CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月30日

令和3年1月30日土曜

昨日、海外渡航するための英文書類作成のために必要とされているPCR検査を受けて、陽性と判定されるケースが少なからずあると書いたばかりなのだが・・28日木曜日の午後に友人とやってきた米国人女性40歳、29日の早朝に判明した検査結果は陽性だった。慌てて連絡をしようとカルテを見たところ、見慣れぬタイプの携帯電話番号が書いてあった。たぶん、米国の国番号から書かれたものと判断した。スタッフには事情を話して、本人が現れたらクリニックの中に入らぬよう、見つけ次第、スタッフがドアの外に出て行って僕が説明に行くまで待つように話してもらうことにした。現れたのは11時近く、笑顔でやってきた。フィリピン人スタッフが外に出て行って、彼女に外で待機をするように話してくれた。すぐに彼女のところに行き、検査会社の結果速報がプリントされたファックス用紙を示し、結果が陽性であるので飛行機には乗れないことを伝えた。すると相当に動揺したようで、自分のスマホを取り出し、どこかに連絡しようとしているのだが、指先が震えてうまく操作ができない。まずは飛行機会社に連絡をして明日の便をキャンセルするように指示、無症状なので薬は必要なく、自宅待機するように指示、僕が書いた発生届を地域の保健福祉事務所にファックスで送付するので、連絡を待つように指示、次に検査を受けるべき時期は3週間後、2週間程度では再びPCR検査が陽性に出てしまう可能性が高く、費用に無駄になりかねないと説明した。日本で使っている携帯電話番号を尋ねたところ、日本の携帯電話番号は持っていないとのこと、やむを得ず、発生届の連絡先には彼女の米国の携帯番号を記載し、その旨も追記しておいた。また、彼女の回り、とくに同居している人については感染している可能性があり、保険診療で2000円程度の自己負担でPCR検査を受けることができるので、関係者に伝えてくれるように頼んだ。彼女からは重大な質問が二つ。3週間後では日本滞在の在留資格が切れてしまうと。入管にすぐに電話するように伝えた。自宅待機の彼女自身が入管に出向くことは不可能なので、電話で話し、僕のクリニックで検査を受けたことも伝えるように話した。入管で不振に思ったら、僕に連絡があるだろう。次の質問には驚いた。数日前に自分でPCR検査を受けたが、結果は陰性だったのに、なぜ今回は陽性だったのかという質問だ。解釈は2つ、この数日の間に感染したか、あるいは初めに受けた「自分で受けた」というPCR検査が偽陰性であったのか・・ことだ。市中で安価に行われているPCR検査の特徴なのか、そこはわからないがこういうことがあるのだなと胸に刻んでおいた。思い出したのは3週間ほど前にペルーに行くという日本人の女性のこと。診察室でスマホを取り出し、数日前に受けた市中の唾液採取によるPCR検査の結果が陰性であるという報告を見せてくれ、「搭乗までに時間がない、これで英文の書類を書いてくれ」と強く迫って来た件であった。同じPCR検査でもreal time PCRという方法でなければまちがいなく搭乗できないこと、全ての国で鼻咽頭から検体を採取しての検査が必要とされ、例外的に唾液による検査でもよいという国がある現状、すなわちさらに搭乗できない可能性が高く、なにより自分の医療機関で行ったわけではない、時間的にも「以前」の検査結果を基に英文書類を作成することはできないことを伝えると、「もういいです。ほかにあてがあるからそちらに行きます」と席を立って診察室から出て行ってしまった。あの時、妙な仏心を出して妥協しなくて本当によかったと思った。
posted by AMDAcenter at 10:17 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月29日

令和3年1月29日金曜

パキスタン人男性、1月12日に帰国のためにPCR検査を行ったところ、思いがけなく陽性。いわゆる無症状での陽性。翌日、英文書類を受け取りに早朝にやってきたため、そこで陽性であることを告げ、飛行機には乗れないと話すとしばらく呆然としていた。25日にどうしても帰国したいので再度、PCR検査を受けたいと電話があった。まだ2週間程度しか経過していないので、他人に対する感染力はすでにないとは思うが、検査結果が陽性に出る可能性は極めて高いこと、感染力がなくてもPCR検査が陽性であれば搭乗はできないことを説明した。そしてもう一週間待って検査を受けたほうがよいと勧めたのだが、どうしても帰国したいので検査を受けたいの一点張り。自費になるので勧められないが、本人のたっての希望で受けた。結果は再び陽性。それを電話で告げると声ががっくりとしていた。また来週、受けに来るそうだ。このような海外渡航するという人で書類作成のためにPCR検査を行ったら陽性だったという人がこの数カ月で6人ほど。少ない人数ではない。すべて外国人で日本人はゼロ、やはり狭いアパートで暮らしているとか、そういうことが影響しているのだろうか?ゆえに海外渡航のためのPCR検査検体採取のときにもマスクにフェイスシールド、ゴム手に防御ガウンという重装備で行っている。昨日は午前10時ごろ、クリニックの前に発熱者や中には入りたくないという人など、割とたくさんの人が立っている中、少し離れて毛布をかぶっているフィリピン人女性がいた。発熱は軽度だが、体がだるいとのこと、すでに3日目と言うのでPCR検査ではなく、簡易抗原検査を行ったところ、数分で陽性反応が出た。午後になり彼女から電話があった。こどもが3人いて、1人は月曜から発熱、残る2人は咳、鼻水が昨日から出現とのこと、家庭内クラスターの可能性が高い。検査を受けたほうがよいと話したが、住まいは隣のZ市。車はなく、タクシーには乗れず、電車にも乗れず。フィリピン人のご主人と本人とが自転車に乗り、各々二人のこどもを乗せてくるという。雪も降りだす中、やきもき心配していたら、4時ごろになって一家が現れた。いずれもPCR検査を施行した。
posted by AMDAcenter at 08:57 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月28日

令和3年1月28日木曜

火曜日のこと、ベトナム人5名、会社で新型コロナに罹患した人がいるということでPCR検査を行ってほしいと日本人の男性から電話があった。神奈川県の「濃厚接触者」には該当しないので保険診療では検査ができないことを伝えたが、自費でもよいからというので受け入れた。午後になりそれらしい集団がやってきた。ベトナム人スタッフがやってこない日だったので、ラインで彼女と連絡を取り、スピーカー機能を使って通訳してもらいながら検査を終えた。結果は全員陰性だった。同日にPCR検査を行ったブラジル人女性53歳、勤務している介護施設で陽性者が出たというのだが、こちらは濃厚接触には該当しない。自費になってしまうことを話したが、PCR検査を行ってほしいというので施行した。昨日、水曜の早朝に陰性と結果が出た。伝えるために尋ねておいた携帯番号に電話をしたが、電源が入っていないか、電波の届かないところにいるという音声が流れるだけ。夜に至るまで、「数えきれないほど」電話したが、同じ。休診日にもかかわらず、きっと心配して待っているだろうと外出先にまで電話番号を書いたメモを持って電話しているのに。なんだかがっかり。
きょう、木曜日、早朝に来てカルテを見て電話番号を確認してみたが、まちがってはいなかった。どうなっているのか・・・いよいよ、新型コロナの予防接種のシュミレーションが各地で始まった。接種に関する情報を外国人にどのように伝えるのか、予約システムを利用する地方自治体が多そうとのことだが、この予約システムに外国人は乗れるのか、乗れないのか・・・乗れない人たちはどのように予約を採り、どのように接種するのか。課題は山積みだが、一番の問題はまたぞろ、外国人の存在については忘れてしまっているような雰囲気があることだ。
posted by AMDAcenter at 08:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月26日

令和3年1月26日火曜

午前中、海外渡航のためのPCR検査と英文書類を求める人たちが8人ほど。フィジー人が5人、インド人、ペル―人が1人ずつ、そして日本人女性が1人。カルテを見て、すぐに気がついた。長男の小学校、中学校のクラスメートで、日本女子サッカーがワールドサッカーゲームで優勝したときのメンバーのKさん。明日から米国に渡るそうだ。そういえば米国でプレーしているとなにかで読んだことがある。二人で写真を撮らせてもらって長男にラインで送っておいた。彼女自身はクリニックにやって来て院長の僕の名前を見るまでは元クラスメートの親とは思いもしなかったそうだが、苗字が同じ、名前が一字違いということで、気がついたそうだ。「あのー、〇〇君のお父さんですか?」が最初の一言だった。午後になり、3時から皮下埋め込み型の避妊具の摘出手術の予定が組まれていて、患者がやってきた。名前から中国人か?と思ったが、ミャンマー人だそうで、同国人のご主人が心配そうに付き添ってきた。住所が千葉県の某市になっていた。きっと摘出してくれる医療機関を探して、ようやく僕のクリニックにたどり着いたに違いないと思い、本人に訊ねてみたら、その通りだった。簡単な小外科手術なのにどうして多くの医療機関で対応しようとしないのか、不思議だ。左の上腕に扇形に2本の管が埋め込まれていて、その扇のかなめに局所麻酔をし、切開して摘出するだけ。今回は学生などの講義用に手術のビデオを撮らしてもらおうとご本人にお願いをして許可をもらった。創もいつものように5ミリ程度の切開とした。棒の先端を探り、引き抜こうとするのだが、こういう時に限ってなかなか引き抜けない。挿入して4年半が経過しているそうで、肉芽組織にぐるぐる巻きにされていた。ようやく2本、摘出できたが7分かかってしまった。6-0シグマ針で2針縫合しておいた。ちなみにミャンマーでもこの避妊法が行われているそうだ。
posted by AMDAcenter at 09:26 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月25日

令和3年1月25日月曜

23日の土曜日、患者総数77人で外国人患者は24人、外国人患者が約31%を占めている。診療していて昨年の今ごろより外国人が増えたという感覚は持っていたが。初めてやってくる日本人患者から見ると、クリニックの名称も変わっているが、クリニックの中に入ってみて「やっぱりびっくり」という状態なのではないだろうか。今でも電話をかけてくる患者に「こばやしクリニックさん?」と言われたり、診察中の患者に「こばやしクリニックに来るとね・・」とか「国際」を付けて正式な名称で呼んでくれる方は正直、多くはない。「国際」をつけると呼びにくいのだろうか? 23日は珍しくタイ人患者が3人もいた。高血圧で拝見している74歳の女性、診察室に入ってくるとなにやら香る。かばんの中から取り出してくれたのは彼女が働いている漬物工場で作ったお新香。色からしておいしそう、ありがたくいただいた。隣のA市の特定健診を僕のクリニックで受けたご夫婦、結果を説明したが、何も異状なく、喜んで帰って行った。同じA市の特定健診を受けたいというフィリピン人女性の新患60歳、A市は医療機関が多くはなく、僕のクリニックでも特定健診が受けられるようになっている。本来、特定健診は予約制にしているのだが、このように予約せず、用意のいいことに何も飲まず食わずでやってくる外国人がときどきいる。少々やっかいなのだが、お断りしないようにしている。ベトナム人男性25歳、たまたまやってきた23日はベトナム人スタッフがいてくれる日、おかげで助かった。数カ月前にベトナムを出てくるその前にHIVの検査を受けて陰性だったが、体に湿疹が出てきて、また心配になったとのこと。体に湿疹を探してみたが、見つからない。どうやら冬の日本で乾燥肌になっているようだ。保険診療では検査ができない旨を話し、6000円プラス消費税で即日検査を施行。結果は陰性だった。
 いよいよ来月の半ばか終盤から一般の国民に向けた新型コロナのワクチン接種が始まる。対象年齢は16歳以上だったか、住民基本台帳に掲載されている外国人も無料なのだが、問題は外国人が取り残されやしないか心配だということ。医師会と大和市とで先週、話し合ったが、市の説明はどこでいつ接種を受けるなどというのは住民がアプリを使って登録するらしい。アプリを使えない人たちはどうするのかと訊ねたら、「そういう人たちは役所で直接、電話を受ける」ということだった。では日本語が話せない外国人はどうするのか?と訊ねたら、ちょっと困った顔で返答がなかった。これではAMDA国際医療情報センターに問い合わせしてくる外国人からのコールが一時的に殺到するのではないかと心配になる。毎度毎度、新たなしくみをつくると同じことがおこる。ワンストップ窓口など、どのように機能しているのだろうか?
posted by AMDAcenter at 07:48 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月23日

令和3年1月23日土曜

また飛行機が飛ぶらしい。なぜわかるかというと、突然、同じ方面行の人たちから海外渡航のためのPCR検査と英文書類作成の依頼の電話が「殺到する」というほどでもないが、「電話が鳴りやまない状況」になるからである。会社で出張、赴任という方は会社にお任せ、会社が予約を取ってくれたからとやってきて、とくに問題もなく、出国していくのだが・・・個人で帰国するという海外出身の方はとくに書類について心配になる傾向が強い。たしかに大使館によっては、その国の中の新型コロナの感染状況によってさまざまな入国制限を行う。その変更も「ある日突然」「即日施行」となり、そのために飛行機に乗れない方は高い費用を支払って検査を受け、書類を作成してのことなので気の毒としか言いようがない。そんなことがあるせいかもしれないが、うんざりするほど書類について質問、あるいは「このように書いてくれ」と注文をつける人がいてげんなりする。渡航医学会のメンバーが共通に使用している様式で、さらに医師のサイン以外、すべてプリントしたものでなければだめとか、医師のサインは黒ではなく、色を変えなければだめとか、入国後の隔離のためのホテルの名前と住所を別の様式に記入しなければだめとか、外国人にはPCR検査は必要だが、自国籍の人にはPCR検査を求めていないとか、そういう違いは常に把握はしている。これで今まで搭乗できなかった人はいませんと説明してもなかなか納得してくれず、電話を何度もかけてくる方や来院して書類作成の段階で押し問答になったりすることもあり、難儀する。昨日はスリランカ、ペルー、インドネシアに帰国する人たちがやってきた。いつまでこのようなことが続くのだろうか? WHOは予防接種を受けたか受けないかを海外渡航の条件にしないようにと声明を出している。いや、条件にするのがふつうだろう。感染のリスクが低いという点ではまちがいないのだから。
posted by AMDAcenter at 08:49 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月22日

令和3年1月22日金曜

この11年、医師、歯科医師の仲間とタイの看護大学の学生に奨学金を出している。対象は国立の某看護大学の学生3人または4人で在学中に親を亡くしたり、両親の離婚などの理由で授業料の支払いが困難になった学生を大学側から紹介してもらい、学生には現地で直接、お金を手渡すようにしていた。そもそも、この国立大学の看護学部と我々を結んでくれたのは2年前に急逝した僕の大の長年の親友、ワンチャイ医師だ。彼には今でも感謝の言葉が見つけられない。国はちがっても次の世代の医療従事者が育っていく手伝いができるのは幸せなことだ。奨学金を渡した学生の中には、卒業後、さらに学んで現在、同大学のテーチング・スタッフになっている人もいる。毎年、9月に奨学金授与のために同大学を訪れるのだが、昨年は新型コロナの影響で渡航することができず、奨学金も渡せぬままだった。先方の大学から何か言ってくるかと思ってはいたが、お金を送るという行為だけになった場合の意義を心配し、こちらからアプローチはしなかったが・・・数日前、校長からラインでメッセージが届いた。タイでも今回のコロナ騒ぎで、経済状況が悪化、数人の学生は相当深刻な状況にあるという。仲間と相談し、3年生で昨年まで支えた2人の学生を含む4人の学生には彼女たちの個人口座に直接、送金することにした。奨学金で卒業した元学生がときどき、FACE BOOK等で近況を教えてくれる。暖かな気持ちになる。
posted by AMDAcenter at 13:26 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月21日

令和3年1月21日木曜

アメリカ人女性、精神疾患有り、内服治療中。朝から気持ちが悪く吐いたとのこと、こちらの治療のことかと思ったが、そうではなかった。以前と同じ血圧の薬が欲しいと言う。ときどき160ぐらいになるとのこと。血圧測定してみると132/80、まったく正常。降圧剤を処方していて血圧が下がり、中止。この4カ月ぐらい、内服していない。測定値を知らせ、降圧剤は必要ないと伝えたところ、泣き出してしまい、こちらの言うことに耳を貸してくれるような状態ではなくなってしまった。以前と同じ薬といえば、アムロジピン5mgとビソプロロール5mgの併用だ。降圧効果は相当に強いはず。再開すれば、以前、中止したときと同じようにめまいが出現する可能性が高い。この点を説明するが、自分の主張をして泣くばかりで話が進まない。とうとう根負けしてアムロジピンの2.5mgだけ処方した。最初に通院しはじめたときのように興奮し、目をむいて怒りの感情を爆発させるというようなことはなくなったが、時間はかかるし、こちらが怒ってはいけないし・・やりにくい。
posted by AMDAcenter at 09:20 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月19日

令和3年1月19日火曜

海外へ帰国する人の波も明らかに減って来た。そうだろう、今、帰国すると当面は日本に入国できなくなってしまうから。それに比べると、このような中でも企業から派遣されて海外へ赴任する人たちの波は止まらない。昨日も5人の方がPCRの検査を受けて、今日の朝、英文書類を受け取ることになっている。ほとんどの方は短期の出張ではなく、赴任という名前の長期の出張。相手国に入ってから2週間の隔離をされる場合も多く、我慢較べのような赴任だ。年末年始に味わったような外国人のコミュニティの新型コロナのクラスターもなく、テレビ等の報道と異なり、少し、落ち着いてきた印象が強い。12月の初めに初診でやってきたネパール人男性、降圧剤のため、血圧が極めて良好に保たれている。ここで内服を中止してしまうと元の木阿弥になってしまうので、再度一カ月分処方。食事をしてこなかったと言うので、血液検査を行った。
posted by AMDAcenter at 08:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2021年01月18日

令和3年1月18日月曜

南隣のF市からやってきたフィリピン人男性41歳、両足関節、両手関節に疼痛があると来院。フィリピン人スタッフが来院内容を尋ねて教えてくれた。11月ごろから両手関節、両足関節に痛みがあり、とくに両足関節の痛みについては歩けないほどだという。この時点で整形外科を受診すべきと思ったが、遠方から電車でやってきたのに追い返すと思われるような真似はできないと拝見することにした。診察室までは「普通に」歩いてきた。外見上はとくに異常はなく、仕事の関係から来た症状かと思ったが、やはり整形外科で診てもらうべきと判断、フィリピン人スタッフ経由で本人にその旨を伝えた。時間はすでに土曜の12時半を過ぎていたが、懇意にしている近くの整形外科医に電話したところ、すぐに診てくれるということなので、行ってもらった。こういうとき、診察費をいただくかどうか、迷う。本来はいただくべきなのだろうが、いただいたことがない。受診カードとカルテを作成するのに300円かかるので、その分だけいただいておいた。1月に入り、多忙を極め、診察以外に手がなかなかまわらず、きのう17日の日曜日にクリニックにやってきてようやく先月の外国人患者のデーターの集計を終えた。クリスマスや新年を控え、海外に帰国する人が多かったためか、21日間診療し、新規外国人患者88人、延べ外国人受診者371人と過去31年間でもっとも多い人数だった。国籍も95か国となった。
posted by AMDAcenter at 09:03 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)