CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スポーツGOMI拾いでクリーンエイド | Main | 新入社員研修でのクリーンエイド»
プロフィール

荒川クリーンエイド・フォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/araclean/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/araclean/index2_0.xml
4/22「春の小松川自然地探検」イベント開催! [2012年04月22日(Sun)]
4月後半にしては少し肌寒い中、48人の地域の皆さんにご参加いただき、
「小松川自然地・里川プロジェクト」第1回目のイベントを開催しました!

プロジェクトの紹介
まずは、堤防の上に建ったばかりの看板の前で、プロジェクトのご紹介。
これから、外来植物の除草、ヨシ刈り、生き物調査、自然環境教室
などを組み合わせたイベントをシリーズで開催して、
地域の自然や環境保全に関心ある皆さんといっしょに、
この地の自然に親しみ、保全する活動を行っていきます。

opening.JPG
看板の前で、小松川自然地・里川プロジェクトのご紹介

草原の探検
草花や昆虫などを観察しながら、みつけた草花を
外来種(外国から入って来た種)と、在来種(日本にもともとあった種)
に分けるプログラム。

teiboude.JPG
堤防で、さまざまな種類の草花を探しているところ
kusabana_konchusagasi.JPG
子どもたちは、ヨシ原のカニやアマガエルなど生き物探しに夢中

さて、皆で「外来種」と「在来種」に分けた植物の解説です。
gairaishu_zairaishu.JPG
外来種と在来種、どちらが多いかな?

今日見つかった在来植物は、全部で11種。
キツネノボタン、ギシギシ、スギナ、スズメノカタビラ、タチイヌノフグリ、
タネツケバナ、ナズナ、ハコベ、ハマダイコン、ホトケノザ、ヨモギ。
セイヨウタンポポ、シロツメクサ、カラスノエンドウなど
14種みつかった外来植物の方が、
種の数としては少し多い結果となりました。

外来植物って?
外来植物は、自ら好んで日本にやって来たわけではなく、
人間の活動によって入って来たもの。
中には、広く繁茂して、在来植物の生育を大きく妨げてしまうものもあります。
そのひとつと考えられているのが、セイタカアワダチソウ
小松川自然地では、このセイタカアワダチソウの抜き取りなどをして、
それによって、植生がどう変化していくか、どんな在来植物が増えてくるかなどを
皆さんといっしょに観察していきたいと思います。
seitaka.JPG
外来植物セイタカアワダチソウ

水辺の探検
さて、後半は、お待ちかねの水辺探検。
higatade.JPG
広〜い干潟でヤマトシジミやゴカイなどを探します
ashiato.JPG
鳥の大きな足跡も発見しました

干潟で生き物を探した後は、
投網(とあみ)で獲れた魚やエビなどのお話を聞きます。
荒川ではおなじみのマハゼ、ボラ、スズキ、ヒラタエビのほか、
カレイや、シャコエビなども獲れました。
sakana_kaisetu.JPG
投網(とあみ)で獲れた魚やエビの解説
sakana.JPG
生きたカレイをはじめて間近に見た子どもたち

たっぷり自然に親しんだ後は、荒川を背景に
「生き物たちと遊んだぞー!、オー!」
shugo3.JPG

次回は、5月20日(日)「外来種の若葉観察と除草体験」(ご案内はこちらから)
また小松川自然地でお会いしましょう!!(星)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント