CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 6年生 | Main | 校長室より»
ブックウォーク [2020年05月12日(Tue)]
4月23日から5月6日までの臨時休業中、3年生は家庭学習の一つとして読書を取り入れ、「ブックウォーク」に取り組みました。
「ブックウォーク」とは、期間・読む内容・読み方を自分で決めて、その目標に向けて読書に取組みます。
〜あわてず ゆっくり だけど もくひょうを 決めて 歩いていこう!〜
がキャッチフレーズです。
目標達成した児童には、達成証と、プレゼントのメダルを準備しました。

IMG_1900_LI.jpgIMG_1899_LI.jpgIMG_1901.JPG



また、3年生の国語『きつつきの商売』の並行読書読破者児童には、しおりのプレゼントを準備しました。

IMG_1902_LI.jpgIMG_1903.JPG


他の学年も、いろいろな取組みをしていきたいと思います。



ホンの紹介♪〜臨時休業期間最終日〜 [2020年05月01日(Fri)]
新型コロナウイルス感染症防止のための臨時休業期間の、「ホンの紹介」7回目になりました。

きょうは登校日でした。
午前中だけでしたが、やっぱり学校に子どもたちがたくさんいるっていいな、と改めて思いました。早く終息してほしいものです。

臨時休業期間の最後のホンの紹介は、
『ねこの看護師 テディ』 講談社 渕上サトリーノ・文 上杉忠弘・絵
『宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。』 Gakken 長尾彰・著

『ねこの看護師 テディ』は、
本当にいるねこのおはなし。メディアで話題になったそうです。
『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』、
『宇宙兄弟』は「完璧じゃない人たち」が、それぞれの個性や強みを活かしながら宇宙開発にチャレンジする物語です。主人公・六太はリーダーっぽくないリーダー。そして、ワクワクする心を大切に、一人ではできない事を周りを巻き込んで事を成し遂げていきます。
リーダーではなくても、対人・友人関係でも参考になるかもしれません。

さて、明日からはゴールデンウィーク。
不要不急の外出はできませんが、楽しみを見つけながらご家族と過ごした元気な子供たちと、7日に会うのが楽しみです。

IMG_1896.JPG


ホンの紹介♪〜6〜 [2020年04月30日(Thu)]
きょうの「ホンの紹介♪」は、
『オニじゃないよ おにぎりだよ』
えほんの杜 シゲタサヤカ:作
『名作アニメの風景 50』パイインターナショナル 

この時期の2年生の学習の国語「たんぽぽの ちえ」、生活科「野さいをそだてよう」などで、ブックトークする時に使う絵本に『キャベツがたべたいのです』があります。同じ作者のシゲタサヤカさんの作品、『オニじゃないよ おにぎりだよ』。
おにぎりが大好きなオニが、本当に美味しいおにぎりを人間たちに食べさせようと奮闘するお話です。ほかほかご飯で握ったおにぎりが食べたくなりますよ。ちなみに、シゲタサヤカさんの好きなおにぎりの具は「うめ」だそうです。皆さんは何が好きですか?
『名作アニメの風景 50』は、
50の名作アニメの舞台が写真で載っています。「海のトリトン」からは、トリトンが最後にたどり着く海底のアトランティスの、側にあったという説のあるギリシャ・サントリーニ島や、「天空の城ラピュタ」では、宮崎駿監督が、主人公バズーが生まれ育った土地の構想を固めるために、しばらく滞在したという、イギリス・ウェールズ地方など、どの風景も、アニメのシーンが蘇りますよ。

IMG_1894.JPG


ホンの紹介♪〜5〜 [2020年04月28日(Tue)]
明日、4月29日は昭和天皇の誕生日でしたが、昭和天皇の崩御の後、「みどりの日」となり、2007年に「昭和の日」と名称変更されました。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を振り返り、国の将来について考える日だそうです。

さて、きょうの「ホンの紹介♪」は、
『かばんうりのガラゴ』 文溪堂  島田ゆか:作
『マジックツリーハウス 1 恐竜の谷の大冒険』 
メディアファクトリー メアリー・ポープ・オズボーン:著

『かばんうりのガラゴ』は、
『バムとケロ』シリーズでおなじみの島田ゆかさんの作品です。
島田ゆかさんの『バムケロ』も『ガラゴ』も実は、ひみつがいっぱいなんです。
特に、この『かばんうりのガラゴ』は、ケロちゃんのオタマジャクシ時代が出てくるんです。
他にも、スイカを食べておなかいっぱいになり、眠たくなったガラゴのまぶたと一緒に、コップの“ガラゴ”のまぶたも下がってきていたり、ガラゴが寝る前に読んでいた本の表紙のリンゴがコロコロ転がっていたり。いろんな仕掛けがあるので、ぜひ子どもさんと一緒に楽しんでみてください。
『マジックツリーハウス 1 恐竜の谷の大冒険』は、
ジャックとアニーの兄妹が見つけた、不思議なツリーハウスで本を見ていると、突然ツリーハウスが回りだし、恐竜の時代へ。ハラハラドキドキの大冒険です。
歴史と地理に少し詳しくなるかもしれません。
現在、47巻まで出ています。

IMG_1892.JPG
ホンの紹介♪〜4〜 [2020年04月27日(Mon)]
新緑の・・・という言葉がぴったりの季節になりました。
不要不急の外出はできませんが、最近は新聞も、インターネットも、家で楽しめる情報をたくさん取りあげてくれています。
これまでしたことのなかったことにチャレンジしたりするのもいいのもしれませんね。

