• もっと見る

癒倉のAOP
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤島辰也
被災地での癒倉 (05/18)
まさとん。
被災地での癒倉 (05/18)
藤島辰也
静岡新聞に掲載されました。 (05/14)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/14)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/14)
藤島 辰也
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/11)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/11)
Twitforyou 本当の助けをこれからも [2011年06月07日(Tue)]


自治体を介しての支援物資の提供が難しくなっています。
受け入れる側の自治体は大量の物資の仕分けや配給。それに、ともなう人材への負担などで、きめ細かなニーズ対応が困難になっているのです。
そのような状況のなかで「支援を受けたい」と「支援をしたい」をピンポイントでマッチングするサービスがあります。実は「癒倉」も提供を呼びかけ、いくつかの問い合わせを頂きました。サイト名は「Twitforyou!本当の助けをこれからも」。サイトの開発、運営費は支援金でまかなっているそうです。
被災地への直接の支援も大切ですが、このように手弁当にて活動している団体への支援こそが大きな効果と本当の助けを生み出しています。

Twitforyou
http://twitforyou.org/
鈴木善幸氏 [2011年06月02日(Thu)]


第70代総理大臣の鈴木善幸氏は山田町生まれです。
隣町の水産高校卒業後、農林省水産講習所(現 東京海洋大学)に学び全漁連、岩手漁連などに勤務するなど筋金入りの水産政治家で漁村振興に尽力。昭和55年7月からの2年余りは総理大臣として国政を担いました。
「足らざるを憂えず等しからざるを憂う」との名言が顕彰記念碑に刻まれています。
山田町のみなさんも善幸氏とおなじ漁師魂で、きっと、震災以前、以上の復興をされるでしょう。
風光明媚「山田町」 [2011年06月02日(Thu)]

山田町に行ってきました。
リアス式海岸の入江ごとに町があります。伊豆半島の町々にも似た情景でとても親しみやすく、初めて来たとは思えない本当に美しい町でした。
山田町・危機管理課のSさま。静岡県から支援派遣されている危機管理部のAさまに、突然押しかけたにも関わらず丁寧に対応いただきました。本当にお世話になりました。一日でも早く落ち着いた生活がおくれるよう願っています。
町役場。切り込み写真は、避難所でみかけた「癒倉」

役場から海側に目を向けると…。
岩手県山田町に行ってきます。 [2011年05月31日(Tue)]

AOPメンバーが本日31日。岩手県山田町に向かいました。
津波による被害がどのようなものか。また、復旧がどの程度進められているのかなど、実際に見てきます。そして避難生活をされているみなさんと対話することができればと考えています。山田町の皆様、よろしくお願いいたします。
ホームページ完全リニューアルオープン!! [2011年05月28日(Sat)]


AOPのホームページが完全リニューアルオープンしました。
URL(アドレス)も新たに「癒倉」の特長や仕様をより詳細に知ることができます。また、私たちAOPの組織に関しても今まで以上に情報を開示し、広く社会に貢献していきます。

http://www.dove.co.jp/yukura/
チョットした収納スペース [2011年05月27日(Fri)]


フロアーの格子には若干のスペースがあるので身の回りの細々とした小物を収納できます。
ばらして再備蓄可能 [2011年05月25日(Wed)]


癒倉は接着剤などを使わずに組み立てることができますので、使用後は、もとのようにばらして梱包箱に戻せば、再度、備蓄して有事に備えることができます。
けして使い捨てではありませんので、管理コストを抑えることができます。
富士のふもとの大博覧会 [2011年05月23日(Mon)]

大博覧会2日目。心配されたお天気も、夕方まで大きく崩れることなく、また、日曜日といくことで昨日よりも来場者が多く感じられました。
がんばろう日本のコーナーでは、富士市の掲示、私たちの癒倉の展示以外に、風評で大きな被害をうけている福島などの野菜を販売するサウスフジ災害ボランティアチームのみなさんや、被災地の飲料水を販売する富士常葉大学の学生さんです。いずれも収益は義援金として寄付されたそうです。このように被災地以外の私たちががんばることで少しでも早い復興を願います。





久保ひとみさんにも「癒倉(ゆくら)」を体験してもらいました。

癒倉を被災地に贈るために、支援をしていただいた方が遠方より駆けつけてくれました。癒倉がどのように被災者のみなさんに使っていただいているのかなど、AOPとしてしっかりと調査、報告をしていかなければと責任を感じました。
B級グルメチャンピオンは!? [2011年05月21日(Sat)]


予想通りすごい人出でした。
朝10時には、もう会場は来場者でいっぱい。たくさんの方に癒倉を見ていただきました。
メインイベントとなる「富士山麓のおいしいもの、グルメコンテスト」が行われていたようですが、どこのお店がチャンピオンだったのでしょうか?聞き逃してしまいました。明日は、グルメも楽しみたいと思います。
大博覧会場へ搬入してきました [2011年05月20日(Fri)]

明日から2日間、ふじさんめっせで開催される「富士のふもとの大博覧会」のため、荷物を搬入してきました。ブースは「震災復興キャンペーン・がんばろう日本!!」のひと区画です。このキャンペーンの主な展示は、富士市のこれまでの支援の紹介です。その中のひとつに岩手県山田町へ支援物資を贈ったことが報告されていました。何か縁がありますね。
博覧会中、来場のみなさんには義援金のお願いを。そして、出展者には売上の一部を募金していただき、中央共同募金会を通して被災地に贈られるとのことです。
ご協力をお願いします。



詳しくは下記をご覧ください。
http://www.fujisanmesse.com/daihakurankai/