CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«金沢の妖怪(1) | Main | 夕暮れのオアハカ»
サンフランシスコ [2010年11月16日(Tue)]
 これまで何度か乗り継ぎのために何度かアメリカの空港を訪れたことはあったが、今回、初めてアメリカ本土に泊まることになった。メキシコシティを発つ際、機長がいなくなったとかで3時間出発が遅れ、サンフランシスコで日本行きの乗り継ぎができなくなったからである。

 ユナイテッド航空のカウンターで交渉の末、ホテルの宿泊とディナーを用意してもらって、初めてのアメリカの夜をハイアットリージェンシーで過ごすことになった。料金はもちろん航空会社持ちである。
 ただし、翌朝がひどかった。ハイアットリージェンシーの部屋は広く快適であったが、チェックアウトの際、車も持っていないのに駐車料金を請求されたり、飲んでもいないビール代金を請求されたり、あげくには釣り銭を数える儀式?みたいなものがあるらしく、何度も何とかの一つ覚えのように数えていた。ホテルマンは日本では最低の部類に入ると思う。チェックアウトするだけで疲れてしまった。
 サンフランシスコ滞在は予想外のハプニングではあったが、同じく日本便に乗り損ねた同郷の日本人と出会えたことは楽しい思い出となった。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント