CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«文明の十字路(2) | Main | 東南アジアの壷»
ACL決勝トーナメント進出 [2007年05月23日(Wed)]
 今日のような試合は胃に悪い。引き分けでもいいというのは有利であることは確かであるが、勝たなければいけないという試合の方がシンプルでよい気がする。でもとにかくよかった。

 写真は初めて首位に立った時、ニュース番組のTV画面を思わず撮影したものである。1995年のニコスシリーズの第1節を終えた時点での結果である。フリューゲルスに6-0と大勝した結果、リーグ発足以来、初めて首位となった。結局、14チーム中、8位に終わったシーズンだったけど。

【浦和レッズの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント