CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月31日

令和2年1月31日金曜

フィリピン人女性53歳、ダブルワークをしている。常勤の仕事の休日はアルバイトに励んでいるそうで、「こどものころから働いていた」そうだ。働き方改革に逆行するような生き方だが、「そろそろ働くのも疲れた。引退したら寒いところにいるのはいやだ、暖かいところに帰りたい」と話していた。韓国人女性55歳、ご主人といっしょにハワイに行き、数日前に帰国したそうだ。症状はのどの痛みと37.2度程度の発熱。インフルエンザの予防接種を受けているので、念のためにインフルエンザの検査をしたが陰性。これでよかったはずなのだが、浮かない顔。理由を訊ねると、「ハワイにもたくさんの中国人客がいて、いま中国で流行っているウィルスにかかっているんじゃないかと心配してる」と教えてくれた。「さっきの検査でそれもわかるの?」と言うので、インフルの検査だけと話し、今の症状や状況から新型コロナウィルスの検査は必要ないと告げた。モンゴル人女性21歳、留学生。保健福祉事務所からの紹介状を持っていた。食品関係のアルバイト先の便培養検査でO-128が検出されたが、訪れた医療機関で抗生剤の処方をお願いしたら断られ、学校の先生に付き添われて保健福祉事務所にやってきたとのことだった。同所としては現在の食品関係のアルバイトに行ってはいけないと法に則って就業制限をかけたいらしいのだが、聞き入れないとのこと、そうだろうと思う。たぶん、生活費のほとんどをアルバイトで稼いでいて、そうそう、アルバイトをチェンジできない状況なのだろう。日本語力に問題があり、英語は通じず、難儀した。再度、便培養をさせてもらい、菌の検出だけでなく、抗生剤の感受試験を経ないと、どのような抗生剤の内服が効果的なのかがわからないということをどうにか声明して、一週間後に来院してもらうことになった。
posted by AMDAcenter at 11:12 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月30日

令和2年1月30日木曜

毎日、武漢からの新型コロナウィルスによる新型肺炎で大騒動になっている。大阪や奈良では武漢からの中国人ツアーのバス運転手やバスガイドに感染していたとのことで、もはや「武漢からの旅行者や帰国者」ばかり念頭において調べることで防ぐことができる状態ではないように思えてならない。一昨日から検査が必要かもしれない人が出現した場合に備えて、郡市医師会長として地域の公立病院との折衝を行ってきた。夜間においても現在の市内の内科2次救急体制を無視して、この公立病院で受け入れてもらうことし、会員の医療機関にお知らせのファックスを打った。僕のクリニックなど、そういう患者が実際に訪れかねない。この新型肺炎に対する対策を当初から読んでみると、人類の存亡に影響を与えかねないパンデミックとはこのように発生し、野火のごとく広がる、そんな典型例を見ているようだ。水際作戦もこんなに脆弱ということだ。なにより、この新型肺炎の「はじめの一歩」がどうだったのか、検証を待ちたいが、かの国の政府のこと、きっと真相は闇に包まれたままになるにちがいない。
posted by AMDAcenter at 15:57 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月28日

平成24年10月20日土曜

土曜としては比較的すいていた珍しい日。ペルー人男性38歳、腹痛で来院。隣の相模原市の国民健康保険を提示したが、期限が切れていることに受付の職員が気がついた。いまは座間市にいて座間市の国民健康保険に入ったばかりでまだ保険証がないと言う。土曜日で役所が休みで確認がとれないうえにこの2年近く来院していない。たとえば先月も来ているのであればある程度推察もできるが、それもできない。こうなると一時的に自費で払ってもらうしかない。今回は診察前に気がついたが、診察後にこういう事態に気がつくとやっかいだ。診察してしまっているので「自費ではらってもらえなければ診察しない」と言ってもあとの祭りだがからだ。実際に有効期限が切れた保険証を使う外国人も日本人もいて医療機関も防御のために一時的な自費立て替えをお願いするしかない。国保3割負担でたとえば自己負担3千円というと総額1万円ということになるが、自費診療の場合、医療機関によりもちろん総額そのものが異なる。僕のクリニックのように自費診療が保険10割なら総額1万円でいいが、関東地方のほとんどの市町村自治体立病院の場合、条例でなぜか15割と定められている。関西も日本全国も同じかもしれないが。このこと自体は違法ではもちろんないが、こうなると総額は1万5千円となる。そうなると当日自費で全額を支払えと言われても払えない人もいるかもしれない。もちろん保険証が確認できたら返金するが。けっきょく自費で診察した。5年前に胆石症でペルーで手術、どうやら癒着性のイレウスの疑いがある。投薬して食事の話をして様子を見ることにした。フィリピン人男性、電話で胃がん健診の申し込み。通常、一度来院して問診表を書いてもらうのだが、忙しいらしく、やむをえず電話で受けた。フィリピン人女性50歳、血液検査の結果とがん検診フルコース、こちらもがん検診の予約は入っていなかったが、肺がん検診、乳がん検診などできるものだけ行って胃がん検診は予約を入れた。中性脂肪が高くフィリピンからスタチン製剤を内服していたが、こちらは血液検査結果も正常範囲ぎりぎりだった。困ったのは抗結集板剤であるプレタールも処方されていたこと。公的保険診療ではないフィリピンでは医師が自分の考えで薬剤を選択し処方できる。このケースも中性脂肪が高いので将来的な脳梗塞の予防の意味合いからプレタールを処方したのだろう。しかし日本の公的保険を使うなら薬に対応した病名がなくてはならない。プレタールの場合、脳梗塞や閉塞性動脈疾患ということになる。初めて訪れた日本の医師が処方を変更したり止めると本人も不安に思うと考え、やむをえず脳梗塞の病名をつけて処方した。
posted by AMDAcenter at 17:02 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

令和2年1月28日火曜

寒い雨、降雪の情報もあり、久しぶりに外国人患者も少なく、昨日、僕が診察したのはわずかに4人だった。アルゼンチンの女性53歳、日系ではないが、長く日本に住んでいる。僕のところに生まれたこどもを連れて来たリ・・・そのお子さんもすでに19歳。当日は市内に住んでいたが、今は隣の市に住んでいる。肝疾患があり、自分の住んでいる市ではなく、少し離れた市の公立病院の専門医を受診していた。息子さんがインフルエンザに罹ったとき、その公立病院の治療・・というより医師の対応に不信感があると話していた。医師から内服の仕方がいい加減としかられたとのこと。物の言い方なのかもしれないが、患者と医師の相性というものもあるので、相談されて近くの公立病院の専門医を紹介し、診てもらったのが、12月のはじめ。きのうやってきて、「前の病院の先生よりさらに悪い、外国人に対する偏見がある。私の話は聞く気がない」と断言してしまう。あの薬も止められ、この薬も止められたと言う。話を聞いていると必要らしいなとはわかるが、具体的にどうして止めたのかがわからない。悪い人じゃないのだが、もともと感情的と受け取られそうな言い方を日本語でする人なので、なにかの誤解があったのかどうか・・・それ以上はよくわからないが、請われてやむをえず、近くの公立病院の処方と近くの公立病院で止められた処方を再開してみた。こういうケース、なんだか頭が痛い。
posted by AMDAcenter at 09:20 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月27日

令和2年1月27日月曜

医師にとって困った患者の典型といえば、自己判断をして医師の忠告、診断など理屈をこねて無視する人ではないだろうか。言いたいことはあるのだろうが、こちらは学問的に判断しているのに・・とやるせなくなる。ガーナ人女性37歳、数回、過去にやってきたことがある。待合室で大きな音がして、看護師が飛んできた。この彼女が気を失って倒れたというのだ。あわてて行ってみると、日本人の患者がみな、血の気がひいた顔つきをしている。突然のことに驚いて言葉も出なくなったのだろう。近くの公立病院の待合室でも一度、意識を失って倒れたことを聞いて知っていたので、「とんでもないこと」がおこったとは思わなかった。よくみると、床に倒れて「意識がない」はずの彼女の目が僕を見ている。Gran mal type のてんかん発作ではないかと瞬間的に疑った。きっと数分でだいじょうぶですから・・と待合室の患者に話して、ほんとに2分程度で動けるようになって、ソファに座れるまでに回復した。クリニックにやってきた理由は吐き気と下痢の急性感染性胃腸炎、診察が終わってから、てんかん発作を否定できないので今回の件がよくなったら近くの公立病院の神経内科を受診するように話した。すると「ストレスだから心配ない、いま仕事ですごいストレスがあって、前に倒れた時も会社で大きなストレスがあったから」とストレスのせいにする。いやいや、ストレスがあるからあんな発作がおこるとは思いにくいと返しても、まったく聞く耳を持たない。街中で倒れたら、だれかが救急車を呼んでしまうだろう。
posted by AMDAcenter at 10:52 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

令和2年1月25日土曜

先週、隣のZ市からやってきたフィリピン人の初診の女性35歳、右頸部のリンパ節の腫れに12月ごろ気がついたと話していた。リンパ節は4個ぐらい、続いて脹れているのが触診でわかり、痛みもなく・・・頸腺結核を疑ってTスポット検査を行ったが、結果はやはり陽性だった。僕が治療を行ってもいいのだが、抗結核剤を近くの調剤薬局にお願いしてそろえてもらわなければならない。副作用などで途中で薬を中止したり、患者が来なくなったりすると調剤薬局に経営的打撃を押し付けかねないので、やむをえず、近くの公立病院にお願いすることにした。地域連携室に電話、内容を話すと少し待ってくださいとのこと、そして突然、呼吸器内科の医師につながり少々びっくり。わけを話すと、すでに午後3時であったが、すぐに診てくださるとのこと、感謝して情報提供書をしたためて持って行ってもらった。心配なことはひとつ、言葉。生活保護を受けているということは定住ビザを持っているということのはずだが・・あまり日本語が上手ではないし、英語もほんの少し。言葉が理解できないのでほかへと言われるのではないかと。本人には先方で言われたことがわからなければ、再度、帰りに立ち寄るようにと話してはおいたが。ナイジェリア人男性49歳、高血圧と高脂血症で治療中。診察が終わると、大腿や両手首、あっちこっちが痛いと訴える。わりと訴えが多い人なので、どう考えるべきなのか、腕組みしていたら「薬の副作用かな、先生」と言う。そこではっと気がついた。スタチン製剤を処方しているので、副作用として横紋筋融解がおきていてもおかしくはない。副作用の可能性は否定できないとしてロスバスタチンを止めた。46年も医師として働いているのに・・そして日本人の患者でスタチン製剤の副作用で肩が痛いなどというケースを多数経験してきているのに・・・気がつかなかったなんて恥ずかしい。昨日、書いたフィリピン人女性、高血圧で8月に1カ月分処方して、その後、来院しなかった人の血液検査の結果が帰って来た。そもそも会社の検診でs-GPT が100を超えていて、精密検査にやってきて、HA抗体が陽性、HBs抗原、HCV抗体が陰性で、A型肝炎の影響なのだろうと考え、肝庇護剤も処方して、数値も50台まで下がっていたのに・・・帰って来た結果はs-GPTが120を超えていた。これだから「ちゃんと内服してね」と口をすっぱくして話しているのに・・・
posted by AMDAcenter at 10:52 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月24日

令和2年1月24日金曜

昨日に続いて・・・フィリピン人女性62歳、血圧が150/100。最後にやってきたのが8月29日で一か月分の処方を書いた。当時の血圧は124/62、明らかに高くなっている。きちんと内服しているとすると、飲み終えてからすでに4カ月近く経過していることになる。こういうケースが後を絶たない。医師の役目は正しい情報を伝えること、あとは患者の選択と言っても、こういうケースが続くのは頭が痛い。日本人の患者にひとり同じような受診行動をとる人がいて、半年以上、やってこないと思ったら、彼女の友人という患者から思いかげなく、脳こうそくで倒れて半身麻痺になっている、なんとか体が動くようにはなったが、発音が聞き取れないと聞いた。ああ、あんなに言ったのに・・・と愚痴の一つもこぼしたくなる。深夜になってバンコクからの友人のラインで目が覚めてしまった。彼の兄が北海道旅行中に胸が苦しくて息がうまくできないと連絡してきたそうだ。ホテルのフロントから病院に連絡してもらったら、どこもすでに診療時間を過ぎていて、診てくれるところがないと言われ連絡をしてきたらしい。僕が北海道の出身ということを思い出してラインしてきたとのこと。たぶん札幌ではないのだろう。どこでも救急医療体制があり、夜間でも指定の診療所、病院があるはずと話したが、「それでも見つからなかった」と続けるので、救急車を要請するようにと伝えた。
posted by AMDAcenter at 09:31 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月23日

