CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月16日

令和4年6月16日木曜

ナイジェリア人男性47歳、しばらく降圧剤の内服をさぼっていたら・・・めまいがすると来院。かなり血圧が上がっており、同じ降圧剤を処方した。採血も行ったが、家族に糖尿病の人がいるというので空腹時血糖も尿検査も施行。クリニックを出たあとにスタッフから報告を受けた尿検査の結果は・・尿糖がスリー+、かなり血糖値も高いのだろうと推察する。一昨日のドミニカ人女性の件といい、初診の方がいわゆる生活習慣病でやってきた場合、最初の血液検査では「糖尿病の疑い」として血糖値やHbA1Cも調べておくべきと思った。とくに外国人の場合、日本に比較して寿命が短いとかなかなか病院を受診しないような国もあり、糖尿病に関する家族歴を尋ねても、「わからない」という返事が多いためだ。フィリピン人女性37歳、帰国のためのPCR検査を受けるために月曜に来院、火曜に受け取りにやってきた。結果は陰性、それはいいのだが、新型コロナの予防接種を一回も受けていないため、入国後一週間のホテル隔離になってしまう。この隔離について話したところ、本人はよく知っていた。予防接種を三回終えていれば隔離はないし、搭乗前のPCR検査も不要、二回まで終えていれば、到着後の抗原検査が陰性なら隔離はなしというのが今のフィリピン入国のおおまかな「決まり」なので・・できるだけワクチン接種は受けておいたほうがいいよ、フィリピンに帰国するなら・・・と話したところ、受けない理由はアレルギー歴があるとかそういうことではなく、彼女の信じている宗教のためという返事だった。
posted by AMDAcenter at 09:05 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)