CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
嬉しかったよ3年生の皆さん〜舞鶴大学交流会を通して [2019年10月31日(Thu)]
10月30日(水)のことですが、
3年生の子供たちが「舞鶴大学交流会」を実施しました。

当日のプログラムは「出会いの場」「ふれあいの場」「お礼の場」の大きく三つの場の設定。
舞鶴大学は、社会教育課所管の生涯学習の場です。対象は、人生の荒波を乗り切って来られたご高齢の方々。今回の対象者はその中の校区にお住まいの方々です。

「出会いの場」では、代表の子供の歓迎の挨拶。
「ふれあいの場」では、音楽発表や国語の発表、舞鶴大学の皆さんへの質問コーナー、そして、ふれあい交流(昔の遊び)。
「お礼の場」では、肩もみ・肩たたきとプレゼント、お礼の言葉。

3年生の子供たちは、この日のために、練習をがんばってきました。その練習ぶりは、私も時々見ていました。実に一生懸命に練習し、本番の発表をした子供たちでした。ですから、このふれあいの場を中心に、保護者の皆さんにも案内して、多数の方に見て頂き大変有難かったです。

そして、何と言っても、地域のご高齢の皆さんに大変喜んで頂いたこと。
昔の遊び交流では、私も数十年ぶりに、こままわしをしました。昔の遊びがよみがえり、コマ回しに夢中になる子供たちの気持ちがよく分かりました。

そして、もうひとつ嬉しかったこと。それは、子供たちが、ご高齢の皆さんだけでなく、「校長先生の肩もたたきます」と言って、数名の子供たちが肩たたきをしてくれたこと。その一人がなんとうまいことか。「銭湯・温泉にある機械の揉み機より上手だねぇ!」と褒めることでした。
更に最後のプレゼントの時間に、心温まる手作りカードまでもらいました。きっと、地域のご高齢の皆さんも私以上に嬉しかったことと思います。

3年生の皆さん、ありがとう!
ご来校頂いた、舞鶴大学・3年生保護者の皆さん、ありがとうございました。

「学んで学んで 練習に励んできたその姿 人と人との交流に 世代を超えて 心のふれあいありて 大きな嬉し涙の日を迎えし日の幸福感よ」

20191030 006.JPG

20191030 004.JPG

20191030 020.JPG

20191030 046.JPG20191030 050.JPG

20191030 051.JPG



不思議な風景に〜学校南側壁面の稲干しに [2019年10月30日(Wed)]
先日のブログで、5年生の稲刈りのことを紹介しました。

この稲刈りで刈りた稲。
何と、学校南側のフェンスを利用して干しています。
学校で米作り体験活動をする学校は見かけますが、さすがに、稲干しを学校のフェンスを利用して行うとは想像していませんでした。

この稲の上部に、5年両担任と教頭先生といっしょに、ビニールをかぶせて、夜露や雨にぬれないようにしました。この作業も大変な面がありましたが、今日30日(水)に脱穀予定ですので、楽しみにしているところです。

田んぼの稲刈りを終えた畑からは、稲藁の独特の臭いもしてきて、ここが田園地帯なんだとあらためて思うことです。

子供たちは、この不思議な風景をどのように感じているのでしょうか。毎年実施しているので、当たり前の風景に感じているのかも知れませんが、めったに見ることのない風景です。そんなことを子供さんと話題にしてみてはいかがでしょうか。

「学校フェンスの稲干しに 青葉ならでは風景と 記念にシャッターを押した朝のの時間かな」

20191011 002.JPG
PTAバザーに向けて〜ご協力ありがとうございます [2019年10月29日(Tue)]
11月17日(金)10時〜14時に本校PTAバザーが開催されます。

そのバザーを前にした17日(木)の登校時間帯に、子供たちが体育館前に長い列を作っていました。
「今日は、バザーチケットの事前申しこみと、提供品受付だった。どんな様子かなぁ」と、様子を見に行きました。

PTA事業部の方々が、子供たちからのチケット申し込み受付と提供品受領・仕分けをてきぱきとやっていました。このあと午前中に、申し込みで集まった金額等の確認と集計作業。現金を扱うので大変気を遣う作業です。25日(金)には申し込み忘れ等の方のために2回目の受付対応もされていました。

事業部の役員をはじめ関係のみなさん、また、提供品等ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

バザーは、保護者だげでなく、地域のみなさんも対象としていますので、当日はどうぞご来校ください。(11/7発行予定の案内文書の画像をアップしておきます。)

