• もっと見る

2022年12月27日

令和4年12月27日火曜

中国人女性45歳、診察室に入ってくるなり、膝が痛い、痛み止めが欲しいという。彼女の日本語の使い方にも影響されているのだろうが、あまり見ないタイプの人だった。「あのさ、左の膝が痛い」「やけどしてさ、足、使わなかったからね、だから痛いと思うんだよ」。ここで少々かちんと来た。たしかに左下肢の足関節の近くに二度の熱傷を負い、受診したのが3週間前。それも熱傷を負ってから数日後の受診、二回ほどやってきて、エキザルベとソフラチュールを使って包帯交換し、そのまま来なくなってしまった。あの時の熱傷の程度と範囲から考えると、3週間を経過していまだに患部をかばって歩いたために左膝がそんなに痛いとは思いにくい。第一、診察室には足早にすたすたと入ってきたし・・・熱傷のためにかばったことが原因で痛み止めが欲しいほど痛いとは考えにくいので、これは念のために整形外科を受診した方がいいよと話したところ、「なんで整形外科に行かなくちゃ、だめかね」「面倒くさいよ」「私は痛み止めと湿布もらったら治ると思うんだよね」と大声で元気よく話す。かなりがまんをしていたつもりだが、とうとう言ってしまった。「あのね、自分で診断しちゃだめよ、それなら医者はいらないし、ここは薬屋じゃないんだから・・」と・・・
すると「うーん、でもさあ、痛み止めと湿布で治ると思うんだよね」ととりつく暇もない。やむをえず、ロキソプロフェンと冷湿布を処方、これは自己責任だからね、整形外科に行った方がいいというのが僕の意見だから忘れないようにと付け加えた。
この人の性格もあるのだろうが、上記のような日本語の使い方をされるといらっとする。これを自分にあてはめてみると、native speaker から見ると、僕の英語っていらっとさせるような表現とかないのだろうか、気をつけなければいけないと思った。
posted by AMDAcenter at 09:44 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月26日

令和4年12月26日月曜

タイ人女性75歳、いつも彼女がやってくると我がスタッフにちょっとした変化が・・・・
高血圧で通院している彼女、これからマンシェットを巻いて血圧を測定しようとしているのに・・・手持ちの大きなかばんを開け始めた。そして取り出したのは二段重ねのビニールの袋。最初に取り出したビニール袋の中にはゲーンと呼ばれるタイカレーのような白い液体に野菜やら何かが入っているようだ。次に取り出したビニールの袋にはなにやらこちらも白いものが入っている。よくよく見ると日本でいうソーメンの類だった。この二つで僕には料理がなにかわかった。カノムチンだ。なんていえばいいのか、最初のフクロの中の液体に後のフクロの麺をつけて食べるタイの庶民の代表的料理の一つだ。彼女がいろいろとタイ語で説明してくれる。悲しいことに・・・・最初のフクロの液体は鶏肉入りのタイカレーだそうだ。ここで僕は沈没。理由は鶏肉が食べられないからだ。待て待てと私、なぜならまだ診察が終わっていない。順番が逆になっている。血圧はよくコントロールされていた。このカノムチン、昼休みに嬉しそうに箸をすすめるスタッフの胃の中に消えて行った。タイ人女性45歳、北に接するS市から来院。めまいと耳鳴り、吐き気と頭痛はあまりないそうだ。通常は耳鼻科へどうぞとなるのかもしれないが、言葉の関係上、まずはワンクッション、診なくてはならない。前回、ベタヒスチンとメコバラミンを処方。少しよくなったが、まだ症状があると言うので、これにジフェニドールを加えて処方。これでよくならなければ正月明けに耳鼻科専門医を受診してもらうことにした。
 PCR検査が陽性で帰国できなくなったアフリカ東海岸の某国の女性の代理の女性がやってきた。少しは日本語がわかるようだが、完全に理解をしてほしいため、日本語での話はやめた。飛行機会社に連絡が取れて、PCR検査が陽性だったのでキャンセルしたいと話したところ、PCR検査が陽性だということと、搭乗する飛行機の便名を書いた英文書類を提出してくれたらキャンセル料金が無料になるということだった。ことが急を要するため、その場で書類を作成した。次回、いつ検査をするのかということはいつ帰国するのかにかかっている。今回は日曜の夜に成田を出発、バンコクでエチオピア航空に乗り換えて、さらにアジスアベバで乗り換えて母国に向かうことになっていたとのことだった。飛行機の便を考慮すると同一曜日なら乗り換えもうまく行くはず。そこで1月6日の金曜に再度、検査を行って7日に書類を手渡し、8日の日曜の便に乗ることを提案したが・・・これも飛行機の空席があるかないかによるだろう。
posted by AMDAcenter at 08:53 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月24日

令和4年12月24日土曜

またまた帰国のためのPCR検査で陽性者。23日の午後、29歳女性、アフリカ東海岸の国の女性、アフリカ人の男性といっしょに来院。ペアでいっしょに帰国するのかと思ったら、女性だけが帰国のためのPCR検査を受けるとのこと。男性はただの付き添いではないが、日本から出国はしないらしい。もともとが英語を話す国ではないが、英語でコミュニケーションが取れた。PCR検査の結果が出てから、その場で英文書類を書くのは時間的に困難なので、検査の前に英文書類を作成しておくのだが、パスポートの提示を求めたら別の紙を出してきた。パスポートは期限が切れてしまっていて、大使館でパスポートに変わる一時的な証明書を発行してもらってきて、そのコピーだとのこと、このように仕事をしていると人が悪くなってしまうというか、万が一のトラブルを避けようとする意志が働く。コピーではなく、実物を見せてほしいと頼むとバッグの奥から出してみせてくれた。これはどういうことなのか、よおく考えてみた。パスポートの有効期限が切れただけで、日本の在留期間が過ぎたわけではない。だから不法滞在というわけでもない。通常の手順で帰国できるはずである。
PCR検査を行った後に、明日24日の英文書類を取りに来てほしいこと、そして万が一、結果が陽性ならわかり次第、電話をすると話した。ちょうど2週間前にガーナに帰国するご夫婦の奥様だけが陽性だったという一件があったので、無症状での陽性もあるのですよと説明しておいた。すると、付き添いの男性が、陽性で帰れなくなったら、もう少しいっしょにいられるから俺はそっちのほうがいいよと笑いながら冗談を飛ばし、彼女はというと、またそんなこと言ってと笑って応じていたのだが・・・・
 今日24日、朝の7時半に検査会社からラインで緊急報告があった。彼女のPCR検査について再検したが、まちがいなく陽性だという報告であった。このクリニックからはかなり遠い県西部に住んでいるという彼女にすぐに電話、遅くなると、受け取りにこちらに向かってしまうのではないかと心配しながら、電話の呼び出し音を聞いていたが・・・しばらくしてハローという眠そうな彼女の声が聞こえた。結果が陽性であること、再検が済んでいて確定診断であることを告げると、涙声が聞こえてきた。飛行機に搭乗するのは明日25日だということを聞き出し、飛行機会社にすぐに連絡を取ってキャンセルするように話した。すると、帰れないと嗚咽のように泣き続ける声が響いた。かなり大きな声で、COVID-19の感染で搭乗できない場合はキャンセル料金や振り替え便のお金はかからないはずだから早く連絡を取るように、そしてそのためには陽性だという証明書が必要になるかもしれないので、昨日同伴していた男性に取りに来てもらえるように伝えた。少し落ち着いたようなので、ではいつ帰れるかの振り替え便の日程についてなど詳細は、9時を過ぎたらフィリピン人スタッフから連絡を入れて聞くと話して電話を切った。
posted by AMDAcenter at 12:27 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月23日

令和4年12月23日金曜

昨日も外国人の新型コロナ感染者が4人。フィリピン人の28歳のご主人と28歳の奥様は自宅抗原キットで陽性。スマホの写真でキットの陽性を確認した。虚偽の申請などありえないと思うが、このような「自宅抗原キットで陽性」というのは本当にその人物のものか?という確約がないわけで、信頼の上に成り立っているとしかいいようがない。県への登録はフィリピン人スタッフにその説明を任せた。インドネシア人女性28歳、前日より発熱と咽頭痛、抗原検査で陽性。スリランカ人男性31歳、前日より発熱と咳と咽頭痛。やはり抗原検査キットで陽性。今シーズンがこの2年間と異なっているのはインフルエンザの流行が来そうということだ。この2年間、この地域では僕のクリニックを含め、ゼロだったのに・・・・一昨日まで一週間にひとりぐらいのペースでひとりずつ、3人のインフルエンザ感染者を見つけていたが、昨日は一日で3人の感染者を見つけた。発熱して時間が十分に経過しているのに新型コロナの検査が陰性という場合、症状の強い人にはインフルエンザの検査をせざるを得なくなってきた。午後になり、生命保険の加入の検診でやってきた人の名前を見て驚いた。外国人女性。診察室に入ってもらうとどうやらフィリピン人らしく見えたので、訊ねるとやはりフィリピン人だった。定められた質問の内容がかなり難しく、フィリピン人スタッフを呼んで質問をタガログ語に翻訳してもらいながら文書を作成した。
posted by AMDAcenter at 10:19 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月22日

令和4年12月22日木曜

ガーナに帰国するご夫妻、20日に書類作成のためのPCR検査を行った。その10日前には奥様だけが陽性、もちろん長旅を考えるぐらいだからまったくの無症状だった。検査会社に問い合わせたところ、奥様の陽性反応はかなり強いと言われた。年末は飛行機も混み、チケットも高騰するので年内に帰国したいらしいが、前回から10日程度の間隔での検査ではきっと陽性と出るだろう。すると英文の快復証明書を書かねばならないが、成田か羽田で搭乗ができたとしても中継地のアジスアベバで乗せてくれるかという一抹の心配がある。奥様の検査結果が陰性ならば、ややこしい快復証明書を書かなくても済むので、ほんの少しの期待をして結果を待ったのだが・・・早朝に判明した結果は陰性だった。こちらはほっとし、奥様は踊りださんばかりのうれしさの表現だった。同日に帰国のためのPCR検査を行った吉林省に帰るという朝鮮族の中国人男性も陰性。今の中国の感染状況の中でも仕事のために帰国しなければならないそうだ。
 午後になり、フィリピン人女性21歳来院。めまいがするという。めまいの診療をしたのちにひとしきりおしゃべりをした。彼女の両親は二人ともフィリピン人、長く僕のクリニックに通院してくれている。彼女は日本で生まれたか、ごく幼い時に来日したのだろう、日本語は僕らとほぼ同じ。大学生だというので、何を専攻しているのかと尋ねたら、県内に比較的新しくできた私大看護学部の3年生だという。感心した。フィリピン人の中には手っ取り早く収入を増やすために、こどもを早く働かせようとする親が少なくない。資格を取って日本で働くといった発想はなく、こどもたちも中学生ぐらいになって来日すると日本語が上手にならないし、結果として日本の教育システムから脱落し、夜の街で働くとか、そういう方向に行ってしまう。なぜ看護学部に進学したのか?と尋ねたら、にこっと笑って母親に勧められたと話してくれた。両親の仕事も知っているが、日本で生きていくためにはなんらかの資格があったほうがいいと母親は強く思ったのだろう。看護師になるには3年制の専門学校だってあるのに、4年制の私立大学に通う学費だって安くはないはずだ。彼女のすばらしいところはその親の苦労や想いを受け止めていることだろう。
posted by AMDAcenter at 12:27 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月20日

令和4年12月20日火曜

フィリピン人のご夫婦、ご主人33歳、奥様36歳、二人とも自宅での抗原検査キットで陽性。問題は・・・昨日の午前中はたまたまフィリピン人スタッフが休みだった。彼らには日本語と英語で説明したのだが、まったく理解ができない。これでは自分たちで登録などできるわけがない。とりあえず、薬を持って帰宅してもらい、午後になってやってきたフィリピン人スタッフに電話で説明してもらってようやく理解してもらった。ガーナ人のご夫婦、10日前に帰国のためのPCR検査を行ったら、奥様が陽性、ただしまったく症状はなし。検査会社ではかなり強い陽性だと言われた。10日を過ぎて、再度飛行機に乗るためのPCR検査を施行した。陽性なら快復証明書を書かねばならない。中国人男性59歳、中国に帰国するのでPCR検査をしてほしいと午前中に電話があった。中国への入国には従来、2回のPCR検査が必要で、一回目は搭乗の72時間以内に中国大使館指定の医療機関でなくても構わないので、二回目は搭乗の48時間以内に中国大使館指定の医療機関で受けることとなっていた。僕のクリニックは中国大使館の指定ではないので二回目はどこか、指定の医療機関を探して受けてほしいと伝えたところ、電話が切れた。午後になり、再度同一人物から電話があった。ここのところの中国での新型コロナに対する対応緩和で、入国のためのPCR検査は一回でいい、それも指定の医療機関でなくてもいいということに突如、変更になったとのことだった。2日後の午後4時の飛行機に乗るということで4時過ぎに来てもらった。
posted by AMDAcenter at 09:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月19日

令和4年12月19日月曜

フィリピン人男性64歳、以前から高血圧で通院していたが、なかなかきちんと内服してくれない・・・・きちんと内服していたら、薬がなくなってしまうはずの日をかなりすぎてから受診することもあった。12月17日の朝に奥様から電話があり、頭を激しく痛がった後に意識がおかしくなり、某病院に搬送されたとのことだった。ICUに入り、入院時の診断は脳出血、さらにMRIで見ると脳動脈瘤が見つかったらしいとの話だった。病院名から理事長が旧知の仲の人物だったので、すぐにショートメールで連絡。しばらくすると調べてみますと返事があった。次のショートメールでは奥様が話してくれた内容がほぼ正確だったとわかり、昨日のショートメールでは出血は拡大しておらず、ICUから出たとのことであった。友人に感謝。17日は11時少し前になり、日本で医師免許を取得したという中東の女性医師が見学にやってきた。日本にやってきて6年、2回目の国家試験で合格したというのだからすごい。漢字文化圏出身ではない彼女にとって勉強も大変であったろうと思う。外国人の患者を診察するようすを見にいらっしゃったようだが、逆に僕がいい勉強をさせてもらった。イスラム教徒が豚肉を食べないことはもちろん知ってはいた。しかし・・土曜日は新型コロナのワクチン接種が午後1時からあるので、クリニックに来る途中の店でスタッフ用のお弁当を頼んでくるのだが、彼女が来院するのがわかっていたので彼女の分としておこわを買ってきた。いざ、差し上げようとすると宗教上食べられませんと言われてしまった。理由は日本のほとんどの醤油にはお酒が入っており、それがだめなのだそうだ。もちろんみりんもだめだし、せんべいなどもだめということになる。宗教上、食べてはいけないものが多いので、保育園に通うお子さん用に毎日お弁当を作っているそうだ。
posted by AMDAcenter at 09:14 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月17日

令和4年12月17日土曜

ラオス人男性16歳、前日より軽度の発熱と咽頭痛で来院。新型コロナの抗原検査で陽性だった。アメリカ人男性60歳、右の季肋部から心窩部にかけての疼痛で初めて来院したのが月曜日だったか・・・エコーでは著明な脂肪肝。朝一に準緊急として内視鏡検査を予定したが・・・内視鏡を口腔内に挿入しようとした時点で内視鏡をつかんで入れさせてくれない。こういうことが2回繰り返された時点で、内視鏡検査を断念した。というのも20年近く前か、かなりひどい心窩部痛を訴えてやってきたタイ人男性が「お金はない」と言うものの、検査結果によっては緊急医療になりかねないと思い、お金のことはあとでいいからと内視鏡検査を行った。結果は胃潰瘍だったが、内視鏡検査中にマウスピースを吐き出し、内視鏡を噛まれてしまった。その後、オリンパスに内視鏡のチェックをお願いしたところ、修理に50万円かかると言われて泣いたことがあるからだ。インド人女性27歳、頭が痛いと来院。
経過を聞いているうちにいつのまにか、甲状腺疾患で薬を内服しているという話になってしまった。病気の名前を聞いてもわからず、甲状腺機能亢進症で薬を内服しているという。チアマゾールを内服しているのかと思ったら、バッグから出してきた薬はレボチロキシンだった。要するに甲状腺機能の低下があり、内服しているわけで・・・・本人の話を信用すると手痛いミスにつながりかねないということだ。頭痛は「頭痛は頻回に来るが、そのほとんどはたいした痛みではなく、ときどきだが、ひどい痛みがあり、そのときにはめまいがして倒れるほどに痛い」と言う。いつもは緊張性頭痛でときどき片頭痛の発作が混じると理解した。トリプタン製剤を処方してみた。
posted by AMDAcenter at 08:46 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月16日

