CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月31日

令和2年12月31日木曜

30日の診療、午前9時から午後1時の結果は・・・患者総数12名、うち新型コロナ検査施行は10名、PCR検査が9名で簡易抗原検査が1名、PCR検査9名のうち、海外渡航が6名、有症状者が3名で全員が県の発熱外来からの受け入れ依頼者。簡易抗原検査の1名も有症状者で結果は陰性、インフルも陰性、右の耳下腺から頸部の腫れを考えると、いわゆるおたふくかぜではないかと思った。外国人は4人、海外渡航の6人のうちの3人。バングラデシュに帰国する青年と夫婦でパラグァイに帰国する2人。パラグァイに帰国する2人はほとんど日本語が話せず。ブローカーっぽい日系人の若くはない男性がついてきたが・・・明日帰るので検査してほしいと電話がかかってきたのが、11時半すぎ。どこにいるのかと尋ねると隣のF市だという。海外渡航の方には10時までに来てくれるよう、予約の段階で話してあるのだが、「飛び込み」なので話せていない。検査会社がPCR検査の検体を受け取りに来るのが12時半の約束。フライトは明日の午後だということで、12時半までに検体を提出しないと明日の朝までに文書の作成もできない・・・ということは搭乗できないことになる。やきもきしているうちにそれらしい3人がやってきた。見るとあかちゃん連れ。あかちゃんにはPCR検査と書類はいらないのか?と尋ねてくる。こういうことは国ごとに異なるので、大使館に事前に連絡して確認してくれないとこちらではわからないと話す。するとあかちゃんには何もいらない、だいじょうぶ、そうじゃない?とブローカー的男性が言う。だからそれはこちらではわからないってと話す。PCR検査が不要でFIT TO FLYの書類は必要なのか、それとも両方不要なのかがわからない。言われるがままに両親の検査だけ行った。ここでまた問題、父親のほうがパスポートを持ってきていない。内容だけ記載しておくので、明日見せてくれたら転記するからと話した。さらに問題が・・・費用を持ってきていないとのこと。やむをえず、ATMに行ってもらい、帰ってくるまで待つことにした。県の発熱センターからの紹介患者の一人がフィリピン人、発熱センターには代理の人間が電話したらしく、同センターからは「日本語はだめ、英語も片言、タガログ語しか話せない人を受け入れてくれるか?」と言われた。もちろんOK。それらしい人物からその直後にクリニックに電話があり、フィリピン人スタッフがタガログ語で対応、車でやってきた。クリニックの前に停めてもらい、発熱している女性の鼻咽頭から検体採取。車内にはご主人らしいフィリピン人にお子さんが二人。あれでは母親が陽性なら全員感染しているだろう。生理の直前の下腹痛がひどくなってきたというフィリピン人女性を市内の女性婦人科医師に紹介した返事が返って来た。やはり疑い通り、大きな卵巣嚢腫と子宮内膜症とのこと、年明けに近くの公立病院を受診するように紹介状を書いたとの記載があった。強く子宮内膜症を疑ったのだが、性行為のときに痛みがひどいか?という質問をすべきところ、できなかった。その理由はフィリピン人女性のほとんどはカソリックのクリスチャンであり、そういう質問を医師である僕とふたりきりではなく、同じフィリピン人女性であるスタッフと看護師の前で受け、回答を迫られることは彼女にとってきっと恥辱にちがいないと僕が先回りして考えたからだ。人払いをして質問したかったのだが、英語がいまいちでフィリピン人スタッフの力を借りなければ意思疎通がむずかしかったから。医師としては失格かもしれない。
posted by AMDAcenter at 10:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月30日

令和2年12月30日水曜

新型コロナのPCR検査を行った中国人男性、陰性だった。よかった。月曜に帰国のためにPCR検査を行って陰性を確認して英文の書類をしたためたパキスタン人が4人、二人ずつが友人で2人は午前9時に書類を受け取りにやってきた。フライトはドバイ経由で夜とのこと、できるだけ早く受け取って成田に移動したいと言っていた。残る2人がなかなかやってこない。前日、9時から10時の間に来てほしいと話していたのに・・・29日は午後1時までしか診療していない。いつものように午後5時と誤解し、1時以後に来るのではないかと心配になった。彼らが来るまでクリニックの中で待つなどというサービスは考えていないし。そうなると最悪、渡すことができなくなり、飛行機の搭乗できなくなってしまう。やむをえず、こちらから彼らのうちの一人の携帯番号に電話して、早く受け取りに来るよう、促すことにした。フィリピン人スタッフが電話したところ、「一人は帰国するが、もう一人は個人的に理由で帰国しない」と言っていると教えてくれた。個人的な理由で帰国しないとは・・・その彼は前日、唯一、パスポートを持って来なかった人物で・・・なにやらそれが帰国しなくなったことに絡んでいるような気がした。驚いたことにしばらくして二人分の書類を受け取りに現れたのは「帰国しなくなった」と話した男性の方であった。よくわからないことだらけ。午後1時で終了なのに15分ほど前に胃が痛いという米国人が横浜市戸塚区からやってきた。こんなに遠くまで来なくても、ほかに診てくれるところがあるはずなのに・・胃が痛かったのは数日前、それがしだいに右下腹部に限局してきているという。急性虫垂炎の経過とよく似ている。急性虫垂炎で痛くなる典型的な部位を押してみたが、痛みではなく不快感だとのこと。白血球数は8000台、CRPは3.2、以上から急性虫垂炎を否定できず、抗生剤を処方した。経過を見ようにも遠方すぎる。やってくるのに時間がかかるし、痛みが強くなれば来院自体、無理だろう。だからこそ、いつも言っているが、外国人も地域の中で診てほしい。
posted by AMDAcenter at 08:48 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月29日

令和2年12月29日火曜

28日から外国人の新たな入国は全面禁止となり、帰国する日本人についても自主的な隔離ではなく、再度14日間の隔離を義務付ける、ただし新型コロナの感染が大きな流行とはなっていない11か国とのビジネス渡航は続ける・・・という政府の方針が突然26日に発表された。年末年始、海外に行く人、海外に帰国する人からのPCR検査と英文書類の作成の予約を多数受けていたが、これで変わる、具体的にいうと予約キャンセルの電話が殺到するかと思っていたら、昨日28日にはそのようなキャンセルに関する電話は一件もなかった。
28日に新型コロナに関する検査を行ったのは24人、半分の12人が海外渡航のため、残る半分の12人は発熱等新型コロナを疑ったため。その中には外国人も含まれている。テレビを見ていたら、英国の変異株、南アの変異株が国内でも見つかったとのニュースがおどろおどろしいバックミュージックとともに流されていた。昨日の最後に診察した40代の日本人女性が、コロナが怖くて家から出られない、土曜日に僕のクリニックの前まで来たが人が多くて帰ったと話してくれた。怯えて生活にも支障が出ている患者、うつ状態に陥っている患者は彼女だけではない。変異株が本当にそんなに危険なものなのか、報道は客観的データーをベースに話されなければいけないと思うが、言論の自由とはいえ、お茶の間的バラエティ的報道番組の枠組みの中で芸能人や司会者が感覚的に話すことではないだろう。
 今日から1月3日まで9時〜13時でがんばるつもり。
posted by AMDAcenter at 09:38 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月28日

令和2年12月28日月曜

28日から海外との行き来の門が再び、狭くなることになった。新型コロナウィルス変異株の発生とイギリスからの帰国の日本人の中にこの変異株の罹患者がいたということが、今回の措置の引き金になったのだろうと推察する。その一人はパイロットだそうだ。よくよく考えてみると我々医療従事者はいつも感染の最前線に置かれていると思うし、世間もそう思ってくれている。しかし、海外を結ぶ飛行機のパイロットやCAなどの搭乗員もそういう国に行き、トンボ帰りではなく、一日ぐらい休息して帰るのであろうから感染のリスクにさらされるわけだ。気の毒に・・・というより、互いに仕事を無事に粛々と終えることができるように祈りたい。発熱患者の受け入れと海外に行く人のPCR検査と英文診断書作成の受け入れもあり、29日から1月3日までの年末年始、クリニックをあけることにした。日によってはすでに10人近い渡航者の予約が入っているが、これで一変するだろう。また経済活動がダウンすることが懸念される。だからこそ新型コロナのワクチン接種を急いでほしい。感染者の数は急増し、受け入れ病院は満杯になりつつあり、医療が崩壊しそうだと騒いでいるが、それなら多少のリスクがあっても早急に接種に乗り出すべきだろう。日本人のワクチン接種に関する感覚はなにかおかしい。どんなワクチンでも副作用はゼロではない、どんなに気をつけていても副作用がおきないということはないが、接種部位が赤く腫れ上がりましたという程度の副作用とアナフィラキシーショックなど命に影響するような副作用を同列に論じることは変だ。今、社会が危機に瀕している。新型コロナに感染して亡くなるというリスクと入院して長期に社会的生活から離脱するための経済的リスク、客が来ない、飛行機に乗らない、倒産するなどの商業に係る財政的リスクだ。社会の安定を揺るがし、治安さえ悪くなるかもしれない。これらのリスクを早く解消するため、社会を救うためには今はもはや一日でも早くワクチン接種開始を急ぐことしかないだろう。人の命が大切なことは医師という仕事をしてきてよくよくわかっているつもりだ。しかし、社会全体を救おうとすれば、アナフィラキシーショックによる死亡と感染による重篤化そして死亡とどちらの率が高いのか、人数が多いのかをクールに考えて判断しないと社会を救うことはできない。それはもはや医学ではなく、政治の世界の話になる。「慎重に」とか「よくよく精査して」とか「検証して」などと時間をかける意味がどこにあるのだろう。すでに欧米では接種が始まっており、国や民族が異なっても副作用のデーターはすでに集積されているはずだ。先日、直接会話したある立場にいる方は「日本人はワクチンの副作用についてはうるさいので・・・」と話していた。子宮頸がんワクチン導入のころのことを念頭に置いているのだろうが、一部の人から雑言を浴びせられても信念を持って、国と国民を救うために戦う政治家、専門家がこの国にはいないのか?
posted by AMDAcenter at 09:03 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月26日

令和2年12月26日土曜

午後になり、鼻水があり、咳があるという女性がドアの前に来ているとスタッフから連絡があった。名前は日本名だとのことだが、外国人らしいとのこと、国籍を尋ねてもらうとベトナム人だった。問診票はスタッフが聴き取ってなんとか作成した。44歳という年齢と姓名が日本名であることを考えると、インドシナ難民として日本にやってきた子孫か、インドシナ難民の子弟と結婚して日本にやってきた人ということになるのだが、日本に帰化したということをあまりにも日本語がわからなすぎる。発熱はないが、喉の痛みと鼻水があるという。発熱がなくても新型コロナは否定できないため、クリニックの外でPCR検査を鼻咽頭から検体採取して施行した。帰化して同じ苗字を名乗っているベトナム育ちの中国系カンボジア人の一族が僕の長年の患者にいるので、彼らの一族か?と思って訊ねてみたが、まったく知らないとのことだった。結果は翌日であるきょう26日土曜の早朝に判明する。たまたま今日はベトナム人スタッフのやってくる日なので、彼女に助けてもらって診療しようと思う。昨晩は夜7時から市役所の担当課と新型コロナの予防接種の具体的進め方について第一回目の協議を行った。市役所の説明は18日の厚労省からの説明に関する「説明」であるが、わかったことがいくつかあった。まず第一にこの予防接種は二階建て構造というか、医療職に対する予防接種とそれ以外の人に対する予防接種の二つに大きく分けられるということ。医療職に対する予防接種は早ければ2月中旬か後半に開始され、そのワクチンは現状で認可申請が出ているファイザー製となること。21日間隔で2回筋肉注射を行うとのことだった。ファイザー製ワクチンは−70度で保管され、常温に戻してからさらに生食で希釈する?というひと手間があるため、クリニックでは自分のところで行うのはむずかしく、近くの大きな病院に行って接種を受けるという形になる可能性が高い。医療職以外の人に対する接種は3月に入ってから開始となり、接種受診券が原則、住民基本台帳に記載した住所に送られてくるそうだ。ワクチンはファイザー製が6000万人分、アストラゼネカ製が6000万人分、武田―モデルナ製が2000万人分確保してあるそうで、日本に住んでいる全員が同じ会社のワクチンを接種することができず、したがってどこの市町村でどこのワクチンを使うかは厚労省が決定するとのことだった。ファイザー製以外は現在、厚労省に認可申請が出ていない状態なので、先にも述べた如く、医療従事者向けの接種はファイザー製にならざるをえないということだ。一般の方への接種の方法には医療機関で行う個別接種と行政の施設などに人々に来てもらって行う集団接種の二つがあるが、接種開始となったら一刻も早くたくさんの人々に接種を行わなければならないという観点から個別接種と集団接種を同時に行わなければならないだろう。大和市医師会としても1月初頭の理事会で集団接種について説明、まだその先が何も見えない中でも集団接種を何曜日のどの時間に行うか、そして3月第一週ぐらいを想定して担当する医師と看護師を決める作業を開始しなければならないだろう。こういう準備をしておかないともう間に合わなくなる可能性が高い。
posted by AMDAcenter at 09:02 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月25日

令和2年12月25日金曜

午前中、胃が痛いというナイジェリア人男性の内視鏡検査が入っていた。狭心症でアスピリンを内服していたので、アスピリンの副作用の胃潰瘍かと心配し、数日前にアスピリンの内服は止めてもらっていた。内視鏡室のベッドの上に横たわってひときわ大きく見える彼の体を見つつ・・・挿入時に暴れたら大変なことになるなと思っていたが、あっけなく挿入、あっけなく終わった。とくに胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの疾患はなく、ピロリ菌が陽性だったので除菌療法を一週間処方した。午後になって先日、帰国のためのPCR検査を受けてその帰りに在留カードが入った財布をなくしてしまい・・・入管に行って再発行を余儀なくされてそのために予約していた飛行機に乗れなかった22歳のナイジェリア人男性が再びやってきた。新たに飛行機を予約したが、お金がカツカツだと聞いていた。PCR検査と英文書類がなければいくら予約をしても飛行機には乗れない。事情が事情だけに再度28470円をもらうのは忍びなく、検査会社に交渉、僕の文書作成代は受け取らず、なんとか15000円で済ませることができた。これはあくまで特殊例。ただ渡航国の大使館からの渡航条件が一晩で変更されるなどということが今までにも何回もあり・・・こういう狭間に以前の条件で渡航手続きを行っていた人は犠牲者となって渡航できなくなり、再度、条件に合わせてPCR検査や英文書類を用意しなければならなくなる。これはご本人たちのせいでもなく、もちろん私のせいではなく・・気の毒としか言いようがない。昼休みにオリエンタルランドから大きな郵便物が届いた。あけてみるとデェズニーのカレンダーが入っていた。小さな紙に文が添えられていて、先月、皮下埋め込み型の避妊具を摘出したことへのお礼の言葉が書いてあった。あのほっそりとしてディズニーのキャラクターのような若い女性二人はそのものずばりだったとわかった。きっとディズニーランドの中の催しで、舞台の上で笑顔でお客さんに手を振っているような人たちなのだろう。
posted by AMDAcenter at 08:53 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月24日

令和2年12月24日木曜

先週、PCR検査で新型コロナと診断されたフィリピン人の孫娘と祖母、最初に感染が判明したのは孫娘だった。症状は軽度の発熱と軽度の咳や痰、重症感は全くなかったので軽症は判断し、保健福祉事務所に報告した。1日半遅れて発熱した祖母、症状は孫娘とほぼ同じ。彼女は日ごろから糖尿病と高血圧で通院しており、なかなか思ったように通院してくれないせいか、糖尿病のコントロールがいまいちだった。一昨日、クリニックのフィリピン人スタッフから聞いた話では肺炎となり、某公立病院に入院しているとのことだった。やはり糖尿病など感染症に弱い基礎疾患があるとこういうことになってしまうらしい。元気になるように祈りたいが、現在、通院している外国人患者には疾患をコントロールするためにキチンと通院してほしい。ベトナム人の留学生27歳、半年ぐらい通院してくれているだろうか、ようやく彼女の性格もよくわかってきた。過敏性腸症候群や自律神経失調症を強く疑うような症状も理解できるようになってきた。最近は診察していても、ようやく控えめな笑顔が見えるようになってきた。こちらはほっと一息。
posted by AMDAcenter at 09:28 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月22日

令和2年12月22日火曜

昨日も帰国のためにPCR検査と英文書類を求めて訪れた外国人が5人、国籍はパキスタン人、タンザニア人、インドネシア人、タイ人、ペル―人。彼らにどうして僕のクリニックにやってきたのかを尋ねてみた。すると、5人中5人が友達、知り合いに聞いてやってきたとのこと。その友達、知り合いというのも全員、日本人ではなく、同国人だった。各国の大使館では搭乗と入国のためのPCR検査と英文書類を書く医療機関を指定していて、中国やハワイ州のように独自に指定している国、地域もあるが、それ以外はもともとは日本渡航医学会が認定した医療機関、ビジネス渡航が始まってからは前者を中心に経産省が認定した医療機関となっている。その医療機関リストは経産省TeCOTを見ればわかる。僕のクリニックもその一つである。経産省TeCOTに掲載されていない医療機関でPCR検査を受けて、たとえ定められたフォームの書類を作成してもそれでは飛行機の搭乗することができない。僕が知りたかったのは上記の5人がこういう事情を知ったうえで、僕のクリニックを訪れたのかどうかということなのだが・・・・結論から言うとそうではなかった。ただ日ごろ、外国人を受け入れているからとか、友達に聞いたからということでやってきたのだ。たまたまTeCOTに掲載されている医療機関だからよかったが、そういうことは調べないでやってくるのだろうか? 僕のリスク管理からは考えにくいが。困ったことに、各国大使館が求める条件や内容が突然変更になり、依頼者からの情報提供や大使館ホームページや日本渡航医学会のメーリングリストなどまめに見ていなければ気がつかずに、3万円近くの費用をいだきながら、依頼者が空港で搭乗できずに立往生することにもなりかねず、神経をすり減らす。たとえばカンボジアに入国するカンボジア国籍の人はPCR検査は不要で、搭乗72時間以内に作成した英文書類は医師のサイン以外はプリントしたものでなければならない。カンボジアに入国する外国籍の人については搭乗72時間以内のPCR検査が必要で、英文書類は医師のサイン以外はプリントしたものでなければいけない。タイに入国するタイ人は搭乗72時間以内に作成した英文健康診断書が必要でPCR検査は不要、医師のサイン以外はプリントされたものでなければだめ。タイに入国する外国籍の人は搭乗72時間以内におこなったPCR検査の結果を含めた英文書類を作成、それは定められたフォームに手書きでもかまわない。さらに入国後14日間隔離されるホテルを英文で記載した用紙も必要とされている。韓国は韓国籍および韓国に居住している外国籍の人が入国するに際してはPCR検査は必要なく、入国72時間以内に作成された既定のフォームの英文の書類だけでOK、韓国に居住していない外国籍の人が入国するには入国72時間以内のPCR検査の結果について検査から24時間以内に発行された英文診断書と英文文書を48時間以内に大使館または領事館に届け、それから航空券が手配できるしくみに、つい数日前に変更になった。こういう変更がある日突然行われ、即日施行される国もある。ついていくのが大変だ。多くの人は自分が目指す国の入国条件について調べてきてくれるが、電話での問い合わせについてはあなたまかせで、逆にこちらから情報を聞きたいという人もいて苦労する。
posted by AMDAcenter at 08:39 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月21日

令和2年12月21日月曜

このところ、海外に帰国するために訪れる外国人が多く、開業以来記録している新規患者の国籍や居住地のデーターも「病気で受診する」ということと意味が異なっているために、あやふやなものになってしまった。具体的にいうと訪れる人たちの居住地が神奈川県県央地域がメインであったものが横浜全域、川崎全域、さらに東京都在住の方が多くなっている。中にはこれらの人々を連れて来た外国人がその後、受診するなどという例もある。とくにナイジェリア、ガーナ、タンザニア、セネガルなどのアフリカ出身者の帰国のための検査がここのところ、極めて目立つ。たぶん、彼らのコミュニティの中で僕のクリニックの情報が広がっているのだろう。体が大きくて一見すると怖そうな彼らだが、なかなかいい連中だ。気がついたらクリニックの中で日本人の高齢者の人たちと互いに笑って話し合っている。そんな光景を見ていると、ああこのクリニックを開いてよかったとつくづく思う。
posted by AMDAcenter at 09:33 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年12月19日

令和2年12月19日土曜

12月15日に帰国のためのPCR検査を受け、16日に英文書類とともに受け取りにやってきたフィジー人4人組、17日にソウル経由、ウェリントン経由で帰国したはずのなのに・・・そのうちの一人から電話がかかって来た。フィリピン人スタッフが僕の診察室で電話を受けたので、彼女の話から乗れなかったとわかった。こういう時、心臓の動悸が止まらない。僕の書いた書類に不備があり、乗れなかったとしたらそれは僕の責任だ。滞在費や次の便の費用まで補償しなければならない。幸い、このような帰国の書類を書き始めて5カ月になるが、過去には一件たりともそういうミスはない。看護師がフィリピン人スタッフと話し合っているのが聞こえたその中で「ハリケーン」という単語が耳に入った。詳細はこうだ。成田からソウルは乗れる。ソウルからウェリントンも乗れるらしいが、ウェリントンからフィジーのナンディに行く飛行機がハリケーンで欠航になり、成田で搭乗をあきらめたとのことだった。そして次の便に振り替えたところ、搭乗が今日土曜の夕方ということで英文書類やPCR検査はこのままでいいだろうか?という問い合わせだった。いいかどうかは僕のクリニックが決める問題ではなく、航空会社側の問題なのでそこで航空会社に尋ねてみては・・と答えたら、いったん電話は切れたが、再度かかってきてやはりだめという返事だった。当たり前だが、そうだろう。PCR検査を昨日の夕方5時までに受けてもらえないと書類が間に合わないと話すと午後3時までには行くが費用は前回と同じか?安くはならないかと尋ねたと聞いた。そうだろう、僕のクリニックのPCR検査と英文書類の作成が税込み28470円で他の医療機関に比較して1万円か2万円近く安いことは知っている。それでも2回支払うとなったら僕でも考え込んでしまう。なにしろ早く来いと伝えてもらって、いろいろと考えてみた。今回の件は彼らが悪いわけではない。天災によるものだ。費用のことは話さなかった。彼らは再度28470円を支払うつもりでやってきた。今回は一人が帰国をあきらめ、3人。3人のPCR検査が終了していよいよ費用を請求するときになり、考えてみた。PCR検査については検査会社に費用を支払わねばならないので安くはできない。ただ、僕が英文書類を作成する費用については僕がボランタリーに徹すればクリニックに赤字をもたらすということではないので、その分、1人5千円を安くして、23470円の請求とした。受付のスタッフの話では金額を聞いて嬉しそうにありがとうと言ってくれたそうだ。今度は無事に帰国できますように。
posted by AMDAcenter at 09:59 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)