CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月07日

令和4年6月7日火曜

韓国人女性57歳、土曜日の10時頃から少し熱があると電話があったのが、同日の11時頃。診療時間は13時までで、13時にPCR検査を行ってもたとえ新型コロナに感染していても陽性とは出ない時間帯。詳しく聞くと熱も37度台の前半とのことなので、月曜の朝に来院して抗原検査を行うことで同意してもらった。そして昨日の月曜日、いつ彼女がやってくるかと待っていたが、一向に連絡がない。どうしたのか?と思っていたら午後4時半ごろ、クリニックの外に着いたと電話があった。ずいぶん待っていたことを知らせると、仕事に行っていたとのこと。驚いた。抗原検査の結果は幸いなことに陰性だった。症状が軽いとついつい仕事に行ってしまう人が少なくない。ケニア人女性40歳、胸が痛い、おなかが痛いとやってきた。胸は深呼吸をすると痛くなるときがあるそうで、ほかに前胸部から心窩部にかけて「ときどき」痛いのだそうだ。下痢はなく、おなかの痛みも詳しく聞くとはっきりはしないようす。呼吸音は異状なく、念のために撮影した胸部レントゲン写真もまったく異常なし。血圧も正常。普通に食べられるとのことで、これっという症状がないし、病名が浮かんでこない。可能性は自律神経失調症か?とも思い、この点についても話をした。こどもたちに英語を教えているそうで、仕事のストレスはないと言う。かなり考えた挙句、あなたの症状は薬がなければつらいという状況ですか?と問うと、つらくはないし、薬はできるだけ内服したくないと答える。どうやら大きな病気ではないことで安心しているようなので、話し合った結果、様子を見ることにした。
posted by AMDAcenter at 07:44 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)