令和4年12月16日金曜

昨日の新型コロナ感染者は19人。日本人も外国人も家庭内クラスターが止まらない。今までの波に比較して高くない波が続いているのは、軽症、無症状が多く、警戒心というか、「罹患してもこの程度か」という気持ちが広く浸透しているからではないだろうか? カンボジア人女性81歳、前日から鼻水と咳が出ると来院。発熱はなし。抗原検査で陽性。結果を伝えると本人も驚いた表情だった。彼女はワクチン接種を4回終えている。そういうこともこの程度の症状に終わっている一因かもしれない。22歳の女性、発熱と咳と咽頭痛で来院。抗原検査で陽性、すると「火曜日に母親が検査を受けて陽性だった」という。だれ?と尋ねると、ベトナム人女性だった。本人の療養のことなどいろいろと話しをしていると、母親の会社から陽性だという証明書を提出するようにと言われているので書いてほしいと言われた。母親は会社では〇〇〇〇という日本名で働いているので、その書類には本名のほかにこの日本名も付け加えてほしいと言われた。通称名である。その〇〇という姓はこの女性の苗字とも一致する。すなわち、彼女の保険証の名前も同じ通称名というわけだ。帰化しているわけではないそうで、なぜ本名を使わないのか理由がわからない・・・一部で名前から差別的意識を持つ人がいるのかもしれないが、そうなら学校教育などで差別をなくすことをさらに徹底すべきことであって、差別に合うかもしれないから本名ではない通称名で保険証が作れる、会社で働けるというのはおかしいことではないだろうか? このようなところから混乱が生じる。実は僕には「米幸」ではなく、「米満」という通称名がある。北海道で小学校に通っていたころには誰からもこの通称名で呼ばれ、通信簿もこの通称名でもらっていた。現物があるので間違いない。ではいま僕がこの通称名で保険証を作りたいと役所に言ったらどうなるだろう? 決して通称名では作ることはできないだろう。こういうことを逆差別と言うのではないだろうか?
 原則は差別も逆差別もなくすことであろう。
posted by AMDAcenter at 08:17 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月15日

令和4年12月15日木曜

外国人の新型コロナ感染者が3人。ベトナム人女性54歳、まったくの新患。隣接するZ市に在住。2日前より発熱、抗原検査ですぐに陽性反応が出た。やっぱりと話していたが、症状は極めて軽症。どうして僕のところにやってきたのか? たぶん、知り合いのベトナム人に訊ねたのだろう。ベトナム人コミュニティにかなり浸透しているものと推察できる。フィリピン人女性30歳新患、住所が青森県津軽郡となっていて少々驚いた。現在、市内在住でこちらに仕事を探しにやってきて、今日、青森に帰るとのこと。こちらでは友人宅に宿泊しているらしい。前日より発熱、彼女は軽度の発熱以外の症状はなかった。抗原検査で陽性。軽度の発熱なので、こんなことはないとは思うが、絶対に青森に帰るなんてことはしないようにと話した。ブラジル人男性22歳、前々日より発熱と呼吸器症状。彼も抗原検査で即陽性反応が出た。このところ、外国人にも陽性者がかなり出ている。家庭内クラスターが発生している。
 先週の金曜日に帰国のためのPCR検査を行ったら奥様が陽性であったガーナ人の男性から電話あり。次はいつ検査したら大丈夫そうか?と尋ねているとフィリピン人スタッフが教えてくれた。少なくとも2週間はあけたほうがいいこと、検査を行って再びPCR検査が陽性の場合には快復証明書を書くので、それで搭乗できるのかを搭乗予定の航空会社に確認しておいてくれるように頼んだ。ガーナまではもちろん直行便はなく、アジスアベバで乗り換えるということだった。乗り継ぐ航空会社が快復証明書で納得してくれるかどうか、一抹の心配が残る。
posted by AMDAcenter at 08:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)