CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«懐かしい人 | Main | 景徳鎮»
大学受験 [2011年10月31日(Mon)]
 大学受験する時はもう21になっていた。17で高校を中退して、放浪を重ねていた。20才の夏にマッターホルンに登った後、そろそろ大学に行こうかと思いながら帰国した。
 勉強は3年ぐらいのブランクがある上、夏までヨーロッパで山に登っていたので、共通一次までは4ヶ月ほどしかなかったが、この4ヶ月は馬鹿みたいに勉強した。ほとんど山ごもりのような感じだった。
 そして、年が明けて受けた共通一次の結果は、はったヤマもあたって自己採点では1000点満点中、900点だった。文学部志望だったので、国内の大学ならどこでも受かりそうな気がしたけれど、結局は地図を眺めて、雪国の地方の国立大学にした。結果的にはよかったのだろうと思う。切磋琢磨したような記憶はないが、その分、好きに過ごせた気がする。そして、好きに過ごせたからこそ、今も研究を続けていられるような気がする。
【昔のことの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント