CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«黒髪山 | Main | 高松城»
世界地図 [2011年08月31日(Wed)]

 有田焼が出土している国や地域を色分けした世界地図である。面積の大きいロシアで出土しているので、世界の大半で出土しているように見えるが、実際には極東のカムチャッカ半島で出土しているだけなので、実際の分布図のイメージとは異なる。特にメルカトル図法の地図なので、緯度が高い地域は大きく、低い地域は小さく見えるため、尚更である。
 それでも海外貿易が制限されていた時代に海を渡って広く運ばれたものと思う。

 登山であったり、水中考古学であったり、あるいは陶磁器調査であったり、目的は様々であるが、上の世界地図は今まで訪問した国や地域と、これから行こうと思っている国を色分けしたものである。青色が行った国、赤色が行こうと思っている国である。大陸で言えば、アフリカと南アメリカにはまだ行ったことがない。もちろん、南極もない。私にとって魅力的な大陸ばかりが残された。
【最近のことの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント