CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«紫川の水面(11) | Main | ブトン島の子供達»
紫川の水面(12) [2011年07月11日(Mon)]
 スキー場のバイトなど、あまりなり手がいなかったのか、面接をして、すぐに働くことになった。ホテル組と居酒屋組に分かれたが、私は居酒屋で働くことになった。一回りと少し年上の太田さん、日体大の学生さん2名と一緒だった。この店には変わったメニューがあった。食用カエルやイナゴはまあ普通として、「丘うなぎ」や「ポンピョン焼」。最初は何のことかわからなかったが、丘うなぎとは青大将のことで、その蒲焼きである。ポンはタヌキ、ピョンはもう書かなくてもわかるだろう、ウサギだ。つまり、ポンピョン焼とはタヌキとウサギの合わせ肉のことだった。ほかにクマもあった。そういう肉の入手ルートがあったのであろう。お客さんから何の肉か聞かれたら答えていたが、聞かれなければおいしいですよ、と言って教えずに出していた。

 ホテル組は映画カメラマンの重さんとその助手の達ちゃん、それに名前を失念したけれど、「とおちゃん」「かあちゃん」とよんでいた二人。二人は富山から来ていた。冬休みに入ると富山の男子高校生や東京の女子高生のバイトが加わった。
 クリスマスや年越しの時はにぎやかに飲んだ。雪不足の心配もあったが、クリスマスには間に合わせてきた感じだった。当時の写真にはパーマをかけてギターを抱えた私が写っている。高校をやめて1年ほど経った頃のことである。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント