CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
「愛」〜人生愛を考える [2020年01月31日(Fri)]
IMG_2597.JPG

この1月初めのこと
次のような言葉があることを知りました。

「愛」
愛とは何か様々な形を変えてあなたのもとにやってくるだろう
人は誰もが愛する力を備えて生まれてくる
その力を如何に活かすか
あなたの人生愛に溢れている

さてこの言葉。
最初読んだときはなるほどと思ったものの、よくよく読むと意味深いものがありそうです。
この言葉を読みながら、、青葉の子ども達のことを思い浮かべました。

様々な形を変えてやってくるとはどういうことなのか。
私が関わっている子ども達への愛をどのように活かすか
子ども達のもっている愛をどのように活かすか
また保護者や地域、関係の皆さんの愛をどのように活かすか

「愛」という言葉について深く考えされられた、年頭の教えです。

職能を高め子どもに還元する〜教育論文・実践記録応募 [2020年01月30日(Thu)]
学校において学んでいるのは子どもたちだけでfはありません。
職員もまた様々な形で学び自らの紙誌何時を高めています。それは、組織として行う校内研修であったり、各研修会への参加であったり。そして、個人の資質を向上させる取組の一つとして、地区教育論文・実践記録応募があります。

この教育論文・実践記録については県内各教育事務所単位で行われており、私の初任校時代から教頭経験校まで、応募していた記憶があります。

さて本校の職員も、この教育論文・実践記録へ応募しました。
内容もさることながら、時間の限られた中、研究構想を練り論文等にまとめ、論文・実践記録を書き、更に推敲して仕上げていくと言うのは並大抵のことではありません。
私自身1月冬休み明けの応募締切に間に合わせるため、年末年始休暇返上で、しかも紅白歌合戦や除夜の鐘を聞きながら、最後の仕上げをしていたことを思い出します。

本校職員がこうした論文に応募するというのは、自分の研究や実践のまとめであると同時に、個人としての資質を高め、それが子ども達に還元されることに繋がるのです。
毎年本校職員が応募しているようですが、今年もたくさん応募したことに、校長ながら、すごいなぁ、先生方も熱心だなぁと思わずつぶやくことでした。

20200110 015.JPG
春の日に花咲かせんA〜早くも開いた花に [2020年01月29日(Wed)]
12月に植えた各クラスの花。そして、プランター植えした職員室前の花苗。10日ブログで紹介したテーマは「春の日に花咲かせん〜春に備えて準備する」でしたが、まさにその前日のお昼休み、暖かい陽ざしに校長室から校庭に出ると、職員室横のプランターのパンジーなどの花々が咲いていることに気がつきました。

冬休み期間は、子どもがいないので、校庭の様子を見に出ることはなかったのですが、3学期が始まり子ども達が元気に校庭で遊び回っている様子を見ようとして気がついたことでした。

これらの花々、吹いてくるやや冷たい風を受けながらも、「私は今、ここに咲いていますよ」と話しているかのよう。まるで子ども達と同じです。

日常の何気ない風景ですが、花々が咲き始めている中、子ども達の元気に過ごしている姿に重ね合わせることでした。

「昼休み 校庭に出る子等からこんにちは 校庭に出れば こんにちは 
 何度も元気にあいさつする子等と 校庭駆け巡る子等の笑顔に 未来の花咲かせん」 

20200109職員室前プランター 001.JPG


米作りお礼の招待交流給食 [2020年01月28日(Tue)]
5年生が、1・2学期に、学校前の田んぼを借りて、米作りをしました。その様子についても何度かこのブログで紹介しました。

5年生は取れたお米を使っての米飯給食を実施しました。その際、米作りに御協力頂いた地域の方々やJA姶良の方を招待して招待交流給食を行いました。ご来校いただいた皆さんには、子供たちから、取れたお米・お礼の手紙、そしてお礼の品。

交流給食前には、代表の子供から、お礼の言葉。
私も5年生と一緒に給食。子供たちと一緒に作ったご飯はとてもおいしく味わって食べました。

御協力・ご来校頂いた地域・JA姶良の関係の皆さん、また、米作りに御協力頂いた5年生保護者の皆さん、どうもありがとうございました。

「自分たちで作ったお米を頂く幸せに 満足の笑顔広がる 招待交流給食かな」

20191126 008.JPG20191126 012.JPG
本日の登校について〜強風に注意してください(車での送りも可) [2020年01月27日(Mon)]
今朝、学校周辺含め強風が吹いています。

通常登校とはしますが、安全に十分気を付けて登校させてください。

状況によって遅れての登校でも構いません。

また、近くの場合も含めて、車での送りも可とします。


一つのものごとに挑戦する姿に感動〜縄跳び発表会 [2020年01月27日(Mon)]
20200122 4年 012.JPG

先週1月22日(水)から24日(金)まで、校内縄跳発表会を行いました。
この3日間の発表会は学年毎の実施。授業参観も兼ねて実施しました。
(1年生は、インフルエンザの影響で3月に延期して実施予定)

子供たちは、この日のために、朝の始業前やばりきタイム・昼休み・体育の時間に練習に励んでいました。発表会では、長時間跳びから各種目の金賞なども設定して意欲付けを図る学年もありました。また、はやぶさ・つばめなど高度な技の模範演技の時間を設定している学年もありました。

見ていると、得意な子とそうでない子がいるようでしたが、どの子も一生懸命取り組んでいました。長くとんだり、難しい種目をとんでいる子ほど、練習を継続して続けてきたようです。

閉会行事で「感動しました」と感想を述べました。
一つの物事に挑戦する子供たちの姿に、何故か本当にじわっあと心に感じるものが自然と溢れ出てきたのです。

今回の縄跳発表会。保護者の方々にも多数来校・参観頂いて、子供たちも励みになったようです。こうした縄跳発表会を通した体力作りでの健康作り、そして、物事に挑戦してプラス1の自分を目指して努力してほしいと思っています。

20200122 005.JPG20200122 003.JPG20200122 4年 008.JPG20200122 4年 003.JPG20200122 4年 015.JPG
20200123 2年 004.JPG20200123 2年 002.JPG20200123 5年 010.JPG20200123 5年 004.JPG

20200124 6年 033.JPG20200124 6年 009.JPG20200124 6年 018.JPG20200124 6年 020.JPG20200124 6年 030.JPG20200124 6年 036.JPG20200124 6年 023.JPG

「親思う心にまさる親心 今日の訪れ 何と聞くらん」(松陰) [2020年01月24日(Fri)]
「親思う心にまさる親心 今日の訪れ 何と聞くらん」(松陰)

 自分自身,人の子の親として,未だに未熟な親ではありますが,どんな親も我が子の幸せを願っています。以前のことですが,相談に来られたある保護者のお二人の方もそうでした。
 お話から,我が子のために必死になっていらっしゃることがとてもよく伝わってきて,この子どもさんのためにできること,この子どもさんにとっての最善はと考えて,お話しさせていただきました。お話を終えて,そして,教育哲学者 森 信三先生の言葉が自然と浮かんできました。

〇「人生二度なし 今を最善に生きる」
〇「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも,一瞬早すぎず,一瞬遅すぎないときに。しかし,うちに求める心なくば,眼前にその人ありといえども,縁は生じず。」
〇「教育とは流水に文字を書くようなはかない業なのです。だが,それを岸壁にノミで刻むような真剣さで取り組まなければなりません。心の底には常に「人生二度なし」と念じながら,教師自身が,人生の歩みを深めなければなりません。教育とはそれほど厳粛で崇高な仕事なのです。」

 教育の世界に生きる者として,改めて,責任の重さと,子どもたちの成長のため最善を尽くそうと,心に誓う機会を与えて下さった保護者の方でした。

「親と成りし桜島冠雪の日からの 数ヶ年の苦闘の日々思い出し
 故郷霧島・青葉の地の青に 
       子等の未来の夢実現への最善をと 今心新たに誓う」
〜学校便り1月号掲載(抜粋)〜

IMG_2737.JPG
毎月23日は親子読書の日〜家読(うちどく)「子どもと一緒に読書の日」 [2020年01月23日(Thu)]
本校が取り組んでいる読書活動。
読書指導係を中心に進めています。
またPTA図書部や親子読書サークル「お話の森」のみなさんにも、様々な取組をして頂いていて大変有難いことだと思っています。

以前のブログでも紹介しましたが、毎月23日は親子読書の日〜家読(うちどく)「子どもと一緒に読書の日」として取り組んでいます。

保護者の皆さんには、親子読書をして頂いた感想を各学級、担任の方に出してもらっていますが、その感想文は、校内の読書コーナーに掲示してあります。

このコーナーを見ると、各家庭での親子読書の様々な様子が目に浮かんできます。
さて、今日は23日です。
御家庭でどんな親子読書をするのか楽しみにしているところです。どうぞ子どもさんと読書の世界に浸ってください。子ども達の心を読書を通して豊かにしてください。

201200107 013.JPG



入賞おめでとうございます!〜全国小・中学校PTA新聞コンクール [2020年01月22日(Wed)]
大変うれしいお知らせです。

「第41回全国小・中学校PTA広報誌コンクール」において、
本校PTAの広報誌が「奨励賞」受賞。

紹介が遅くなりましたが、先月12月中旬に、公文でお知らせがあったところです。これまのでの本校PTA(広報部)の皆さんの継続した取組の成果です。

関係の皆さん、全国での入賞おめでとうございます。

20191219 001.JPG

ありがとうございました〜PTAリサイクル活動A [2020年01月21日(Tue)]
先日18日(土)の8時からPTAリサイクル活動が実施されました。
今回も予定時刻より早く7時30分には既に活動を開始していました。
事業部の方を中心に、多くの保護者・各地域の皆様にご協力いただき大変有難うございました。

おかげさまで,今回も、各家庭・地域にある資源がリサイクルに生かされ,その益金がPTA収入として,子どもたちの教育活動に生かされます。
総務部・事業部の皆さん、ありがとうございました。

終わりの挨拶では、お礼の言葉と、インフルエンザ対応、今週の縄跳び大会参観、5年生の鹿児島学習定着度調査が好結果を示していることについて話しました。

子供たちの健やかな成長は私たちの願いです。
今後とも、本校教育活動及びPTA活動へのご理解・ご協力よろしくお願いします。

20200118PTAリサイクル活動A 006.JPG20200118PTAリサイクル活動A 002.JPG20200118PTAリサイクル活動A 004.JPG
| 次へ