CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月30日

令和3年4月30日金曜

27日に帰国のためにPCR検査を受けたカメルーン人男性45歳、翌28日の朝8時半に受け取りにくるという約束だった。水曜である28日は休診日だが、昨年から休診日も日曜もPCR検査の結果をいち早く、本人に伝えるためにクリニックに来ている。朝の8時には結果が判明していて、検査会社から知らせが来るので、そのつもりでいたら、再検査に入っているという連絡があった。そうこうしているうちに8時半になり、クリニックの職員通用のドアの呼び鈴を鳴らす音が聞こえた。やむをえず、フェイスシールドと手袋。マスクで外に出て、彼に再検査に入っている旨を伝えた。今日中にわかる?と明らかに動揺している。8時半には再度、状況を確認して連絡をしますと話していた検査会社の人から、そのときに電話があった。検査結果は陰性。それを伝えると、彼は微笑みながら、安堵でその場にすわりこんでしまった。そして英文書類を手渡して終了。よかった。28日はその後、相模原市内の大学の看護学部に外国人医療の講義に出かけた。講義の依頼を受けた時には非常勤講師の依頼はなかったのだが、いつのまにかそういうことになり、まあいいかと流れのままにさせていただいた。思い出すのは数年前まで母校の看護医療学部とその大学院で長く、非常勤講師として外国人医療、国際看護の講義をさせていただいていたことだ。僕に講義を依頼してきた医学部の後輩が定年退職となったと同時に必修となっていた僕の講義もなくなった。あのときは70歳になるときで、年齢制限で非常勤講師も退職しなければならないものなのだと思い込んでいたが・・・・今回のことでどうやら「必修となっていたのに、呼ぶ側の教授が定年になったらいっしょに不要となる程度」の興味しか大学側になかったのだということがわかった。こちらも長く講義をさせていただいた近畿大学医学部では担当の教授が定年になっても、次の教授からも引き続き、講義を依頼されて日帰りで大阪まで出かけていた。いやいや、もしかしたら母校の看護学部には外国人医療、国際看護を講義する優秀な人材がそろったのかもしれない。いつのまにか自分を過大評価しては皆さんに笑われる。
posted by AMDAcenter at 08:59 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月27日

令和3年4月27日火曜

フィリピン人女性36歳、米軍基地から来院。一週間前に基地内で新型コロナのワクチン接種を受けたそうだ。それから接種をされた側の腕から手の先までのしびれ、動悸、ときどき襲ってくる呼吸困難があるとご主人に付き添われて来院。英語で話しているうちに彼女のことが少しずつわかってきた。英語はそれなり通じているのだが、むずかしい話になるとフィリピン人スタッフにタガログ語で話してもらわないと理解ができないようだ。米軍基地の中には軍属と結婚したフィリピン人女性やそのフィリピン人家族が多数暮らしているそうで、タガログ語しかわからないという人も少なくなく、病気に罹ったとき、基地内の病院でなかなか対応できないのだと後でフィリピン人スタッフが教えてくれた。彼女の話に戻そう。どこにワクチン接種を受けたのか教えてもらったところ、ちょうど腋窩の線を上腕に伸ばした部位。接種のときに指先までなにか感じなかったかと尋ねると、ビリッと電気が走ったみたいだったと教えてくれた。たぶん、接種のときに針先が神経に触れてしまったのだろう。そう考えると左の上腕から指先までの違和感、しびれ感は説明がつく。動悸などについてはすでに別の医療機関で心電図、胸部レントゲン、CTを撮影し、「異状なし」と言われているそうだ。話していて気がついたのはこの女性がもともと不安症を抱えているのではないかということ。話しているうちに細かに震えだす。そして動悸は迷走神経反射によるのではないかと推察した。いわゆる自律神経失調症だ。そのための薬で3週間ほど様子をみてもらうことにした。このようなケース、どこが専門などということはないだろうが、僕の専門でもないと思う。とくに外国人で日本語がわからない場合、断らずにファースト タッチは行い、必要があれば適切な医療機関、医師を紹介するというのが僕のスタンスだが、精神的にはとても疲れる。
posted by AMDAcenter at 09:07 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月26日

令和3年4月26日月曜

ここのところ、外国人患者の中に時間を守ってくれない人がいて困っている。ベトナム人男性63歳、特定健診を9時に予約していたのに、やってきたのが11時近く。一般診療の間に時間を区切って特定健診や上部消化管の内視鏡検査を行っているので、予定の時間に来ていただけないと最悪、できないということになってしまう。遅れてやってきても変わりなく行ってしまうと「なんだ、遅れてきても普通に受けられるんだ」という誤ったメッセージを送ってしまうことになる。医療機関ではその手のいいかげんさは受け入れられないということをわかっていただくためには、心を鬼にして遅れてきた場合には日を改めるということも必要だと思う。この10日ぐらい、このために検査日を改めたフィリピン人が二人、そしてこのベトナム人のケースはやむをえずに11時から行った。それはベトナム人スタッフが1カ月に1回しかやってこないからだ。この日を逃せば一カ月後ということになってしまう。ただ、彼には医療機関においてはなぜ時間を守らないと大変なことになるのか?という理由をしっかりと話した。
posted by AMDAcenter at 08:52 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月24日

令和3年4月24日土曜

ガーナ人一家、帰国のためのPCR検査と英文書類作成で来院。いつものようにまずはパスポートのコピーを拡大で撮らせてもらい、それを見ながら英文書類の作成を行う。さらにFIT TO FLYの書類にサインとその下にブロックレターで姓名を書いてもらう。このときは3人分のこれらの作業を終えて最後にPCR検査を行うつもりだった。一人ずつ書類を作成し、PCR検査を行い、次の人・・・というように進めると5歳のお嬢ちゃんが両親のPCR検査の様子を見ていて怖がるといけないと思ってのこと。英文書類を3人分、必死に作成していると、隣からお嬢ちゃんの声が聞こえる。顔をあげて振り返ってみると、お嬢ちゃんが看護師に話しかけて、にこにことこどもらしい話をしている。看護師が「すごいね、幼稚園に行っているの?」と尋ねると「ちがう、保育園」と「訂正」してくれる。その日本語は全くそこらのこどもと同じ、顔を見なければ外国人のこどもが話しているとは誰も想像しないだろう。本国に帰ってこの子はどのように生きていくのだろうとつい考えてしまった。こんなに日本語が上手で日本が好きで、日本に友達がいて・・・こちらの勝手な考えだが、願わくば将来はガーナと日本の懸け橋になるような仕事をしてほしい。こういう人たちが海外に増えると日本にとっても良いことだらけだと思う。だからこそ、日本にいるときにいい思い出をつくってほしいし、いい思い出ができるように接してあげてほしい。このお嬢ちゃんにとって日本での長い生活が一生の宝物になりますように。最後にPCR検査をはじめに父親、次に母親、最後にお嬢ちゃんの順番に行った。「一、二、三」で終わるからね、いい子にしててねぇと話して、さっと鼻咽頭から検体採取。いい子にしていてくれた。
posted by AMDAcenter at 09:47 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月23日

令和3年4月23日金曜

昨日は海外渡航12人を含め、21人のPCR検査を施行、結果は一週間ぶりに全員陰性。ほっとした。ゴールデンウィークと第4波がぶつかってしまったため、昨日の県医師会会長会でも、県よりこの期間の発熱患者の受け入れについて県内医療機関に対するアンケート調査結果の報告と医療機関に対する受け入れ要請があった。如何せん、時期が悪すぎると思う。もうすでに医師も職員もゴールデンウィークの予定を決めているころだし、家庭を優先させたいはずだ。急遽決まった補助金の金額も聞いたが、年末年始の1/5。補助金の支出はあらゆる分野に必要なはずで、医療界だけではないことは十分に承知している。しかし、すでに予定がある職員を説得して動員して医療機関を開けたとしても、患者が来るとは限らない。医療機関にとっては経営上のリスクとなるだろう。日本人はまだしも、これが外国人となるとこの期間、発熱して具合が悪くなったときに言語の問題から受け入れ医療機関で適切に診てもらえるだろうか? こんなことを考えるときりがないし、私自身も休みたいが、今週末はどうするか、考えてみたい。県の補助金申請の受付期限はたしか来週の火曜の朝だったはずだ。昨日の外国人受診者は14人、久しぶりに少なかった気がする。
posted by AMDAcenter at 11:58 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月22日

令和3年4月22日木曜

このところ、新型コロナの感染者が急増しているとのニュースが毎日流れているが・・・僕のクリニックで先週の金曜に受診してPCR検査が陽性と判明した人が3人、土曜は2人、月曜が2人、火曜が3人と毎日こんなようすだ。海外渡航のためにPCR検査を受ける方と発熱あるいは濃厚接触でPCR検査を受ける方で月曜は29人の検査、そして火曜は17人の検査。ただし、幸いなことに中等症、重症の人はいない。いたって元気な人もいて、これってほんとに陽性ですか?と尋ねられることもしばしば。外国人患者もこの数の中に含まれている。なにしろ、早くワクチン接種が進むことを願うばかりだが・・・そのワクチン接種は大和市の医療従事者用さえ、明後日の土曜までで900人分が接種終了、県によるとその後はゴールデンウイーク明けまでワクチンが送られてくる可能性はないそうだ。大和市内の医療従事者のうち、少なくとも半数以上の人が一回目の接種さえ受けられず、そのめどさえたたず、医師会のワクチン接種担当では予約を断っている状況だ。これでは5月28日までに全医療従事者の2回目の接種を終えて、全力で一般の方々へのワクチン接種の体制を各市町村で構築し、医師会会員を中心に昼夜を問わずに接種を実践するという厚労省の方針も到底、達成できないだろう。こうして時短要請など負の因子で、個人の経済から国の経済までが疲弊する中で、活性化する起爆剤がワクチン接種のみと言わざるをえない状況でいったい、何を足踏みしているのだろうと思う。アストラゼネカのワクチンも武田モデルナも厚労省に認可申請を出したというニュースを聞いてから久しい。この「戦争」のような状態で、平時の際のことの進め方を踏襲していてはいけないということをぜひわかってほしい。
posted by AMDAcenter at 10:16 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月20日

令和3年4月20日火曜

昨日は午前、午後とPCR検査を行う人が続出。海外へ行くために受けた人が13人、発熱などの症状があるか、または濃厚接触で受けた人が16人、計29人。患者90人中、29人。このところ、急増してきた。金曜は3人、土曜は2人の陽性者がいたので、今日はゼロであってほしい。8時半ごろ、結果がわかってから海外渡航以外の検査を受けた方へ電話、結果をお知らせしなくてはならないから。きょうはこの電話の時間が長くなりそうだ。火曜に検査を行うと休診日の水曜の朝に結果が判明する。土曜に受けると日曜の早朝となり、結果をお知らせするだけではなく、陽性者が出ると保健福祉事務所に発生届を即日、提出しなければならない。おかげで昨年の夏あたりから、水曜の休診日も日曜も欠かさずクリニックに来て仕事をしている。今の調子では来週後半からのゴールデンウィークには年末同様、発熱しても受診する医療機関がなく、困る人たちが大量に出現するだろう。ただ、クリニックを開けたとしても患者が来るという保証、すなわち収入の補償があるわけではない。しかし、スタッフにはゴールデンウィークを出勤してきたとしたら、たとえそれが数時間でもいつものような程度の支払いというわけにはいかない。これを解決するのは政治の力しかないだろう。
 午後7時から大和市内の医療従事者の集団接種の当番。予診票をチェックして1時間で30人ぐらい接種しただろうか、最後はもう一人、隣のブースで接種を担当していた医師とお互いに接種をした。帰宅してから、やはり一日の長い緊張が解けたのか、体の自由が利かないほどの睡魔に襲われて10時ごろ、就寝。今日は接種したあたりが筋肉注射特有のじわっとした痛みというか、重さを感じるだけで体は爽快。
posted by AMDAcenter at 08:13 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月19日

令和3年4月19日月曜

フィリピン人女性61歳、13日の火曜から風邪症状、発熱はなし、非常に元気なのだが、味覚がおかしいと言う。17日の土曜に来院。日頃、高血圧で診ているので、体調的にはいつもと比べて鼻声程度。念のためにPCR検査を行ったところ、陽性だった。昨日の日曜日、彼女のケースを含めてPCRの結果を知らせなければならない人が7名いて、早朝にクリニックにやってきて、全員に電話で結果をお知らせした。ほかに日本人女性で陽性者が一人。ふたりとも濃厚接触者が多そうで頭が痛い。いつまでもぐらのような我慢の生活では精神的に耐えられないだろうし、時短営業がどこまで効果があるのかもわからない。おしゃべりしないで、食べればいいだけなのに・・・飲食店もやってられないだろう。急ぐべきはワクチン接種だろう。大和市でも市立病院ではすでに2回目の接種が終わっており、開業医を含めた医療従事者の接種は15日の木曜から始まった。16日の土曜の午後・夜も行い、いくつかの小さなトラブルを聞いて、昨日の日曜日は会場に行って見学してみた。ワクチン液の保存、希釈、接種記録用紙の配布などややこしい仕事も少なくなく、各医療機関で個別に接種を行っていたら、まちがいがおこりかねないと思った。それにアナフィラキシー ショックなど重大な副作用が万が一、発生してしまった場合の対応も一人ではないから対応しやすい。そういう意味では医療従事者についても集団接種の形を採ったのは正解としていいだろう。困った問題は市民のためのワクチン接種についてだ。大和市は集団接種と個別接種とで行うのだが、集団接種に参加する医師、看護師、薬剤師、事務職に対する報酬金額がいまだに決まらない。数日で完了するものなら、ある程度、ボランタリーでもいいだろうが、この集団接種は11月ごろまで延々と続く。それも平日の夜、土曜、日曜もだ。アナフィラキシー ショックなどが発生した際の責任問題もあり、ハードな仕事だ。市役所側の言い分では「ほかの仕事と比較してバランスが取れていることが必要、だからそんなに高くは払えない」ということらしい。ただ、ワクチン接種は「ほかの仕事」と同じレベルの内容ではない、リスクを背負いながらの仕事だ。大枚を請求しているわけでもなければ期待しているわけでもない。それでも、ワクチン接種を「ほかと同じ」と言われてはかなわない。
posted by AMDAcenter at 09:37 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月17日

令和3年4月17日土曜

大和市医師会でも一昨日から医療従事者向けのワクチン接種が始まった。病院を除いて、原則、医療従事者も集団接種としたのだが・・いろいろと大混乱。県には集団接種をすることで許可をいただいていたはずなのに、直前になり、配送業者から個々の医療機関宛てに
「〇月〇日、ワクチンを〇アンプル届ける予定だが、受け取るか」とのメールが来ており、その取扱いについて医師会に医療機関や医師からの問い合わせが殺到。ここで「受け取る」と答えると、実際にワクチンが届き、自院で個別接種できてしまう。いったん、医師会で集団接種と決めたことだが、個別接種を強く望む医療機関があれば、拒否しろとは言えないだろう。さらに集団接種に踏み切った大きな理由が「連携接種施設Bでは自院の医療従事者への接種が終われば一般の方(はじめは高齢者)の接種を開始してもよいが、連携接種施設Aの医療機関は医療従事者の接種が終わるまで、一般の方(最初は高齢者)の接種を開始してはいけない」という厚労省からの指導があったためなのだが・・・先週の終わりころになり、県から連携接種施設Bにおいても医療従事者の接種が終わらなくても一般の方への接種を始めてくれないかとの打診があった。こんなにころころと肝の部分が変わるのではやってられない。結果だけを見れば会員から不満も出ようが、経過を見ればやむをえない選択をしてきた結果がいまだ。この接種の方法など、きっと全員がもろ手を挙げて賛成できるようなことはないだろう。
 外国人の接種について、昨晩、市のワクチン担当と会議を行っていて重大事に気がついた。
僕が投げかけた質問は・・・ワクチンを接種した場合の費用の請求先はどこになるのか?ということ。答えは大和市に住民票のある方は大和市役所、それ以外の方は国保連合会であって接種を受けた方の住んでいる役所ではないとのこと。僕のクリニックに通院している外国人患者が僕のところで接種を受けたいと希望した場合、僕のパソコンに入っている厚労省のV-sysというシステムから予約した人の分のワクチンを送ってくれるように大和市に頼むことになる。だからワクチンは来る。接種もできる。そして費用の請求は先にも述べたが、大和市の方は大和市、ほかの方は国保連合会に行う。国保連合会ではどうして他の市町村の住民に対して接種を行ったのか、僕に問い合わせをするという。それで患者であるということであれば、厚労省の手引きにあるそうだが、市町村を超えての接種は許可になる。その前に接種を行った人のリストをさきのV-sysで役所に送るそうだが、その被接種者のところに「主治医」とかそういう言葉を入れておけばいいそうだ。拡大解釈すれば言葉がわからない外国人についても同じようなことが言えるかもしれない。
posted by AMDAcenter at 10:07 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年04月16日

令和3年4月16日金曜

またまた困った人がいた。フィリピン人女性46歳、特定健診を午前9時に予約していたのに10時半を過ぎたころに現れた。10時半からは外来診療をいったん止めて、内視鏡検査に入る。その間、15分程度だが、待っている患者にとっては楽しいことではないだろう。そういう中でこれから特定健診をするかどうか、考えたら頭が痛くなった。単純に「たかが1時間半の遅れじゃない、やってあげたら」と結論づけてよいものか・・クリニックにフィリピン人の患者が多いせいか、このところ、マニラ時間で行動するフィリピン人患者が目につく。先日は午前に検査を予約していたのに、午後になってやってきた人もいたし、連絡なく検査の時間に現れなかった人もいた。もし来ないとわかっていたら、ほかの人の検査を哉呈することもできたのにと悔しい思いをした。フィリピンの人たちの仕事や生活を知っているからこそ、少々、時間が遅れても対応してきたが、もしかしたら「遅れてもだいじょうぶ」という悪しき評判が駆け巡っているのかもしれない。我々の仕事にもほかの患者にも与える影響が少なくないので、今回は心を鬼にして特定健診を断ることにした。ただ、「できない」とつっぱねるのではなく、時間を守らなければどういうことがおこるのかを説明して断った。カンボジア人男性36歳、帰国のために来院。予約時に帰国に際してPCR検査が必要ないかどうか、わからないというのでスタッフが自分で調べるようにと話した人だ。以前はカンボジア国籍の人が帰国するにはPCR検査は必要とされなかったが、2月ごろに変更があって必要となったはず。僕自身がカンボジア大使館に電話して確認したのでまちがいない。こういう情報は「あなたまかせ」にするのではなく、自分で調べて来てほしい。
posted by AMDAcenter at 09:30 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)