• もっと見る

2024年05月10日

2024年5月10日金曜

 大和市胃がん検診に当日、朝一番に予約が入っていた韓国人女性73歳・・・・来なかった。予約金は預かってはいるが、後日、返金すべきか否かで悩む。今まではこういうケース、返金してきた。しかし、早く事前にキャンセルしてくれたら他の方の検査をすることができたのにと考えると、そのまま返金することにも疑問を感じてしまう。
 フィリピン人女性40歳、1月末に降圧剤を1か月分、処方して以来の診察。案の定、血圧が上昇していた。忙しくてこれなかったょぉと言う。この間、なにかあっても責任が取れないよと言おうとしてはたと考えた。これでは「あなたが悪くなっても診察している私には罪がないよ」と保身に走っているように聞こえてしまう。「あなたが健康を損ねたら、だれがあなたの代わりにフィリピンの家族にお金を送る?」と言い換えた。この言葉のほうが堪えるようだった。
 フィリピン人女性40歳、年末に一時帰国して以来の受診。血圧は150/110。一時帰国のために二か月分処方したが・・・それでも2か月ぐらい内服薬がなかったはず。上記の女性に話したと同じ内容を繰り返した。
 アルゼンチン女性57歳、以前から処方していた肝機能庇護剤や降圧剤を処方。帰り際に「ああ、先生にちょっと聞いてみようかな」と言い出した。食欲が止まらないのだそうだ。さっき食べたのにまた食べたくなり、夜は冷蔵庫をあけて中をあさり、数回分として買っておいた食料をその日のうちに平らげてしまうと言う。りっぱな過食症だ。アルゼンチンから引き取った母親の具合がよくなく、日本語も話せないので、病院に付き添っていくらしく、そのストレスが原因じゃないかなとつぶやいていた。もともとが太めの方なので、次回から体重測定を必ずすることを話した。ただ、実際に膵臓など内臓系の疾患があって食欲が異常に更新していることもあるし、血糖値等のことも心配なので、緊急ではなくても早めに空腹時採血すべきと提案し、了承を得た。僕としてはあしたか明後日か、はたまた来週のはじめを想定して話していたのだが、診察室を出た後、看護師には次回の診察で・・・というような話をしていたとのこと。その程度に考えているということがよくわかった。たぶん、その採血の日は来ないという気がしてならない。
posted by AMDA IMIC at 08:46 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)