CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月06日

令和4年6月6日月曜

4日の土曜日、やってきた外国人患者は12人、土曜日としては少なかった。新規の患者はフィリピン人二人。あとは慢性疾患、とくに高血圧で通院している人が目立った。国籍は6か国、フィリピン人が最も多くて7人、あとはナイジェリア人、タイ人、ベトナム人、スリランカ人、エジプト人。エジプト人男性35歳は発熱して数日前にやってきて新型コロナの抗原検査が陽性で症状に合わせた処方を行った人だ。電話があり、咽頭痛が出現してきたので、その薬も欲しいと言われた。同国人の奥さんとPCRで陽性と判明したお子さんとの3人暮らし、自宅療養期間内なのだが、ほかに薬を入手する手段がないため、クリニックの前まで徒歩でやってきて目の前から電話をしてくれるように頼んだ。抗原検査が陽性と判明した時、妻の薬も欲しいと言われたが、当時、奥さんは発熱もなにもなし。処方しなかった。金曜に奥さんも具合が悪いと電話があった。受診するようにと話したのだが、来なかった。もしかしたら、この薬は奥さん用の薬かも?と疑ったが、もしそうであってもこの状況下ではやむをえないだろう。午後1時から新型コロナの予防接種を施行。5バイアルで34人に施行。次々とやってくる予約者の半数以上が外国人だった。とくにフィリピン人とベルー人。3回目の接種が32人、2回目の接種が2人。僕のところに4回目の接種券が届いた。今週の土曜日に接種を受けるつもり。
posted by AMDAcenter at 09:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)