CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月30日

令和元年8月30日金曜

またフィリピン人女性の新患、64歳、北隣のS市から。診察の前にフィリピン人スタッフが話しを聞いて書いてくれたメモがはさまっていた。めまいがあること、おなかがぐるぐるし、ときどきキューと音がして痛いとのことだった。診察室に入ってもらい、フィリピン人スタッフにはもちろん付き添ってもらって診察を始めたのだが・・・日本語がそれなりに話せる。これなら風邪ぐらいはどこの医療機関でも十分に診察できると思うのだが・・こと、こういう「面倒くさい」症状の説明については日本語ではうまく言えないようだ。わかったことはS市内の医療機関で高血圧の治療を受けていること、その間もめまいはめまいで収まらないこと、そして1年ぐらい続いているおなかの痛みは下腹部正中から右側だというので、ベッドに寝てもらって腹部を触診しようと服を下げてもらったら、下腹部正中に大きな手術痕がひとつ、そして右側にも手術痕があった。これは何?と訊ねると、正中は子宮の手術をした、右は急性虫垂炎で手術をしたときの傷だという。まずは一番考えやすいのは癒着であろうと推測した。痛みが1年続いていてがんは少し考えにくいかとも思う。めまいの薬と大健中湯を2週間分処方してようすを見ることにした。便秘もあるらしく、便通を整えることも大切と話した。帰り際に、血圧についても今後、見てほしいと言い出した。どこで診察してもらうかは患者が選択してよい問題なので、どうぞと話した。降圧剤はちょうどあと2週間分あるというので、次回からいっしょに診察して処方することになるだろう。今回の診察をふり返って思うことは、ここまで書き記したようなことを患者が通訳なしでうまく説明できるとはやはり思いにくい。通訳なしに診察せざるをえない状況の医師にとっては情報を正確に得にくい、情報を正確に伝えにくい、そして適切な診療をやりとおしにくいということになるだろう。
posted by AMDAcenter at 09:33 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月29日

令和元年8月29日木曜

フィリピン人女性51歳、会社の検診にて「なにかが問題」と言われたと来院。心配で顔が笑っていない。検診の結果の用紙を見るとLDLコレステロールが193、たしか昨年は?とカルテをめくってみると110台、確かに高くなっている。食生活を訊ねると、もう成長したお子さんが朝食を用意しておいてくれるので、それを食べているとのこと。毎日、目玉焼きで卵を二つ食べていると話してくれた。とりあえず、卵は食べてもよいが、食べすぎないようにと注意、一か月後に空腹時採血を行うことにした。フィリピン人女性19歳、頭が痛くて、体がだるいと来院。熱はないというが、額に手をあててみると少し熱い。体温計で測ると36.9度、明らかに発熱している。ほかに大きな症状もないので、まずはアセトアミノフェンのみ処方、末梢血、肝機能検査など採血しておこなったが・・・無事に採血はできたものの、それまでが大変だった。夜は保健福祉事務所にて県央地区地域医療計画会議、今回は外国人がたくさん住むこの地域なので、外国人医療の問題点など話しをしてほしいと言われていたので、外国人医療の総論のほかに予防接種の市町村を超えた広域乗り入れの問題や外国人高齢者の認知の問題など私が話し、参考人としての許可をいただいていたクリニックのベトナム語スタッフに短い時間ながら、ベトナム人の高齢者の認知症の現状など話してもらった。会議には県央地区の市町村自治体の担当者が出席していただけに予防接種の広域化は外国人だけでなく、日本人の働く母親を支援する目的からもぜひ、前進してほしい。
posted by AMDAcenter at 16:09 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月27日

令和元年8月27日火曜

昨日は夏休み明けのためか、外来は大混雑。僕が拝見した外国人患者は15人、国籍はフィリピン人7人、ペルー人4人、タイ人、カンボジア人、ベトナム人、アメリカ人各1人。
とくに朝のはじめは込み合った。すると事務からペルー人の患者が「あと5分でクリニックを出て仕事に行かなくては・・」と訴えてきたと伝えに来た。そうは言われても、ほかの患者もきっとなんらかの用事は抱えていても、それでも順番に待っていてくれる。外傷など緊急性があるような場合は別として、こういう「訴え」で順番を早くするわけにはいかない。こういう「特別扱い」は患者が外国人であっても日本人であってもしてはいけないと思う。とくに外国人の場合、抜かされた日本人患者が、日本人に対する逆差別と思いこみかねない。本人には、どうしても急ぎの用があるなら、やむをえず、まずはいつもの薬を処方するからと話したが、結局、待っていますということだった。本人の診察時にも何も言われなかった。外国人医療のキーワードがなにかと言われたら、たった一言「差別と逆差別」だと僕は確信している。
posted by AMDAcenter at 14:59 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月26日

令和元年8月23日土曜

8月18日日曜、早朝に羽田空港へ、6時のチェックイン開始時間に間に合うように出かけた。チェックインカウンターが開くやいなや、搭乗手続き終了し、京浜急行でみなとみらい地区へ。桜木町に到着したのが7時前。午前9時10分から全国地域看護学会での教育講演を依頼されていたのだが、会場が開くのが8時50分ということで、会場の隣のホテルのフロントのソファーに座って時間をつぶしていたらうたたねをしていた。10時ぴったりに講演を終え、タクシーで湾岸道路を走って羽田へ。国際線ターミナルに到着したのが10時35分、無事に11時20分発のバンコク行に乗ることができた。バンコクで一泊して月曜からパタヤに出かけて3泊すごした。ぼーっとすることもなく海を見ていると心が軽くなった。昔、「企業戦士」という言葉が一世を風靡したが・・・企業に勤務しているわけではないが、24歳の終わりに医師になって突っ走って来た僕にも「企業戦士」という言葉があてはまるような気がしてならない。パタヤでリタイアしたという欧米人にずいぶん会ったが、みんな僕より若かった。40歳から地域医療に参加し、とくに外国人など地域の中では少数者を切り捨てぬ医療を心がけてきたつもりだ。今、オリンピックを控えた訪日外国人の増加と少子高齢化の隙間を埋めると期待される外国人労働者、実習生の受け入れで、外国人医療に日が当たり、僕もそんなこんなでいろいろなところでお話しをさせていただいたり、取材を受けたり、原稿を依頼されたり・・・今までも少なくなかったが、明らかに増えて来た。それでもお前の一丁目一番地は何?と訊ねられたら・・・患者を診察することと即座に答えるだろう。
posted by AMDAcenter at 10:16 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月19日

令和元年8月17日土曜

初診のアメリカ人男性33歳、右の耳になにかが出来ている、がんかもしれない?と心配して横浜市から来院。見せてもらうと耳のへりに発赤した部分があり、一部が黒い。最近、視力が衰え、テレビでよく宣伝している拡大鏡を使って観察したら・・・黒いところはほくろのようなもともと黒かった感じがする。どう見てもがんとは思えないのだが、皮膚科の専門医というわけではないので、月曜に皮膚科に行くようにと話した。オーストラリアなどではいわゆる「白人」の人たちに向けて、紫外線を浴びるとメラノーマ(黒色腫)が皮膚にできやすくなるので、皮膚に黒いものができたら病院に行くようにという教育をしていると聞いたことはあったが・・そういう類の心配だろうと思った。カリブ海の小国からやってきたお嬢さん27歳、看護師が「こんな名前の国、あるんですねえ」と言っていた。初診のときは僕も知らなかった。初診は5月、過敏性腸症候群と診断してトリメブチンとビオスリーを1カ月分処方したのだが、今回が2回目の診察。前回から3カ月も経過しているので、なにがあったのか?と思ったが・・・・前回処方の薬をしばらく飲むと症状が改善するので、今まで薬があったけど、いよいよなくなったのでやってきたと教えてくれた。ほっとした。県内遠方からやってくるので2カ月分を処方した。「もう一つ、話があるの」と言われ、にきびの薬を都内の皮膚科でもらったにきびの薬について相談された。母国でもその薬を使っていたけど、日本にやってきたら、多くの皮膚科でないと言われ、今回、もらったクリニックでもすごく高かったとのこと。スマホで検索したら、海外では20年前から発売されているが、日本では発売が許可にはなっておらず、ただし医師の個人輸入は許可されていた。だから高額なのだろうと話したら、納得してくれた。「郷に入っては郷に従え」ではないが、にきびはどこの国でもあるはず、日本でも使われている薬を使えば保険診療と対象となり、医療費も安くなるはずなのに。
posted by AMDAcenter at 09:00 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月16日

令和元年8月16日金曜

ペルー人のご夫婦、特定健診を受けたいと食事をしないでやってきた。特定健診は原則予約制にしている。多くて一日6人ぐらい、あまりに混んでしまうと通常診療を受けるためにいらっしゃっている人をお待たせしてしまうためなのだが・・・すいているときには当日、飛び込みで特定健診を受けたいと言われても受けてはいるのだが・・・あまりに混雑しているときにはお断りせざるをえない。すると「前はしてくれた」と粘られてしまうこともある。よかれと思って「サービス」で行ったことが、「当たり前のこと」と受け取られてしまうようで、やはり予約制という原則にこだわりたいところだ。このご夫婦、予約はなかった。混んでいるといってもそれほどでもないので、受けてあげたらと指示を出したのだが、なかなかカルテも書類もまわってこない。それは・・・事務で「異変」に気がついたからだった。ずっと国保で受診しており、大和市の特定健診の受診券も3月末に送付されていたのだが、今日は受付で「これが2枚ある」と言ったそうで・・見ると国保と社保の保険証だったそうだ。詳しく聞いたところ、7月途中で会社に勤務し、国保から社保に切り替わって、国保の保険証は本来、市に返さなければいけないのに返していなかったということがわかった。要するに国保はすでに無効、ゆえに国保の特定健診も受けられないということになる。彼らがもし、今まで使っていた国保の保険証だけを提示して、特定健診の受診券を出したら、知らずに行ってしまい、結果を市に提出した後で、「国保はやめているので特定健診の費用は払えない」と言われるところだった。本人たちに悪意はまったくないのだが、保険が切り替わったとき、新しいほうしか使えないとか、前の保険証は返還しなければならないとか、徹底する方法はないものか? その気になれば市町村自治体や厚労省のレベルならすぐにでもできそうなものなのに・・・
 夕方になり、近くの米軍基地から44歳のアフリカ系の男性が来院。突然、昼過ぎに下血したそうだ。昨日は下痢をしていて発熱はなし。体調は悪くない。肛門鏡で診て内痔核の破裂と診断、座薬を処方した。どうして基地の中の医療機関に行かなかったのか?と訊ねたら・・・基地内の医療機関は今日は休みだそうで、もうひとつ、アフリカ系の友人が僕のところを受診したことがあり、「いい医者だ」と言っていたからだそうだ。褒められても何も出てこない。
posted by AMDAcenter at 10:00 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月15日

令和元年8月15日木曜

13日の火曜日はお盆で近隣の開業の先生方が休みを取っていることも影響してか、小児科はいつもより混雑、外国人患者に関しては近隣の医療機関が休みというより、お盆で仕事が休みという人が多かったのだろう、僕の方だけで16人、とくに午後2時からの午後の診察では続けて8人が外国人患者という驚くべき状態だった。国籍もフィリピン人8人、ベル―人4人、アメリカ人2人、オーストラリア人1人、インドネシア人1人であった。アメリカ人の初診の23歳の女性、北隣の相模原市から来院、咳が止まらず、あさってには新しい会社の面接があるそうで・・・でも一日で咳がまちがいなく止まりますという薬はないと説明しておいた。頭も少し痛いとのこと、額に手を置くとやや熱く、体温計は37度だった。内服薬を処方した。インドネシア人女性28歳、甲状腺機能亢進症で処方中。ときどきdepressionになり、涙ぐむときもあるのだが・・体調がよくなってきたそうだ。見るからに元気そう。寂しくなってしまうときがあるそうで、そういうときは患者としてではなく、遊びに来るように話しておいた。きょうは木曜日、近隣の開業の先生方の多くは通常、木曜が休診日。さてどうなることか・・・
posted by AMDAcenter at 09:04 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月13日

令和元年8月13日火曜

ドミニカ人女性39歳、下肢の静脈瘤を診てもらえるかと代理の人から電話があった。しばらくするとその人らしい人がやってきた。両下肢のくるぶしの部分に細かい静脈が少しだけ浮き出ているが、静脈瘤ではなさそう。大伏在静脈も小伏在静脈にも静脈瘤はなし。本人は注射の治療があって、それをしてほしいというようなことだったが、適用ではなかったのでその理由を話し、静脈瘤にならないためのポイントなどお話しした。付いて来た男性にどうも見覚えがあるような気がして、診察が終わって部屋を出て行ってから、再度呼び返し、「○○さんじゃないの?」と話しかけると「そうです」と。25年前ぐらいになるか、南米からの日系人の患者がどっと増えた時によく来てくれたドミニカ移民の○○さん一家のひとりだった。お兄さんは亡くなったそうで、たぶん50歳前後で亡くなったのだろう、早死にだ。しばらく懐かしくて話し合った。フィリピン人女性63歳、数日前に初診でやってきて胃のあたりが痛いと言うので、急きょ10日土曜日に3件目の内視鏡検査として予約を入れた人だった。当日は食事をしてきてしまい、次の日の午後は仕事があるとかで、土曜日になってしまった。十二指腸球部の大彎側に引きつれと霜降り状の潰瘍があった。周辺は発赤、これが痛みの原因だろう。引きつれがすでにあるということは過去にも潰瘍があったということを示している。ヘリコバクター・ピロリの検査も陽性、まずは除菌療法から始めることにした。
posted by AMDAcenter at 10:03 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

令和元年8月10日土曜

ポーランド人男性46歳、奥様の出身地に滞在しているうちに風邪症状が強くなり、来院。お二人でなにやら流暢に会話しているが、まったくわからない。ポーランド語ですか?と訊ねると、「そうです」という返事。咳、痰、喉の痛みと通常の風邪と診断した。奥様から「英語はだいじょうぶですからどうぞ」と言われ、後は英語でやりとりをした。ウィルス性疾患なので抗生物質は不要である事、ゆえに根本治療はなく、症状に対する対症療法となること、薬の内服方法、副作用など話した。最後に保険会社からの書類の書き込みをお願いされた。某会社で日本には支社がある。以前にこの会社の人間が訪ねてきたことがあり、この会社の保険に加入している人については会社が後でクリニックに全額支払うので、患者からは当日、医療費をもらわずに診てほしいと言われたことがある。そのときには了承して、その後、会社から「こういう人が行きます」という連絡があり、その人に関しては口約束通り、後日、医療費が振り込まれた記憶がある。今回、ちょっとちがうのは事前に会社からは何の連絡もなかったことだ。さらに言えば、医療費は会社が後日支払うから当日は患者からもらわないでほしいという、こういうことについて契約書がないこともおかしい。会社とこのあたりのやりとりをしなくてはいけないと思った。
posted by AMDAcenter at 10:02 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2019年08月09日

令和元年8月9日金曜

平穏な一日だった8日木曜日、それでも僕のほうだけで7人の外国人患者。頭が痛いことがひとつある。9月10月の予定表を見たら、外国人医療関係の講演を依頼されているのが4件、外国人医療関係の原稿の締め切りが2つ、日本医師会の外国人医療対策委員会が2回、このほかに郡市医師会の会長としていつもの業務をこなさなければならない。とくに僕を悩ませるは「時間」だ。講演会でお話しすることは苦ではない。問題はその時間だ。お前にとって第一は何?と訊ねられたら、たった一言「患者を診察すること」と答えるだろう。診察、診療を休んで、本来は診療している時間に講演や委員会に出席して、患者に不便をかけることが何よりつらい。だから「時間」に制限がない取材は苦じゃないし、原稿を依頼されたら、締切期限に追いかけられないよう、依頼されてから2週間、ものによっては3週間程度で書き上げるのが常だ。それが日本医師会の委員会ともなると、僕は委員全員の数のそのわずかに一人なわけで、もちろん僕の時間など気にかけてくれるわけではない。講演会も遠方で開催される場合は乗り物に乗る時間も考えなければならない。そうすると診療・診察を切り上げなければならなくなる。ここの折り合いがつらい。それでもなんとか引き受けているのは、お魚にも食べごろ、旬の時期があるように、外国人医療問題の取り組みについても良い方向に動き出す「旬の時期」があり、それがオリンピックを控えた今だという僕の勘による。この問題に取り組んで33年、僕の勘に大きなまちがいはないと思う。そういえば今年の春、沖縄の友人から講演を依頼したいが・・・と打診された。以前に琉球大学病院で講演させていただいたときに、世話をしてくれたのが彼だった。久しぶりに会えるうれしさに二つ返事で「行きます」と答えてしまったが・・・群市医師会の研究会、講演会、委員会はおよそ平日の夜だ。土日に行われるのは都道府県医師会や日本医師会主催のものだろう。そこで改めて彼に訊ねてみると、案の定、平日の夜だった。講演会が夜だとすると、終えてから羽田まで戻る事さえ難しい。けっきょく、彼と話し合って流してしまった。体が二つあればいいのに・・・
posted by AMDAcenter at 09:17 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)