• もっと見る

2022年12月23日

令和4年12月23日金曜

昨日も外国人の新型コロナ感染者が4人。フィリピン人の28歳のご主人と28歳の奥様は自宅抗原キットで陽性。スマホの写真でキットの陽性を確認した。虚偽の申請などありえないと思うが、このような「自宅抗原キットで陽性」というのは本当にその人物のものか?という確約がないわけで、信頼の上に成り立っているとしかいいようがない。県への登録はフィリピン人スタッフにその説明を任せた。インドネシア人女性28歳、前日より発熱と咽頭痛、抗原検査で陽性。スリランカ人男性31歳、前日より発熱と咳と咽頭痛。やはり抗原検査キットで陽性。今シーズンがこの2年間と異なっているのはインフルエンザの流行が来そうということだ。この2年間、この地域では僕のクリニックを含め、ゼロだったのに・・・・一昨日まで一週間にひとりぐらいのペースでひとりずつ、3人のインフルエンザ感染者を見つけていたが、昨日は一日で3人の感染者を見つけた。発熱して時間が十分に経過しているのに新型コロナの検査が陰性という場合、症状の強い人にはインフルエンザの検査をせざるを得なくなってきた。午後になり、生命保険の加入の検診でやってきた人の名前を見て驚いた。外国人女性。診察室に入ってもらうとどうやらフィリピン人らしく見えたので、訊ねるとやはりフィリピン人だった。定められた質問の内容がかなり難しく、フィリピン人スタッフを呼んで質問をタガログ語に翻訳してもらいながら文書を作成した。
posted by AMDAcenter at 10:19 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)