20191017 004.JPG

201910 001.JPG

20191107バザー案内 002.JPG


ハードル走がんばっています〜障害を乗り越えて [2019年10月28日(Mon)]
10月の体育の授業。
高学年ではハードルをやっていました。

ハードル走は、飛び越えるときのコツがあり、なかなか難しい側面があります。それでも子供たち、一生懸命取り組んでいます。

そうした中、ある日の午後の授業。ふと見ると4年生もハードル走をやっていました。私が担任をしていた頃は、4年生の体育でハードル走はなかったような気がして、それでも4年の子供たちが、高学年同様、果敢に挑戦している姿に少しびっくりしました。

まさにこのハードル走、私が本校のキャッチフレーズのサブテーマにしている「壁を乗り越え一歩前進」です。子供たちのハードル走の学習の様子を見て、他のことでも、壁に向かって果敢に挑戦してほしいものだと思うことでした。

20191017 001.JPG

20191026一期一期〜心に残る人生の一瞬一瞬のトキ パートII [2019年10月26日(Sat)]
まぶしいほどの青空は夕闇の中に溶け込み
空には満点の星が煌めく

IMG_5046.JPG

IMG_0457.JPG
Posted by 松元 at 18:30 | 校長室より | この記事のURL | コメント(0)
11月9日(土)の教育講演会を楽しみにしています〜心のサポート親学(再度のお知らせ) [2019年10月26日(Sat)]
現在、研修部で教育講演会の案内をし、先日17日までの申し込み締切としていたところです。今回の講演会も、大変、貴重な素晴らしい講演を期待していることから、是非皆さん方に聴いて頂きたいと考えています。

そこで、更に参加締切期間を延ばして、参加申し込みを受け付けたいとのことです。既に、参加申し込みをされた方も含め、まだ申し込みをされていない方々、是非誘い合って、是非御参加申し込みくださるよう、よろしくお願いします。


先のブログに下記内容で御案内いたしました。
(10月15日掲載)
学校参観県民週間及び本校PTA活動の一貫として行う教育講演会。
今度の11月9日(土)10時40分から、体育館で行います。

今年の講師の方は、鹿児島市のNPO法人心のサポート親学の代表の神田淳子先生です。
ホームページが開設されているので、講師紹介の参考にとのぞいてみました。そしの内容をみて、至って心を打たれるものがありました。
詳しくはリンク先のHPをご覧ください。

数年前に青葉小での講演経験がおありのようです。
先日12日に案内プリントがPTA研修部から配付されたかと思います。是非、御都合をつけて御参加くださればと思います。
きっとよいお話が聞けるものと期待しています。
20191024 002.JPG

2年生もミニ・ビブリオバトル 2回戦 [2019年10月25日(Fri)]
青葉小学校では、
2年生もミニ・ビブリオバトルをします。

緊張したけど、一生懸命に自分のお勧めの本の紹介をしました。

今回も学校図書館にない本を紹介してくれました。

・・・購入します!

IMG_1202.JPGIMG_1203.JPG
わくわ読書 下学年 [2019年10月25日(Fri)]
10月21日月曜日に図書部の方々による、わくわく読書がありました。
今回は1,2,3年生です。

読み聞かせで心豊かに育ってくれるといいですね。

IMG_1163.JPGIMG_1174.JPGIMG_1182.JPG
みつばち文庫からの贈り物 [2019年10月25日(Fri)]
山田養蜂場が行っている、「自然環境の大切さ」「人と人のつながり」「命の大切さ」といった人としての大切な心を次の世代に伝えていきたいという想いからの取組で、そこに応募してくださった、前校長の大田寿先生から、贈り物が届きました。

メッセージ付きで10冊の本が送られてきました。

そこには、

「青葉小学校 様
今回(株)山田養蜂場さんの御厚意で「みつばち文庫」を青葉小学校へ届けてくださることになりました。青葉小学校の子供たちは本が大好きで、読書活動に力を入れています。皆さんが、ますます本好きになって、日本一の読書の学校と言われるようになることを期待しています。
                                     大田 寿」
とあります。

ぜひ、皆さん読んでみてください。

そして、大田先生、ありがとうございました。

IMG_1193.JPGIMG_1192.JPG
ミニ・ビブリオバトル 2回戦 [2019年10月25日(Fri)]
ビブリオバトルとは、知的書評合戦。
〜人を通して本を知る、本を通して人を知る〜

ルール
1、好きな本を持ち寄り、一人5分の持ち時間で本を紹介する。
2、参加者全員でディスカッションする。
3、一番読みたくなった本を選んで一番票の入った本をチャンプ本とする。

ですが、
このような素敵な事ができるようになればいいな、と願い、
青葉小では3分間のミニ・ビブリオバトルで発表メモも作成します。
1,2回戦は学級で。決勝戦は学年ごとに行います。

いずれ、高校生くらいになったら、本物のビブリオバトルで楽しんでくれたらいいな、と思います。

IMG_1195.JPGIMG_1197.JPG
| 次へ