CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年05月07日

令和4年5月7日土曜

約一週間の休みがあけた昨日は例年とはちがっていた。例年は休みがあけた最初の日はきっとたくさんの人が来るだろうと構えていると肩透かしのようになる。聞けば休み明けは混んでいるだろうと皆さん、来院日を自分で調整なさるのだが・・・今回はちがった。結論をいうと外国人を含む患者の総計が101人。朝一番で休みの気分が吹き飛んでしまった。ベルー人の発熱者は3日目というので新型コロナの抗原検査を行ったが、陰性であった。午後1時45分ごろ、受付がなにやら騒がしくて日本語ではない言葉が聞こえてくる。スタッフに訊ねると、某生命保険に加入するための審査に外国人がやってきているという。通訳の男性も同行しているとのこと。名前を見せてもらってベトナム人女性と確信した。2時になり、診察室に入ってもらうと彼女の日本語力ではやはり心もとなかったが、なんとか審査を終えて帰ってもらった。それから後は帰国のためのPCR検査と英文書類作成を求める方々のラッシュ。その中にフィリピン人が3人。この3人はとくに友人というわけではない。ようやく国境が開き始めたら、2年以上、帰りたくても帰れなかった、その気持ちが抑えられないのだそうだ。
posted by AMDAcenter at 10:48 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)