令和2年1月23日木曜

フィリピン人女性56歳、もう長いおつきあい。もともと少しいい加減なところがあり、高血圧で降圧剤を処方しているのだが、なかなかこちらの思った通りに内服してくれない。日本人のご主人によるDVが激しいと本人から聞いたことがあるし、実際に怪我を見たこともあるのだが、そのご主人だけ都内に転居してしまったそうで、何がなんだかよくわからない。あまり・・というかほとんど英語が理解できず、フィリピン人スタッフが僕のそばにいられない状況で診察すると、今でも話が通じているのか、いないのかわからない。僕が話をしているのに、まったく関係ない話を一方的に話し、物思いにふけるように自分の殻に閉じこもってしまう。20日も薬だけ取りに来た。しかも電話でフィリピン人スタッフに依頼して、本人は後から来たようで・・・カルテを見ると60日分処方したのが昨年の8月、きちんと内服していたらすでに3カ月、内服していないことになる。たぶん、具合がとくに悪い時だけ頓服のように内服してたいたのだろう。我々医師の仕事は患者に適切な情報を提供することであり、それをどうするかは患者自身の問題・・とは言うものの、こんないいかげんでだいじょうぶかとついつい思ってしまう。彼女の場合は医療に限らない。困ったときの相談をフィリピン人スタッフに持ち込む。それなりに彼女が相談に乗っても、その言うことを聞くわけでもなく、フィリピン人スタッフも困っていることがままある。要するに、日本という外国に住むことに適用性がないのだろうと思っている。今、56歳、今後、60台70台と年を積み重ねるはずで、どのように生きていくのだろう?
posted by AMDAcenter at 16:59 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月21日

令和2年1月21日火曜

アメリカ人男性38歳、近くの米軍基地から来院。受付で性感染症の検査をしてほしいとフィリピン人スタッフに話したということと、本人がしてほしいと言っているらしい検査項目が書いてあった。単なる検査希望なのかと思い、検査を施行、すると彼が「きょうは処方箋は出るの?」と訊ねてきた。単なる検査で処方箋が必要なわけもなく、こりゃ話がおかしいと思い、一から聞き直したところ、数日前から性感染症と思われる症状があって、それで検査と治療を兼ねてやってきたとのことだった。忙しくしていると、こういうミスをしかける。やはり自分で聞かないといけない。24歳のオーストラリア人女性、パキシルの量を増やしてきたが、前回一日2錠から3錠に増やして、「ようやく体も楽になってきた」と笑顔で話してくれた。今回でうまく治療効果が出なかったら、一日最大量の4錠まで増やすのではなく、心療内科の専門医のところへ行ってもらおうと思っていたので、ほっとした。診療後、県医師会の会議出席のために県医療会館へ。会議の前にメディカル・ツーリズムの件で県医療課から面談の申し込みがあって、お会いした。
posted by AMDAcenter at 09:11 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2020年01月20日

令和2年1月20日月曜

18日の土曜日は小雪混じりの寒い一日だった。8時50分にシャッターをあけても、いつもの土曜日のように人がたくさん入ってくる気配がないのが診察室からでもわかる。それでも外国人患者は全部で10人、全体の患者数が少ないので、逆に目立ってしまう。ナイジェリア人男性58歳、故国で交通事故にあったのが10年近く前、「なかなか腰痛、臀部の痛み、ときどき足の先のほうに響く痛みがとれない、これは交通事故の後遺症に違いない」と話していた。数軒の医療機関に行ったが、「そんなことはない」と一蹴されたとかで・・どうしてもおかしいのでMRIで検査をしてほしいとのことで予約を入れて1週間前に近くの公立病院で検査をした。その結果が送られてきていたので本人に話したが、脊椎管狭窄症との診断だった。本人があまりに過去の交通事故の話を持ち出すので、診断に至るまでややこしくなってしまったのだろう。彼の住まいの近くの国立病院機構の医療機関があるので、そこの整形外科に依頼状を書いた。
posted by AMDAcenter at 13:19 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)