• もっと見る

«「癒倉」を岩手県下閉伊郡山田町へ30台!! | Main | コンパクトな梱包サイズ»
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤島辰也
被災地での癒倉 (05/18)
まさとん。
被災地での癒倉 (05/18)
藤島辰也
静岡新聞に掲載されました。 (05/14)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/14)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/14)
藤島 辰也
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/11)
まさとん
石巻牡鹿に「癒倉」発送!! (05/11)
静岡新聞に掲載されました。 [2011年05月14日(Sat)]

「段ボール間仕切り贈る・被災地へ「癒倉」30個」と静岡新聞に掲載されました。
AOPが来週、岩手県山田町に「癒倉」を贈ることを伝えています。「間仕切りとベッドを融合した『癒倉』」とカラー写真付きで紹介されています。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
satoさん。コメントありがとうございます。
福島第一原発では、避難している人への配慮などで作業員への配慮が十分でないと細野総理大臣補佐官が5月5日にコメントしています。
プレハブの仮設寮を建てているようですが、睡眠環境はどうなのでしょうか?気になりますね。
Posted by: 藤島辰也  at 2011年05月14日(Sat) 21:48

これはいいアイディアですね。今まで、無かったのが不思議なくらいです。
避難所もさることながら、福島第一原発で作業されている方々は、どんな環境で睡眠をとっているのでしょうか?
少し前のニュースでは、寝袋を使い回ししていると言っていましたが、改善されたのでしょうか?

原発の関係者に「癒倉」を知って欲しいですね。福島第一原発は、「癒倉」が一番必要な場所の1つだと思います。
Posted by: sato  at 2011年05月14日(Sat) 15:51