CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«なぜセイタカアワダチソウを抜くの? 〜荒川・小松川自然地の場合〜 | Main | 冬のクリーンエイドって、どんな様子?! 〜冬だからこそ!の特徴〜»
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
釣り具やひも状のゴミが、生物を傷つけている! [2014年11月21日(Fri)]
yurikamome_mini2.jpg
                    (クリックすると大きくなります)

一見、なんとも愛らしい鳥の写真、でもよく見ると・・・
くちばしに釣り具が絡みついています。

手を使ってはずすことができない鳥たち、
傷つき、えさを取ることができなくなってしまった彼らは
いったいどうなってしまうのでしょうか。
これは、2013年4月に、東京湾・三浦半島で発見されたテグスによる被害
撮影されたJ.シーガルさんによれば、たくさんの野鳥が渡ってくる冬場には
特に頻繁に発見されるそうなのです。

J.シーガルさんによる情報はこちらから
 http://jseagull08.blog79.fc2.com/blog-category-14.html



■放置されたテグス調査結果
公益財団法人 日本鳥類保護連盟では、環境下に放置された釣具の
回収と調査に取り組まれています。

2013年(5月〜10月)の調査結果によれば、
全国の水辺で回収された釣具の内容は、以下の通りです。

【全国テグス拾い2013 の結果】
   テグス    12,093m
   釣り針     241個
   金具類     161個
   おもり      61個
   ワーム      20個
   ルアー      69個
   ウキ       30個

同会では、放置されたテグスなどに野鳥が絡まってしまうことがあること、
いったん釣具が絡まってしまうと、長くは生き延びられないこと、
そして、使い終わった釣り具は、家に持ち帰り処分するよう、訴えています。

公益財団法人 日本鳥類保護連盟による情報はこちらから
 http://www.jspb.org/tegusuhiroi.html



■荒川の釣り具と、ひも状のゴミ
荒川ではどうでしょうか。
30分そこそこで、4本のテグスとおぼしきゴミがみつかりました。

tegusu_mini.JPG
テグスとおぼしきゴミ

テグスだけでなく、様々なひも状のゴミが、
水辺の植物、ヨシ(葦)にたくさん絡みついています。

konnpo_mini.JPG
梱包用バンド

もともとひも状のゴミだけでなく、
ロープやシートが劣化して、細いひも状になったものも、数多く見られました。

plarope2_mini.JPG
ほどけたプラ・ロープ

plasheet_mini.JPG
繊維がほどけたプラ・シート

ヨシにひっかかって、回収できればしめたものですが、
これがヨシでなく、野鳥の脚だったら・・・と思うと、おそろしいことです。

code_mini.JPG
コード                 (クリックすると大きくなります)

また、荒川には、このようなコードもたくさん見られます。
町でコードを集め、金属部をはずし、残骸を荒川に放置する人がいるためです。

集められた金属は、業者が買い取り、海外に売られています。
川では、このような社会の負の側面も見られるのです。



■荒川流域のデータでは
釣具やひも状のゴミは、荒川流域ではどのくらい回収されているのでしょうか。
2013年の結果は次の通りです。

【荒川クリーンエイド2013で回収された、ひも状のゴミ】
  釣り糸                  146 個 (0.1%)
  ルアー                  153 個 (0.1%)
  ひも・ロープ               968 個 (0.7%)  ※コードを含む。1mを1として
★荒川流域で回収されたゴミ総計 148,087個 (100%)   ※破片を除く


割合としては低いのですが、
生物への被害を考えると、見逃すことができません。

川や海、地球は人間だけのものではありません。
こういったゴミが自然界に出ないよう、一人ひとりのマナーに訴えるとともに、
さまざまな仕組みとしても、対策をしていく必要がありそうです。

まずは、多くの人に現状を知ってもうことが肝心ですね。


ゴミの被害について(一般社団法人JEAN)
 http://www.jean.jp/m-litter/matter02.html

荒川クリーンエイドの紙芝居 「ゴミが生き物を苦しめている!」 では、
 ゴミの被害について、写真などでやさしく解説しています。
 クリーンエイド会場や、環境学習、イベントなどで、ぜひご活用ください。
 http://www.cleanaid.jp/acaf/publicity/kamishibai
(ほしの)


-----------------------------------------------------------------------
★荒川クリーンエイド(ゴミ拾い活動)に参加するには >> http://www.cleanaid.jp/repeat
☆寄付するには >> http://www.cleanaid.jp/acaf/prof/member/kazashite
◆荒川クリーンエイド・フォーラム トップページ >> http://www.cleanaid.jp/
-----------------------------------------------------------------------
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント