CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年02月14日

令和4年2月14日月曜

すでに一週間前に仕入れた抗原検査キットを使い果たしてしまい、12日の土曜日に新型コロナの検査を行った31人はすべてPCRで行った。みなし陽性と無症状の濃厚接触者のPCR検査が不要とのことで検査会社に届く検体が減ったせいか、検査結果がかなり早く得られるようになってきた。31人のうち、陽性はフィリピン人1人とベルー人1人を含む24人、陰性はフィリピン人の親子を含むわずかに7人だった。ピークは越えたのではないかと実感する一方、県の発熱患者相談センターから紹介されたと電話してくる人が多く、電話は鳴りっぱなし。スタッフが電話を取れない場合は僕がカルテに記入しながら電話を取るありさまで、少なくとも発熱患者が受け入れられずに医療機関を探している様子が手に取るようにわかる。先週はこんな中、ありえないような事件が起こった。前日に市内の医療機関を受診したという南西アジアの某国の一家がやってきた。発熱していたのはお子さん。前日の医療機関の対応に不満だったと述べていたそうだ。当時、発熱して新型コロナの検査を待っている人が15人程度、クリニックの外に待っていた。もちろんその中にはお子さんもいた。同じようにクリニックの外で待ってもらっていると、早くしてほしいと何度も言う。寒い中、全員に早くしてさしあげたい。それで院内で待っている通常診療の患者には申し訳ないが、外で待っている人は多少順番を速めて検査を行っている。それでもそのお子さんを特別扱いしてさらに早くすることはできない。そして、事件は起こった。スタッフが僕の診察室にやってきて、さきほどの一家が寒いからと隣の歯科医院に入り、待合室のソファーに座ってしまったというのだ。あわてて歯科医院にスタッフを派遣、一家に外に出てもらい、歯科医院のソファーを消毒し、院長以下に謝罪した。そして、それからまもなく、このお子さんの検査の順番となり、小児科医とスタッフが外に出てみたら・・・彼らの姿がない。あれほどしつこかった質問にも応えていたのに・・・待ちきれなくて我々には一言もなく、帰ってしまったらしい。しばらく呆然。こういう人たちが日本の習慣を守りつつ、生活していけるだろうか? 
posted by AMDAcenter at 11:15 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)