CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
レインボー通信
青森県の知的障害者本人の会「レインボー青森」のブログです。
個性豊かな仲間達の活動を配信していきます。
« 自閉症協会さんからのお知らせ | Main | 「手をつなぐ」は・・・ »
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
日本財団ROADプロジェクト
最新記事
最新コメント
時田英樹
レインボー合同レク (11/11) 時田英樹
青森駅東西連絡通路のこと (09/03) 阿部繁幸
県スポ ふれあい広場 (09/03)
青森支部のボウリング大会 (02/24) 事務局(F)
ざっくばらんに座談会inむつ (11/07) いつもの(F)
本人による本人のための相談会 (10/30) えんどう
家族支援In 弘前 (08/08) 事務局(F)
家族支援In 弘前 (08/08) レインボー青森
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07) 事務局(F)
本人参加の会議ってむずかしいですね (03/07)
情報を整理[2011年03月30日(Wed)]
青森県内はガソリンも並ばなくてよくなり、
物流もだいぶ落ちついてきたようです。

まだ納豆や乳製品はなかなか手に入りませんが。

ガソリン節約と思いながらも
かえってお金のかかってしまう電車・バス通勤も
まだ雪が残る道の自転車通勤も
正直、どちらもきつかったもので、
今週からは通常通り 車通勤に戻りました。
(・・・なんか悔しい・・・雪がとけたら自転車だ!!)


クローバー先日、動物愛護団体「わんにゃんを愛する会」が
どうしても後回しになるペットの支援のため、
現地(岩手県)へ向かったそうです。
保護用のゲージやペットフードなども持って。

自分はペットは飼っていませんが、
被災された方でも泣く泣く
ペットを手放さざるえない状況でしょうから
少しでも支援の手が届くことをお祈りしています。


クローバーもう一つ情報
青森県でも県外からの避難者の方の受け入れを始めたそうです。
県のホームページより。
青森県内の旅館・ホテルにて一か月ほど滞在できるようです。


クローバーさて、「手をつなぐ」編集委員の又村あおいさんのブログより

東北関東大震災・支援者/支援事業所向け制度活用ガイド
というサイトをたちあげたそうです。


被災地で障がいのある方への支援に当たっている方々
被災地から避難する方等へ向けて
情報を整理してお伝えしていくためのものです。

いろいろなところからの情報が錯綜していることと思います。
せっかくの情報ですから、使いやすくなるといいですね。



クローバーもう一つ情報というか、
「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトより
災害現場で救援活動をした看護師さんのブログ
ご紹介します。

『想像以上に現場は壮絶。甘い考えやボランティア精神の人はここでリタイアしてください。
現場ではどんな状況下においても絶対に泣かないこと。
私達は同情しに行くんじゃない。』
医療スタッフのリーダーの方の言葉です。

すごい反響でコメント数が3ケタ軽くいってました。


又村さんのように情報面での支援もあります。
技能的な支援をする方もいます。
現地に飛び込んでボランティア活動している方もいます。
経済面での支援ももちろん必要です。

被災地から離れて暮らす私たちに
何ができるか、
もう一度考えてみたいと思いました。
(ACじゃないけど・・・)





Posted by レインボー青森 at 18:40 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/aoikusei/archive/166
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

レインボー青森さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