがエンドレスで流れることになった。
セブのパリアン [2012年02月20日(Mon)]
 今日はセブのイエズス会の建物の博物館に行った。午後は改築の際に出土した陶磁器の観察をした。有田焼の染付芙蓉手皿、チョコレートカップの破片、数十点確認することができた。数は増えるものの、種類はなかなか増えない。器種が偏っているということか。
 明日は大学博物館の日本磁器展のオープン日、それに合わせて私が講演するという。今朝、聞いたところである。これから友人の招待で夕食に出かけるが、待ち合わせ時間は6時から6時半。何時に行けばよいのか、いつもながら迷う。結局、6時に行ってしまうのだけれども。
転機 [2012年02月19日(Sun)]
 ただ今、ソウルの空港にて飛行機待ち。福岡は雪だったが、ソウルは雲ひとつない快晴。あと2時間ほどでセブ行きの飛行機に搭乗する。また陽気な友に会える。今回の用向きはサンカルロス大学での3コマほどの講義。飛行機の待ち時間を利用した講義の準備もビールのほろ酔いの頭では進まない。
誕生日 [2012年02月18日(Sat)]
 今年もOさんから先日の誕生日に贈り物が届いた。毎年、有難いことである。私より1回り+2歳、年上だったと思うから、3月で62になられるだろうか。前にも書いたが、初めてお会いしたのは30年近く前、一冬、一緒にスキー場で働いたとき。それ以降、お会いしたのは3回ぐらいだったか。最後にお会いしたのは20年前なので、もう会わなくなってからの方が長い。昨年は入院されたとも聞いた。また、冬のアルプスでも眺めながら酒を飲みたいと思う。
続きを読む・・・
長崎の風景 [2012年02月13日(Mon)]


夏の海2

長崎の風景 [2012年02月10日(Fri)]


夏の海
| 次へ