CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月15日

令和3年4月15日木曜

米軍基地からやってきた男性、高脂血症のチェックほか。もうひとり、男性がいっしょにやってきたが、「待てない」と帰ってしまった。大和市は厚木のベースや座間のベースからも近く、過去にも米軍関係者を33人拝見している。日本に住んでいても米軍関係者や外交官とその家族は治外法権、外交官特権を持っているが、それゆえに住民基本台帳に掲載されることはない。それは日本の公的保険に加入できないことを意味している。とくに米軍関係者は横須賀に米軍病院があり、厚木ベースや座間ベースの診療施設で手に負えない疾患は専用のバスで米軍病院に診察に行くはずなのだが・・・自費になってしまうのにベースの周囲の私のクリニック等にやってくる理由がよくわからない。彼らの多くは米国の民間保険に加入しており、診療終了後にこちらで用意した英文フォームに受診した疾患または症状と支払った費用の内訳などを記載して、窓口で費用を支払ったときに現金と交換に手渡してあげる。すると患者はそれを自分の保険会社に提出、保険会社から後日、患者の銀行口座に同額が支払われるという仕組みになっている。患者が一時的に立て替えていると考えるとわかりやすい。それでも自費診療についての情報・・とくに医療機関での自費診療が保険診療の何割に値するとか、そういう情報は患者へのインフォームド・コンセントとして実践すべきだろう。いや、しなければいけない。これは日本人患者を対象にしたときも同じことなのだが、なかなかできないというのはどういうことだろう。その医療機関における自費診療が高いなら患者は当然のことながら受診をためらうだろう。もっと安いところがないだろうかと探すのは人間の常だ。こういう事情があって医療界全体が自費診療についての情報公開をしなくていいような空気に包まれているような気がしてならない。実際に都内である現実だが、駅を降りて右に歩いた某病院は自費診療が保険診療の10割、左に歩いた某センターでは15割だ。あまりお金に余裕がない患者なら右に行けば支払えても、左に行ったら支払えないということになるかもしれない。たかが5割の違いと言っても、右に入院して200万なら、左に入院したら300万円ということになる。しかも救急車で運ばれた場合、救急隊はそんなことは気にしてくれない。こうした結果、未納額が発生したとすると、その責任は外国人患者にあると言えるだろうか。今、日本国内で医療費を未納して故国に帰ってしまった外国人の再入国を許可しないようにするという方向で政府、厚労省は考えているらしい。医療機関が経営リスクを抱えないためにも僕もやむをえない措置なのだろうと思うが、そうであれば、公的保険を持たない患者が費用についても医療機関を選べるように自費診療についての情報を全医療機関について公表すべきだと思う。
posted by AMDAcenter at 08:54 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月13日

令和3年4月13日火曜

インド行の飛行機が飛ぶらしく、午後1番に帰国のためのPCR検査と英文書類の作成のためにインド人女性26歳来院。それから30分ほどして北隣のS市からインド人の母親29歳と娘さん2歳、妹さん26歳来院。とくに家族の場合、まちがっても「一人だけ陽性」なんてことはやめてほしいと祈りつつ、検体採取した。
 ワクチン接種に関してすべてが遅れている。医療従事者用の話をするなら、県の第一線の責任者のせいとも言い難い。そしてもちろん医師会のせいでもない。そもそもがワクチンの入手が遅れていることに端を発しているので、政府に責任があるのだろう。県の第一線の責任者が4月12日の週と19日の週に配分されるとしていた医療従事者用第一回目は、その後、4月12日の週でも金曜土曜にならないとワクチンが到着しないと連絡があり、呆然としていると数日後である9日に200人分40バイアルだけ10日に届けると突然連絡があった。急に届いても保管場所、そして接種をするチームを作成しなければならない。医師、看護師、事務の手配だ。ところが手配には「いつ、接種を行うのか」がはっきりとしていなければならない。それもなんとか乗り越えると、今度はだれを接種するかのリスト作りをしなければならない。これもようやくできあがったと思ったら・・・・接種のときに必要とされる予診票等が11日は届くという県からの知らせだったが、それが13日の朝である今になっても届いていない。こんなことで15日木曜から接種ができるのかどうか、心配だ。こんな状態で県から連絡があったように5月23日までに医療従事者の接種は完了するのだろうか。
 昨晩になってさらに大問題が発生。一昨日あたりから県から医療従事者の接種が完了する前に一般の人たち(まずは高齢者から)に対するワクチン接種を始めたいらしいという市の意向が非公式に伝わって来た。一般の人たちに対するワクチン第一陣は大和市では970人分しかなく、これは4月の中旬に届き、老健や特養に入所中の高齢者の接種に使いたいということで医師会は了承していた。さらに第二陣もワクチン量が少なく、個別接種は後回しにして、まずは集団接種から始めたいという市の意向にも了解をしていた。ここに来て、「医療従事者を最優先に、それが完了してから一般の方への接種」という厚労省の方針が一気に崩れてきている。あまりにもワクチンの用意が遅いことに対する各界からの批判を気にしてのことだろうが・・・それで非公式に漏れ聞いた市の意向としては5月中旬から集団接種を始めたいらしく、その接種場所が医療従事者用の接種を予定していた市の施設で・・バッティングした場合は貸せないと言っているらしい。それで昨晩、急きょ、休日夜間急患診療所を現在の連携接種施設Bから他院の医療従事者への接種も可能なAに変更するよう、県と交渉することにした。これは認められるだろう。あとは市がディープフリーザーを貸してくれる可能性はほぼないと思うので、冷凍庫または冷蔵庫を購入するだけ。こちらはそれでよいが、市の集団接種は医師会の医師が行うことになっており、看護師、事務も医師会からチームを組んで行くことになるが、医師会もそのバッティングした数日間は医療従事者のためにチームを3組んで、3列または4列並行して接種を完了させるべく必死の努力をしなければならない。そこに市の集団接種にチームを派遣する余裕があるだろうか。
posted by AMDAcenter at 11:14 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月12日

令和3年4月12日月曜

数日前にアルゼンチン人女性55歳について娘さんから電話があった。大きな病気ではないが、胃疾患やひどい便秘症などで北隣のS市で治療を受けていたが、その先生と「折り合い」が悪いらしく、こどもたちが小さいころに受診していた僕のクリニックにやってきた人だ。悪い人ではないが、思い込みが強い。こうと思うと医師の言うことはあまり聞いてくれず・・・ああ、これでは彼女の性格をよく知らない先生とはぶつかるだろうなと感じた記憶がある。そういえば、数回受診していつの間にか、僕のクリニックにも来なくなり、カルテを見たら、前回の受診は昨年の11月だった。娘さんが話すには、薬も持たずにアルゼンチンに一時帰国してしまったとのこと、それも昨日や今日の話ではないらしい。それで、薬を送ってあげたいので3カ月分ぐらい処方してほしいということだった。一番の問題は保険だ。当時、加入していた公的保険にいまだに加入しているのか?と尋ねると「たぶん、変わっていない」との返事。変わっていなくても公的保険の掛け金を支払っていないと停止されてしまうはず。このあたりの話を娘さんによく説明したところ、「では自由診療ならいくらになりますか?」と質問された。薬を処方すると薬だけの費用とはならない。すぐには返答できないから・・と答えたところ、「お母さんの保険の状況を調べてまた連絡します」と言い、電話は切れた。そして数日後の10日土曜日、娘さんがやってきた。自由診療でいいから一カ月分の処方をお願いしたいとのことだった。今回は相手のこともよく知っていて、娘さんも常識的な方だからスムースにことは進んだが・・・「保険は変わっていない」という相手の説明を鵜呑みにして保険診療で処理してしまうと・・2か月後に医療機関が痛い思いをすることになる。
posted by AMDAcenter at 09:18 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月10日

令和3年4月10日土曜

夕方になり、受付から大声が聞こえて来た。何なんだ?とスタッフに尋ねると、先日、PCR検査で陽性だったスリランカ人男性が来て、受付でもめているとのことだった。もめている理由は何だ?とスタッフに聞いてもわからないという返事、でも僕は直感的に理解した。彼が故国に帰ろうとPCR検査と英文書類を求めてやってきたのはほぼ3週間前。PCR検査の結果は陽性、すなわち無症状の感染者ということになり、フライトはキャンセル、陽性という診断書があれば無料で次に搭乗するときのフライトに振り替えてくれるというので、航空会社宛てに陽性であるという英文診断書を作成して渡した記憶がある。それから2週間もしないうちに再度PCR検査を受けたいと電話があったので、早すぎると話した。今、検査しても感染力はすでになくても陽性と判定されるよと何度も話したが、それでもいいから検査してほしいというので検査したところ・・・・当たり前だが、また陽性だった。検査の段階で陽性だろうと思っていたので、彼には僕自身が「きょうは検査費用だけ支払ってもらう。もし陰性なら明日、書類を受け取るときに書類代を支払ってもらう」と費用の説明をした。たぶん、またフライトの変更が必要になり、無料で変更してもらうために航空会社宛ての陽性証明書を書いてほしいということだろうと側にいる看護師に話し、それを受付のスタッフに伝えると、「その通りです」と返事があった。急いでパソコンに入力して英文のものを作成、受付スタッフに渡したが・・・大声はまだ途絶えない。いったい何なんだ?と尋ねると、本人が「前回、書類の費用まで支払ったので、今回の書類は無料であるべきだ」と譲らないと教えてくれた。「それはありえない、カルテに当日の支払いが書いてあるから本人に見せるように」と指示すると、見せても納得しないという。たしか彼には日本人の親方がいるはずなので、親方に電話してもらって日本語で説明しなさいとスタッフに言い、その通りになったところで、この「親方」なる人に説明すると、前回の費用は「親方」が支払ってくれたらしく、すぐにわかってくれた。そして今回の英文書類の費用をいただいた。僕が受付まで行けば簡単なことだが、それをしてしまうと診療がストップしてしまう。こういう一方的な要求を医療機関の窓口に持ってこられると時間はかかるし、受付もストップしてしまう。こういうときに間に入ってくれる「ワンストップ窓口」をずっと期待していたのだが・・・厚労省のいう「ワンストップ窓口」は日本の医療機関からの相談にだけ乗るものだそうで、外国人医療で現場でもめたときに役立つとは到底、思えない。
posted by AMDAcenter at 13:57 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月09日

令和3年4月9日金曜

朝の診療を開始してすぐ、「外国人が気持ちが悪い、胸が苦しい」と受付に来たが、外で待機してもらっていると受付から連絡があった。28歳のドミニカ人、新型コロナの感染症ではなさそうなので、中に入って待っていてもらっていいと話した。10分程度で拝見したが、たしかに具合が悪そう、血圧を測定すると不整脈がひどく、うまく血圧が計測できない。ただちに奥の部屋で心電図を撮ってみると、頻拍性の心房細動。これはまずい。ただちに市内の心臓疾患専門病院に電話、受け入れてくれるということで、友人が車を運転して連れて行ってくれた。仕事場からよくぞ、ここまで来たと思う。あのまま仕事場にいたら、危なかったかもしれない。午後3時ごろ、フィリピン人スタッフから連絡あり。皮下埋め込み型の避妊チューブを取ってほしいという外国人女性が来ていて、「今日、取ってほしい」と話しているとのことだった。こういう小外科の手術は原則予約にしているのだが、自費診療になることも承知しているという。だれかに聞いたのか。僕のクリニックで行っているということがどこかのコミュニティに広がっているのか・・米国人女性21歳、東京都江東区から同国人のボーイフレンドとやってきたという。遠方からやってきたので、また出直して・・というのはかわいそうと思い、そのまま手術することにした。手術室までボーイフレンドが付いて入って来て、ベッドの上で彼女は彼の手を握っている。ここで彼を追い出すのも彼女の精神衛生上よくないと思い、彼にも手術を見ても大丈夫かと聞いたところ、大丈夫と返事するので、そのまま始めた。開始して数分後、彼がしゃがみこむ。いわゆる脳貧血をおこしたみたい。だから言ったじゃないか・・と心に思いながらも隣のベッドで彼には横になってもらった。手術を受けている彼女の方が彼を気遣うありさま。4ミリ程度の創で棒を取り出し、抜糸に来なくてすむようにスリーМテープで創をとめた。さらに遅くなり、医師会のワクチンHQから電話、つい今週の火曜の朝、医療従事者用のワクチン第一陣240人分が12日の週の16日に届くと県の担当者から僕が直接、聞いていたのに・・・明日の9日に届くと連絡があったとのこと。これにはびっくり。週末に接種のシュミレーションをしようと思っていたのに・・それどころではなくなってしまった。
posted by AMDAcenter at 12:04 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月08日

令和3年4月8日木曜

特定健診に訪れたスリランカ人のご夫婦、予約の時間、ぴったりにやってきた。当たり前なのに、感心。こんな人たちがいる一方で、時間を守ってくれない人たちがいる。いつも頭痛の種。帰国のためのPCR検査と英文書類書きに訪れたのが台湾に帰る人、ナイジェリアに帰る人、そしてインドネシアに帰る人。このナイジェリア人については検査会社からPCR検査が再検に入ると連絡があったため、本人にも伝えた。伝えなければ、「およそこの時間帯に結果を連絡します」と話したその時間帯を超えてしまうため、本人がどうしたのか?と動揺してしまうからだ。昼前に結果が陰性と判明したので、電話で伝えたが・・・最初に再検に入るというのを英語で正確に伝えることがむずかしい。再検に入るといえば、陽性の可能性が高くて、判断がつきにくい状態なのかと僕でも思い込んでしまうが、検査会社に尋ねると、そういうことではないらしいからだ。けっきょく外国人患者は15人。いよいよ16日当たりに僕らが受けるワクチンが届くらしい。大和市の場合は当初の県からの計画ではやりにくいということで、病院以外は休日夜間急患診療所に一括して送ってもらい、同所で医療従事者の集団接種として行うことにした。それにしても日本における新型コロナのワクチン接種の状況にはあきれ果てる。3月から始まるということであった医療従事者用のワクチン接種も新型コロナの患者を受け入れていた病院はたしかにそのころ、始まったが、僕のクリニックのように通算126人もの感染者の診療、診断を行っている医療機関にはいまだに来ていない状況。この分では医療従事者の2回目の接種が終わるのは5月末だろう。そして高齢者の方へのワクチン接種は4月中に老健や特養に入所している方々への接種が行われるそうだが、大和市ではそのワクチンの量はわずかに970人分ぐらいだ。それ以外の圧倒的多数の方々の予防接種は早くてきっと5月中旬、おそらく下旬だろう。国民の希望者全体に行きわたるのは秋も深まったころだろう。ワクチンがすべてではないが、イギリスでは国民の半数以上に接種が終わり、急激に感染状況が改善されているという。米国では接種を受けた人の数がもう1億人を超えたとか聞いた。これらの国々と比較して日本はどうだ。ワクチンが自国で開発できないとこういうことになる。作った国は世界中に分け与えると表向きは言っても、自国第一であることはこの2国のデーターを見ればわかる。そして日本の薬事行政の許認可の遅さだ。今、欧米は新型コロナと戦争をしている。戦時下では国民を救うために平常時ではない対応をしなければならない。感染率も死亡率も欧米とは全く異なって、ある意味、深刻ではないこの国では悠長にいつものように許認可作業を行っているように見える。関西で感染者が爆発的に増え、関東でもじわじわと増えている状況をみれば、法律を作って適用して、人々の生活を制限することだけが対策ではないだろう。一番大切な対策であるワクチン接種をいかに早く希望する国民に接種するかを講じるべきだろう。このワクチン接種をなんとか早めよということをどこのマスコミも大声では言わない、いったいこれは何だ。ジェネリックを作って容易に金儲けを行い、研究開発にお金をかけてこなかった製薬会社とそれを応援してこなかった政府・厚労省の政策のつけがこの事態となっている。こういう姿勢を早く方針転換しないと、次のわからぬウィルスが襲ってきたときに同じ過ちを繰り返すことになり、国民に大きな犠牲を強いることになるだろう。
posted by AMDAcenter at 09:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月06日

令和3年4月6日火曜

各国への入国条件も感染状況を反映してなのか、ころころと変わる上に、大使館から発表があるとほぼ即日施行になるので狭間に当たった人は大変だ。4月1日からタイ入国に関してFIT TO FLYの書類が不要になった。これでもともとPCR検査が不要であったタイ人は帰国に際して、何の書類も必要ないということになり、日本人を含む外国人は出発72時間以内にReal time PCR検査を受けて陰性であることを証明する英文書類があれば入国できることになった。また入国後の隔離期間も14日から10日に短縮された。タイは7月からワクチン接種を受けたという証明書を持っている外国人でかつ出発72時間以内にReal time PCR検査が陰性であるという証明書を持っている人についてはプーケットに限り、入国後の隔離をなくすと発表している。これについては昨年の暮れあたりから、観光業者を中心にプーケットやパタヤなどの観光地に限定して一定の条件のもとに隔離を不要としてほしいという意見が強く、これを具体化したものだろう。それだけタイの観光業が壊滅的経済打撃を受けているということで、観光で持っているパタヤなどは職を失った人が多く、治安が悪くなっているとは聞いていた。タイ政府も国民に国内観光を促してきたが、タイ人とタイに遊びにやってくる外国人とは経済力が、要するに使う金がちがう。国家自体が音をあげてしまったのだろう。しかし、考えてみれば、このようなトライアルの結果がどのようになるのか、コロナ後またはコロナと共存する社会を模索していくうえで興味深い。タイのようなハードルが下がった場合は、従来のような渡航書類を渡したとしても、それは不要のものが含まれているとしても必要なものは必ず含まれているのであまり問題はない。それに対してドイツは3月の下旬までは出発72時間以内のPCR検査の結果が陰性であるという英文書類とFIT TO FLY の証明書で入国が許可されたのに、下旬のある日、突然に「PCR検査は出発48時間以内に受けて陰性であるという証明書でなければだめ」と変更、変更の翌日から執行となった。変更の2日前や前日に検査を受けた人は搭乗できなくなり、再度、PCR検査を受けて英文書類を書いてもらわねばならなくなってしまった。時間だけでなく、金額的にも3万から5万円程度を再度支出せねばならなくなった。こちらは入国のハードルが上がってしまったケース、狭間の人たちは実に気の毒だ。
posted by AMDAcenter at 09:36 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月05日

令和3年4月5日月曜

フィリピン人女性48歳、背中の上部が痛いし、めまいがすると来院していると受付から連絡があった。某大学病院から情報提供書を持って来ており、受付で開封したとのことで、まずはこの情報提供書だけが僕のところに来た。もともと脊椎カリエスで頸椎の手術を受けており、上部背部痛やめまいは・・・と読んだところで、これは僕が診るべき疾患ではないと判断した。しかし、こんな病気の情報提供書を言葉が通じるとはいえ、一介の開業医に出すものだろうか?といぶかしく思い、宛先を見たら横浜市内の某公立病院の整形外科宛てとなっているのに気がついた。僕のところに持ってきてしまった患者も患者だが、その封筒を開封してしまったクリニックの職員も職員だ。丁重に患者に事実を伝えて詫び、当該公立病院を受診してくれるように頼んだ。フィリピン人女性35歳、めまいと動悸がするという。もともと高血圧で受診しており、最後に一カ月分の処方を行ったのが11月。とっくに薬はなくなっている。血圧を測定すると160/100、 降圧剤を内服しているころは130台との記載がカルテにあった。治療を一からやりなおし。この半年で4キロ太ったとのことで、これでは自然に血圧が下がることはないと話した。なんでもおいしいそうだ。さらにフィリピン人女性、前日、特定健診の予約が9時に入っていて、予約時には特定健診で行った血液検査等の結果を入職のための健診用紙にも書き込んでほしいとの要望があった。その彼女が待てど暮らせど来ない。11時を過ぎたころに電話があった。これから行くと言っているがどうしましょうとスタッフから相談があったので、気持ちを鬼にして「断ってよい」と告げた。もちろん理由を添えて・・というのも時間により検査等を入れており、「時間を守らなくても行ってくれるのだ」というルーズでも大丈夫というサインを送ると、そういう患者がとくにフィリピン人患者の中に広まってしまうからだ。かわいそうにと思って受け入れてしまうことがよいとは限らない。けっきょく、予約を今日に取り直したところ、予約の時間にやってきてくれた。
posted by AMDAcenter at 08:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月03日

令和3年4月3日土曜

悲しいことが二つ・・
 昨日の昼休み、横浜市内の大学病院から電話があった。僕は来週の医師会の理事会の準備で医師会事務や副会長の先生方とzoomで会議中だったので、電話に出ることができず。看護師が後で教えてくれた。大学病院からの電話の内容はこうだ。今、国籍のわからない外国人がやってきている。大和市内に住んでいるらしい。大和市内の某民間病院を受診し、市内の某公立病院を受診し、ここに行くようにと言われたらしい。英語を話しているが、言葉がわからないので、そちらで診てくれるか?と話していたとのことだった。疾患についてはわからないと言っていたらしく、それでは受けられるかどうかわからないから確認してほしいと返事をしたところ、電話の相手から本人が怒って帰ってしまったらしいと告げられ、電話は終わったそうだ。
 もうひとつは、右の上腹部痛のインド人女性の件。別の症状で市内の某医療機関を受診し、治療は終わったが、右上腹部痛だけが残っているので診察を頼まれたのだが・・・市内の公立病院にCTスキャンを依頼したところ、通訳が同行しないと依頼は受けられないと突っぱねられた。

 まだ、このような事例が立て続けに起こるとは。昨年あたりから厚労省の肝いりで電話通訳会社と都道府県医師会が契約を結んだり、日本医師会の保険に付帯した会員向けの電話通訳サービスがあるというのに、上記のようなケースが後を絶たない。利用するのが面倒臭いのか、周知されていないのか、はたまた周知されていても医療機関が電話通訳の費用を負担するということに納得できないのか・・・
やはり、外国人患者を診療する際の電話通訳は公的負担でやるべきだろう。

 最後にうれしいことが一つ。ブログを読んでいるという医師から手紙をいただいた。ブログに書き込んだケースについての専門家の立場からの意見が書いてあったが、大学の外科学教室の後輩でいまは都内の別の大学の心臓外科の准教授を務めていらっしゃるとのことだった。こんな方も僕のブログを読んでいてくれるのかという驚きといい後輩を持ったといううれしさ。ありがたい。
posted by AMDAcenter at 08:41 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月02日

令和3年4月2日金曜

午後になり、アフリカ某国の女性28歳来院。受付ではこの2週間、胃が痛いと話していたという。診察室に入ってもらうと、そっくりな顔のどこかで見かけた女性がいっしょだった。以前に診察したことがある女性だった。妹が具合が悪くて付き添ってきたと教えてくれた。とりあえず、どこが痛いのか、ベッドに横になって教えてもらうことにした。すると彼女が触ったのはおへその周囲。これは胃ではなく、小腸、大腸だと思った。痛みの性状は疝痛、ときどきおなかがごろごろする音が聞こえると言う。便は軟便。第一に考えるのは過敏性腸症候群だろう。そのように説明していくと、何が原因か?と尋ねられた。性格や一種のストレスと答えると、二人で顔を見合わせている。ストレスがあるそうだ。ストレスが何であるかは質問しなかった。トリメブチンとビオスリーを処方、痛みのためにスコポラミンも処方、あまり脂っぽい食事はとらないようにと説明し、入院をしなければならないような疾患ではないことも付け加えておいた。彼らが診察室を出て行ってから姉だけが戻って来た。妹さんは茨城の大学を今春卒業したが、ずっと仕事が見つからず、アパートでごろごろしているだけで、そのストレスだろうということだった。なるほどと思った。
 新型コロナのワクチン接種の記録のアプリが出た・・・というか今、作っている最中なのだろうか。昨日の夜のテレビで見た。このアプリの一番の問題は接種の記録が被接種者の自己申告では意味がないということだろう。客観性がない。もしかしたら虚偽かもしれない。だから直ちに信用するわけにはいかない。予診票の被接種者控えをそのまま取り込むなら客観性があるし、それ以外にはやはり医療機関での証明書を取り込むほかはない。そうでなければ、だれかがやってきてこのアプリの画面を見せて、接種済証明書を書いてくれと言われても書けない。そして国際的に通用するには英語バージョンが必要だが、これも同じことだ。
posted by AMDAcenter at 08:58 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)