きょうの「ホンの紹介♪」は、
4月20日付けの南日本新聞の南風録と23日付の南日本新聞のオセモコに掲載されていて、
霧島市の「りんごの木おはなし会」の皆さんがおすすめしていた本、
『シャーロットのおくりもの』あすなろ書房 作:E.B.ホワイト 訳:さくまゆみこ
と、
『あめだま』ブロンズ新社 作:ペク・ヒナ 訳:長谷川義史

『シャーロットのおくりもの』は、
2001年初版で、実写版の映画もアニメにもなっているベストセラーです。
ひ弱に生まれた子ブタのウィルバーが、農場の娘ファーンやクモのシャーロットたちとの友情を育みながら、心も体も逞しく成長していく物語です。
『あめだま』は、
友だちのいないドンドンは、ビーだまをはじいいて遊ぶのが大好き。ある日、お店でビーだまそっくりのあめだまを買った。家に帰って一つ口に入れると、声が聞こえてきた。ソファーの声だ!!次々にあめだまを口に入れて、ドンドンは・・・。

ノンフィクション作家で、子どもの読書習慣のために御尽力されている柳田邦男さんが、「絵本は人生に三度」と言われています。絵本は、時には大人の心にも沁みるようです。

IMG_1890.JPG


ホンの紹介♪〜3〜 [2020年04月24日(Fri)]
4月23日から5月12日までは「子どもの読書週間」。
今年の標語は、
「出会えたね。とびっきりの1冊に。」です。

また、4月23日は「サン・ジョルディの日」でした。
いつもであれば、〜友だちに本を紹介しよう!〜
のテーマで読書活動が繰り広げられる時期です。
この機会に、御家族で本の紹介をし合ってみてはいかがですか。

きょうのホンの紹介♪は、
『おおかみのおなかのなかで』
徳間書店 マック・バーネット:文 ジョン・クラッセン:絵
コロボックル物語『だれも知らない小さな国』 
講談社 佐藤さとる:作 村上勉:絵

『おおかみのおなかのなかで』は、
「あるあさ、ねずみが おおかみに あいました。そして・・・
ぱくっと たべられてしまいました。・・・」から始まります。
しかし、最後までほっこりしっぱなしのお話なんです。
コロボックル物語『だれも知らない小さな国』は、
わたしが小学3年生の時に友だちに紹介されて、
「こんな世界があるのか!」と衝撃が走り、
夢中になって繰り返し読んだ本です。
この、コロボックルシリーズは@〜Dと別巻の6冊あります。
写真は『だれも・・・』が貸出し中で無かったので、
コロボックル物語Aの『豆つぶほどの小さな犬』です。
IMG_1889.JPG
ホンの紹介♪〜2〜 [2020年04月23日(Thu)]
臨時休業1日目。自習室登校の子ども達は静かに課題に取り組んでいます。
ソーシャルディスタンスや手洗い・うがいの徹底など、新型コロナウイルス感染予防を考慮した学校生活に、緊張した面持ちの子ども達もいるようです。
実質6日間の自習室登校している児童も、自宅で過ごしている児童も、生活のリズムを整えられるといいですね。

きょうの〜ホンの紹介♪〜は、
『ひだまり』 光村教育図書 文:林 木林 絵:岡田 千晶
『風のヒルクライム』 岩崎書店 加部鈴子:著 です。

『ひだまり』・・・
一匹狼(?)の猫トラビスと、自分の魚を仲間たちに分け与える心優しい猫ミケーレ。
いつしか二人(?)はひだまりに寄り添うなかに。明日はトラビスの誕生日という明け方、魚をプレゼントしたくて、港に走るミケーレ。そこに暗闇を引き裂いて向かってくる車のライト・・・。美しい絵本です。

『風のヒルクライム』・・・
6年生の国語「帰り道」の並行読書でブックトークした中の1冊。
視点の違う物語。13歳の誕生日に父親の趣味のロードバイクを勝手にプレゼントされた涼太。面白くない気持ちを抑えて反発心からロードバイクの大会に出場するはめになり、そこで出会う6人のそれぞれの視点からの物語。
違う視点から見ると同じ出来事が違って見えます。

本を読む前も後も、手洗いの習慣を。

IMG_1886.JPG
ホンの紹介♪ [2020年04月22日(Wed)]
全都道府県対象の緊急事態宣言を受けて、青葉小学校でも明日4月23日木曜日から臨時休業となります。どうぞ、それぞれの命を守るため、御理解・御協力よろしくお願いします。

不要不急の外出の自粛を呼びかけられている今、読書はいかがですか。
御家族で同じ本を読み合ったり、本の紹介をし合ったり、読んだ感想を伝え合ったりしてみると、同じ本でも読む人によって、まったく違う感想を持ったりして面白いですよ。
ぜひ、御家族で生活リズムに「読書」を組み込んでみてはいかがですか。

本日配布の「あおばのとしょかん」にも載せましたが、2冊紹介します。

『なぜ僕らは働くのか』 〜君が幸せになるために考えてほしい大切なこと〜 Gakken 池上彰:監修
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 新潮社 ブレイディみかこ

お勧めします♪

近隣の公共図書館・霧島市立図書館も明日から臨時休館だそうです。
きょうまでは開館しているそうですよ。IMG_1884.JPG
2年生もミニ・ビブリオバトル 2回戦 [2019年10月25日(Fri)]
青葉小学校では、
2年生もミニ・ビブリオバトルをします。

緊張したけど、一生懸命に自分のお勧めの本の紹介をしました。

今回も学校図書館にない本を紹介してくれました。

・・・購入します!

IMG_1202.JPGIMG_1203.JPG
わくわ読書 下学年 [2019年10月25日(Fri)]
10月21日月曜日に図書部の方々による、わくわく読書がありました。
今回は1,2,3年生です。

読み聞かせで心豊かに育ってくれるといいですね。

IMG_1163.JPGIMG_1174.JPGIMG_1182.JPG
| 次へ