• もっと見る
«「ゴミ拾い×チームビルディング!」〜荒川クリーンエイドのチームビルディングプログラム体験会を行いました☆ | Main | 「第3回川ごみサミット亀岡保津川会議」開催! »
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
かがわ「里海」づくりセミナーで荒川クリーンエイドの活動を紹介 [2017年02月21日(Tue)]
香川県が主催する かがわ「里海」づくりセミナーで、環境保全活動に
取り組まれている香川県内の皆さんに、荒川クリーンエイドの活動を紹介してまいりました!

「里海」づくりに”川ゴミ”?!
「里海」とは、人が自然と適切にかかわることで、多くの恵みをもたらす豊かな海のこと。
この里海づくりに、香川県では、全県域で、県民みんなで、山・川・里(まち)・海をつなげるよう
取り組まれています。
だ・か・ら、
豊かな海づくりに「川」の話だったのです。

荒川クリーンエイド・フォーラムでも、川のゴミは、まちから川に入る前にストップしよう!
そしてこの川のゴミを多く回収することが海ゴミを減らすことにつながる!と言っています。
川で回収されないゴミは大雨などでまた流れ出てしまい、海へと辿られます。
だ・か・ら、
豊かな海づくりには「川ゴミ」の話が大きく関わってきます。

このような中で、荒川クリーンエイド・フォーラムをお呼びいただき、
川ごみの話をさせていただく機会をいただけたのは、とても嬉しいことでした。

荒川クリーンエイドの長年の活動が他地域での活動の参考になりました
セミナー後半はディスカッションの時間もありました。参加者は、既に環境保全活動や
川での活動に関わっていらっしゃる方が多く、具体的な話も多く出ました。
まずは、荒川のゴミの量にみなさん驚かれました。種類は違えど、多くの流域人口を抱える
荒川ならではのことです。
ゴミデータの分析など、データと共をしめして話すことで説得力が増したようでした。
また広くネットワークを組んだ活動も参考になったようでした。
170217kagawa.jpg


なかまを増やす
海や川のゴミを減らして里海・里川をつくることは、まちのゴミを減らすこと。
それは私たちのライフスタイルの意識改革が必要なこと。これらのことを
あらためて皆で共感しあいました。
いろいろな地域で、互いの活動を参考にしながら
さらに多くの人にゴミ削減のライフスタイルの重要性を伝え、
豊かな海豊かな川づくりを広めたいと思います!(いと)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント