• もっと見る

2023年12月08日

令和5年12月8日金曜

 この3年半、新型コロナ患者数の全国傾向と僕のクリニックの同患者数の推移は完全に一致している。全国的に新型コロナの患者数はここに来て再び、増加傾向にあるというが、僕のクリニックの11月の新型コロナ感染者数は9人、ところが12月は昨日7日の時点で10人となって11月の感染者数を超えてしまった。米国などではあらたなオミクロンの変異株による感染者数の増加が報告されており、1月2月とまた増えていくのだろう。インフルエンザも先月やや減少傾向にあると思っていたが、寒さと乾燥が進むにつれ、患者数が急激に増えつつあると思う。困ったことは新型コロナやインフルエンザのキットの入手が困難な上に、溶連菌、アデノウィルスの検査キットが輪をかけて入手困難になっているということだ。いや、それだけではない。咳止めや去痰剤、咽頭痛の薬など、きわめて入手しづらくなっていて、処方にも工夫を要している。このままでいくと、医療機関で処方箋を書かずに薬局で一般薬を買ってくださいということになりかねない。49年間、医師として働いて来て、こんな事態はもちろん初めてだ。
 アメリカ人女性57歳、数日前に採血した結果を説明した。肝機能を表す数値がさらに悪化しており、処方を今までの倍量とした。すでにCT等の検査を終えていて、一部、経過観察の部分がある。今後、データーの改善を見ない場合は再度、CT検査が必要となるだろうと話した。
 韓国人女性58歳、高血圧で受診中。突然、謝られた。???と思って尋ねてみたら、「私、最近おかしい。次は採血するから食事しないで来てねと先生に言われたのを覚えていたのに・・・自転車に乗って走ってくる間に気がついたら飴なめて缶コーヒー買って飲んでしまった。ごめんなさい」とのことだった。誰でも忘れることあるよと笑い飛ばしたら、そうお?とようやく笑みがこぼれた。
posted by AMDA IMIC at 08:49 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)