CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月31日

令和3年7月31日土曜

PCR検査を受ける人が増えて来た。昨日は海外渡航のために受けた方が5名、会社関係でPCR陽性者が出たために濃厚接触には該当しないが受けたいという方が13名、発熱などのなんらかの症状があって受けた方が13名。一日で30人を超えるPCR検査というのは年末年始の休み以来だと思う。症状があって来院した中にインドネシア人男性が二人。呼吸器系の症状もあり、あと30分ぐらいで報告がある検査会社の結果が心配だ。きっと狭いアパートの部屋で共同生活をしているであろうから、一人が感染するとあっというまにクラスターが発生する可能性が高い。7月にPCR検査が陽性と判定された患者は昨日30日の朝の時点で21人、30日の分の検査ときょう31日の検査分がまだあるので、さらに人数は増えると思う。昨日、午後5時からの新型コロナの予防接種は第二回目の18人のみ。3週間後が夏季休暇にあたるので、一回目の人はゼロにしておいたため。フィリピン人の被接種者が数名いたが、持ってきた日本語の予診票には何も記載がなかった。厚労省は多言語での予診票を作成したが、厚労省によってこれらは正式な予診票としては認められていない。だれがどの言語を母語とするのかはわからないため、事前配布ができない。多言語での予診票を接種会場に置いていても、やってきてからの記載、さらにそれを「だれか」が日本語の予診票に転記し、本人に承諾のサインをしてもらわねばならない。上記のフィリピン人数名の予診票はフィリピン人スタッフと僕らで作成したが、けっこうな仕事量と思った。
posted by AMDAcenter at 12:22 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月30日

令和3年7月30日金曜

通常時であれば毎日飛んでいた海外への定期便が現在は週2便とか3便に抑えられている。そのため、離陸の72時間以内のPCR検査結果を求める国に行く、または帰る方は離陸時間を念頭に適切な時間帯に来ていただいてPCR検査を受けて、その結果を英文で書いた書類と飛行機の乗ってもよいという英文の書類を受け取ることになる。昨日木曜は明日の土曜日にフランスに行く便があるとのことで同国に行く方が数名いらっしゃった。それにしてもいつまでこんなことが続くのかわからないが、国によって書類の条件が異なりややこしい。PCR検査を受けるタイミングとして「離陸の48時間以内」「入国の48時間以内」「離陸の72時間以内」「入国の72時間以内」がある。PCR検査にしても検査法としてReal time PCR法を指定してきているところがほとんどだが、中にはLAMP法でも良いという国もある。米国のように抗原検査でよいという国もある。検体採取についても「鼻咽頭」という国が多いが、中には「唾液」という国もある。これらについては突然、変更してくる国もあり、ほんとに正確な情報を常に持っておくことがむずかしい。ただ、「Real time PCR」を「鼻咽頭」から採取した検体で行っておけばどこの国からも拒絶されることはなく、渡航のための証明書を作成する我々医師から見ると搭乗拒否されることがない、すなわち「安全」ということになる。英文証明書についても原則は飛行機に搭乗してもよいという「Fit to fly」の書類とPCR検査が陰性でしたという書類との2枚でよいのだが・・・・タイ王国はFit to flyの書類は必要なく、その代わり、入国後に隔離されるホテルの名称と住所を記載した書類が必要となる。ベトナムも入国後に隔離避けるホテルの名称と住所を記載した書類が必要だが、Fit to flyも必要とされる。カンボジアは医師のサイン以外はすべてプリントアウトしなくてはならず、さらに医師のサインは黒以外の色で書かねばならないとある。偽の書類を持って入国しようという人が少なからずいるからだそうだ。カラーのサインというのもコピーをすると黒になるからという理由だろう。PCR検査を受けて英文書類の証明書を書いて日本では5万から僕のクリニックのように28470円までまちまち。これを発展途上国の人が海外であるとしても入手しようとするとそれなりの金額を支払わねばならず、某国を中心に偽物が横行しつつあるというのもうなづける。オリンピックが終わればワクチンパスポートを所持している人から、入国後の隔離もはずされていくだろう。早く日常を取り戻せますように。
posted by AMDAcenter at 12:31 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月29日

令和3年7月29日木曜

フィリピン人女性55歳、数日前より右の腰部痛と右の下腹痛。尿中潜血は陽性。右の尿管結石を疑い、近くの公立病院の泌尿器科に情報提供書を書いた。日本語も上手だから通訳なしでも受け入れられるだろう。前日にPCR検査を行ったベトナム人男性は陰性だった。よかった。最近になり、大和市外に居住する外国人からのワクチン接種の問い合わせが前にも増して増えて来た。一番の理由は近隣のZ市やA市、S市などで10台ぐらいまで接種券を発行しているからだと思う。大和市ではまだ55歳以上の人と基礎疾患を持つと自己申告した人以外には接種券が送られていない。これらのZ市やA市、S市に住む外国人の方は接種券が手元に届いたので市内の集団接種の予約を取ろうと試みるも、年齢がまだ予約できる年齢ではないと断られるそうだ。大和市にある僕のクリニックでワクチン接種を受けたという外国人の話を聞いて電話をしてくるらしい。他の市町村に住んでいる方でも基礎疾患があり、かかりつけとして通院してくださる方には確かにワクチン接種を行っている。7月2日の厚労省担当部署の通達として日本語が不自由な方が言語対応ができる他の市町村で接種を受けることも例外として認められた。だから僕のクリニックで予約を受け付けてもかまわないのだが・・・一方で僕のクリニックで接種しているワクチンは厚労省から大和市在住の方のために配分されたワクチンなのだ。すなわち、このワクチンを使って市外の人に接種を行うと、その人数分、大和市在住の人の接種ができないということを意味する。難しいかじ取りだが、市外に住むかかりつけではない外国人の方についてはまずは住んでいる市町村の集団接種か個別接種の予約を取るようにしていただきたい、どうしてもやむをえない理由がある方は受け入れざるをえないということで毎日悩んでいる。
posted by AMDAcenter at 09:02 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月27日

令和3年7月27日火曜

韓国人女性56歳、一カ月前に新型コロナウィルスに感染していることを僕がPCR検査で確認した。一カ月が過ぎたので抗体ができているかどうかを調べてほしいと来院。簡易キットでIg Gを計測したが、抗体ができているとは判定できなかった。本人がワクチン接種を急ぎたいと話すので、専門家が推奨しているように感染してから2カ月を過ぎてから受けるようにと説得した。インド人女性30歳、同国人のご主人に付き添われて初めての来院。前日に頭の右半分が少し痛く、今日は左側を向いたら首が痛い、右の頸部になにかあると話す。体温は36.7度。発熱しているというほどではない。血圧測定したが100/60と全く正常。右の頸部を触診するとリンパ節が数個脹れている。表面は平滑で柔らかい。右の頸部の痛みは触らなくてもあるのか?と尋ねると、左を向いた時だけと答える。通常、結核菌以外の細菌感染によるリンパ節の腫脹なら触らなくても痛いはず。結核菌による腫脹ならリンパ節はもっと硬いし、いものように何個も連なってごりごりと脹れるはず。腫瘍とは思えないので、やはりウィルスによるリンパ節炎だろうと判断した。採血して白血球数、CRPを調べれば一般的には細菌感染なら二つとも増加、ウィルス感染なら二つとも正常範囲内ということで結果は15分ほどで判明するのだが・・・この程度のリンパ節の腫れが朝からというなら仮に細菌感染でも、明らかにどちらと言える結果は出ないだろうと判断。今まで書き連ねたことをすべて説明し、それゆえ採血はせずにこのまま様子を見てほしい、症状に変化があれば教えてほしいと話したところ、よく理解してくれて安堵の表情で帰って行った。午後5時からのワクチン接種を終えて、所用で都内に向かっていたところ、看護師から電話あり。29日に二回目の接種を予定していた南西アジア出身の方の友人から連絡があって、本人はすでにエジプトに出国したのでワクチン接種をキャンセルしたいとのことだったと教えてくれた。連絡はありがたいが、あと3日しかない。僕のところのワクチン接種は2回セットでワクチンを確保しているので、2回目だけキャンセルされると「たまたま2回目だけ集団接種などで予約が取れません」という人を探さなくてはならない。そういう方から偶然に電話があることもあるが、こちらから探すことはできない。そして原則、ワクチンは無駄にしたくない。やむをえずに別の日に一回目の予約を入れていた人に繰り上がってもらったが、それでも「一回分が余ってしまう」状況は、どこかで二回目だけ打ってもらえませんか?という問い合わせが来るまで続くことになり、正直、事務の負担が重くなる。
posted by AMDAcenter at 10:10 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月26日

令和3年7月26日月曜

連期明けの土曜日24日は記憶にないぐらいの忙しさ。発熱などで新型コロナを疑ってPCR検査を行った人が13人、抗原検査を行った人が2人。うち、PCR検査を行った4人が陽性だった。陽性者の中に外国人はいなかった。さらに通常診療に加え、がん検診で上部消化管内視鏡検査を組んであった人が二人。この検査を診療の合間に行っていかねばならない。一人目を終えて診察をしながら二人目のペル―人の患者を待っていたが・・・とうとう来なかった。いつもなら午前中に上部消化管内視鏡検査を二件、行っているのだが、新型コロナの騒ぎになり、発熱患者の診察や海外渡航の書類作成など新たな仕事が増えてしまったので、昨年からは内視鏡検査の予約は一日一件とし、準緊急ケースなどは午後からでも臨機応変に行っている。予約が一日一件なので、今、予約を入れると10月になってしまう。相当、先だ。たぶん、予約したのにやってこなかったペル―人もずいぶん前に予約を入れてくださったはずだ。きっと忘れてしまったのだろう。なんらかの対策を考えねばならない。
 1時に診察を終え、ワクチン接種を開始するはずだったが、診察が僕のほうも小児科もなかなか終わらない。20分も過ぎて終わったころにはクリニックの前に接種予定者54人が並ぶような事態になってしまった。大急ぎで対応。54人のうち、1/3が外国人。尋ねてみるとやはり「言葉が通じるところで受けたい」とのことだった。
posted by AMDAcenter at 09:01 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月24日

令和3年7月24日土曜

タイ人女性、帰国のためのPCR検査と英文書類作成のために来院。妊娠して出産のために里帰りするそうだが・・・・ここのところ、タイ国内では毎日1万人を超える感染者が出ている。彼女も親族もいっしょにいたいというタイ人特有の家族の絆みたいものは、それはそれでいいとして、感染のリスクや感染した場合のケアを考えたら、帰国はどうなのか?とおせっかいに考えてしまう。インドに家族を帰したインド人患者は、やってくるたびに「帰さなければよかった」と話している。昨年の今頃は多くの外国人が生活の不安や感染の不安などから急遽帰国した。母国の家族からも危ないから戻って来いと言われたと随分聞いた。あのころは中南米ではまだ感染が広がっていなかった。しかし、今は母国の家族が「お前だけでもより安全なところにいなさい」と言われるらしい。こういう不安の時代もいつまでも続くまい。乗り越えた時にはもっと強いきずなができあがっているはずだ。
 きょうは待ち遠しいことがある。カンボジア難民として35年前に日本に受け入れられた両親のワクチン接種に娘さんがついてくる。はじめて彼女を見た時は赤ちゃんに近かった。開業したころに両親についてきた写真を見ると、あのころ、保育園かそれぐらい。そして今は男の子のお母さん。まるで娘がやってくるみたい。
posted by AMDAcenter at 08:18 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月20日

令和3年7月20日火曜

うれしくもあり、がっかりしたりでもあり・・・先週の水曜から体調が悪くなり、下痢が止まらず、発熱、木曜日の朝には最悪に・・・それでも診療を続け、金曜にはよくなったとお伝えしたが・・便培養の結果が速報で入って来た。やはりキャンピロバクターが検出された。こんなにひどい下痢は経験したことがないし、採血の結果、細菌性腸炎と診断できたので、もしやキャンピロバクターか?と思い、一番感受性があるはずの抗生剤であるフォスフォマイシンを培養の結果を待つことなく、木曜の朝から内服し始めたことが結果的にぴったりだったわけだ。臨床医としての勘もまだまだいけるぞと思ったのがうれしいこと。そしてがっかりしたのはやはりキャンピロバクターだったということ。動物の糞や卵の殻に付着していることがあるというが、家では動物は飼っていないし・・・いずれにしても気をつけねばならない。昨日は午後5時から24人に予防接種、中に外国人が4人、予約ノートを見るとこれから外国人がますます多くなる予定。NHKワールドの昨夜の特集を見た。取材を受けていた件についての放映だが、僕よりもフィリピン人スタッフの活動を中心にして、外国人医療の問題、とくに今の時期、外国人にとって予防接種の予約を取って接種を受けることのハードルの高さについて語っていた。僕の口から話すよりもフィリピン人スタッフや外国人患者の口から語ってもらうことにより、問題が理解しやすくなっていたと思う。なかなかいい番組だった。
posted by AMDAcenter at 07:48 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月19日

令和3年7月19日月曜

17日の土曜日、ようやく体調も本調子に戻って来た。久しぶりに晴れた土曜日だったためか、午後1時までの4時間に小児科と私のほうに来てくださった患者が64人、うち28人が外国人だった。国籍別内訳はフィリピン人9人、ベトナム人4人、ドミニカ人2人、韓国人2人、台湾人2人、スリランカ人2人、ネパール人2人、カンボジア人2人、タイ人1人、アメリカ人1人、インド人1人。韓国人のご夫婦、胃の内視鏡検査で来院。咽頭麻酔だけでいいと言われて挿入したが、二人ともげっぷが強く、難儀した。ご主人は韓国でピロリの除菌療法を受けたとおっしゃるのだが、所見から検査を行ったところ、やはり陽性。二次除菌療法薬を処方した。終わった後、もう内視鏡はいやとおっしゃるかと思ったが、感謝された。インド人の方も胃の調子が悪いとのことで改めて空腹時に検査をさせてもらうことにした。県内の米軍基地からやってきた男性に健診の結果を説明、LDLコレステロールが高いので食事療法について説明した。午後1時からワクチン接種を開始。対象者は72名、うち27人が外国人、まずは予診票のチェックが大変、見ると住所が大和市外である人が半数以上。ほとんどの方はかかりつけ。クリニックの中の二つの待合室と奥を使っての入れ替え戦で1時間で終了。あちらこちらでタガログ語にスペイン語にベトナム語にタイ語が聞こえた。この間も「東京から電話が入っている、知らない外国人がこちらでワクチン接種が受けられないかと話している」とフィリピン人スタッフから連絡を受けた。まずは都の集団接種を受けてくれるようにと話してもらったが、それでは予約が取れなかったし、言葉がわからずに不安と言われ、やむをえずに予約リストに入れた。感謝されたが、こういうことって患者が感謝までするべきことなのか、と疑問に思った。東京は極端としても北隣のS市をはじめとする周辺の市に居住する外国人の方からはよく同じような電話をいただき、同じような対応をしている。
 診療が終わる直前、30年来の知り合いのカンボジア人のご夫婦があいさつに見えた。約1カ月前、はじめにご主人が、すぐ後に奥様が発熱、PCR検査を私が行い、陽性を確認した。すっかりよくなって元気になったと笑顔で報告してくれ、手紙までいただいた。手紙には35年前にインドシナ難民として日本にやってきて以来、ずっと私に支えてもらったと書いてあった。買うことのできない宝物をいただいた。
posted by AMDAcenter at 10:16 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月17日

令和3年7月17日土曜

ようやく体調も本調子となってきた。昨日は午後2時から日本医師会外国人医療対策委員会にZOOMで出席、前日には体調不良で明日はZOOMでの出席もだめかな?と思っていたのでよかった。ちなみに前日の夜の会議はキャンセルしました。鈴木事務局長が日医の建物の一室からプレゼンテーションしてくれるのを見ていて感無量でした。内容も簡潔にわかりやすく我々の活動や外国人医療の問題点を話してくれてよかったと思います。31年間の活動が改めて日本医師会という医療界の巨人にその存在を認められたと解釈してもよいと思う。松本常任理事には心から感謝を申し上げたい。鈴木事務局長の指摘の通り、外国人医療問題の一方の当事者は日本の医療機関、医師をはじめとする医療従事者であるが、もう一方の当事者は外国人です。ワンストップ窓口を設置するのであれば、@受け入れ側と受け入れられる側の両方の相談に乗るのでなければ完結しないと思います。日頃、AMDA国際医療情報センターに寄せられるような相談、不平や不満が医療機関の窓口に押し寄せたら診療自体が成りたたなくなるでしょう。これはすなわちワンストップ窓口で多言語対応すべきということです。多言語対応しなければトラブルを抱え、外国人医療にさらに消極的になる医療機関が増えるでしょう。Aはワンストップ窓口の数です。厚労省はかねてから平日のワンストップ窓口は都道府県別に設置するとしてきました。個人的には、都道府県別に設置するには相談に対応できる人材の確保が必要であり、また外国語での対応も想定していましたので、それは一都道府県には荷が重すぎる、せいぜい全国に2か所、3か所、4か所程度と発言してきました。今回、厚労省はオリパラの期間に限って「ワンストップ窓口」を全国に一か所作るということがわかりました。すなわち厚労省自らが認めた通り、オリパラ終了後も「全国にひとつ」でやっていけるのではないでしょうか。
最後に・・出入国在留管理庁の方の説明の中に同庁が進めているワンストップがありました。最近思うことですが、国や省庁、東京都などあちらこちらに「ワンストップ」という窓口があり、これではワンストップにすがりたい人たちが混乱するだけでは・・と思いました。
posted by AMDAcenter at 09:05 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年07月16日

令和3年7月16日金曜

いやはや参りました。昨日の続き。昨日の午前中は最低のコンディション。椅子から立ち上がってレントゲン室に行くにもよろける始末。やはり脱水の影響は強い。午前中の患者さんには笑顔もお見せすることができず。逆にフィリピン人の患者さんにいつものように冗談を言わないし、顔が疲れているみたい、先生、だいじょうぶ?と言われた。途中で診察を打ち切って休んだらとスタッフに勧められたが、なんとか午前中を乗り切り、診察用のベッドに横になったらそのまま1時間半熟睡した。それでも面会に来る人がいて1時半からお会いした。午後になってはじめはふらつきがあったが、頭痛が取れてからようやく少し調子が上向いてきた。夜はなじみのタイ料理店に電話してメニューにない華僑系タイ人が好むジョークというとろとろおかゆを作ってもらった。食べようとするも半分しか入らない。無理をせずにそのまま帰宅。たくさん寝ました。朝、起きたらほぼ体調は戻っていた。ご心配をかけました。それにしても72歳のわりに回復が早い・・とはスタッフの評価。
posted by AMDAcenter at 09:13 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)