• もっと見る

2023年12月07日

令和5年12月7日木曜

 フィリピン人男性65歳、脳出血、脳動脈瘤術後、血圧が急に高くなったと奥様といっしょに来院。計測すると180を超えている。日によっては110ぐらいのときもあるという。とりあえず、できるだけ早く血圧を下げたいので、現在内服中の薬との相乗作用を期待してビソプロロール5mgを追加した。
 アメリカ人女性28歳、発熱で来院。新型コロナもインフルエンザも陰性だった。日本が好きで3回目の来日。現在は働いているという。がんばってねと声かけしたくなった。
 フィリピン人女性40歳、高血圧と脂質代謝異常症で拝見しているが、昨年の11月から11年間採血していない。僕が放置していたわけではない。次は採血するから朝、食事してこないでねと話すのだが・・・食事をしてきてしまうのだ。理由を訊ねると忘れたあとくったくない笑い。この日も夕方にやってきた。聞けば食事して3時間とのことだが、「食後3時間」という制限付きを前提に採血を行った。こうでもしないと1年間、採血することなく、レーダーなしの飛行を続けるようになってしまう。
 フィリピン人男性44歳、どうしたの?と訊ねると、顔がこわばっている。「ここにしこりがある」と指さして心窩部を指す。思わず、笑ってしまった。そうそう、そこにあるのねと笑っている僕を見て、あっけにとられているように見えた彼。服をまくって再度、指差ししてもらうと案の定だった。胸骨柄を指さしている。胸骨柄の大きさは人によって異なる。大きい人ではがんがあるとまちがって蒼くなってやってくる人が少なからずいらっしゃる。解剖学の胸骨全体の絵を探して胸骨柄を教えてあげた。ここでようやく笑顔。よかった。
 午後になり県内40分ほどのところからやってきたベトナム人女性の皮下埋没型避妊チューブの抜去手術。2年前にベトナムで入れてもらったそうだ。看護師が触れにくく手ごわいと教えてくれた。手術の部屋に行き、チューブが埋め込まれている上腕に触るとたしかに触れにくい。いつもと同じ大きさの切開を加えてみたが、探してもチューブらしきものはなかなか見つからない。いつもはしないのだが、最後は縫合することとし、もう少し創を広げて1cmぐらいにしてみて探るとそれらしきものがあり、摘出できた。6-0シグマ針で3針縫合。聞けばチューブを挿入後、かなり太ったそうだ。僕のクリニックのことをどのように知ったのか?と訊ねてみた。在日ベトナム人の口コミらしいとわかった。
posted by AMDA IMIC at 09:02 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)