CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年02月12日

令和4年2月12日土曜

バングラデシュ人男性43歳、高血圧、高尿酸血症で数か月受診して10月以後ぱったりと来なくなっていたが、久しぶりに来院。バングラデシュに帰っていたのだという。なぜか10月に処方した薬が2週間前まではあったそうで、その手持ちも底をついたので時間を見つけて来たのだと教えてくれた。10月に比較してみるからにでっぷりとしている。体重は増加していないかを訊ねると、「母国に帰って料理がおいしかったから」と言う。だから体重が増えたのでしょと畳みかけると、そうですと認めた。血圧も160/100。これではもとの黙阿弥だ。今回は2週間分だけ処方して次回は採血を行うことにして了解してもらった。発熱患者の対応であまりにも忙しく、「どのようにしたら10月に一か月処方した薬が1月末まであったのか」を訊ねるのを忘れた。およその検討はついているのだが・・・自分で「悪い」と思った時にしか内服しないのだろう。すると高脂血症や高尿酸血症など、数値が悪くなっても何の症状も出ない疾患の薬については、よほどしっかりと説明をしないと超いい加減にしか内服してくれないことになる。
新型コロナ関係の数値だが・・・2月10日金曜に抗原検査を施行した方は10人で9人陽性、PCR検査を行った方は33人で一回目の検査で11日の朝に陽性と判定された人が14名、一回目で陽性とも陰性とも判定付かず、再検査にまわった人が4人で、11日の午後に判明した結果は4人とも陽性だった。したがってトータルで新型コロナについて43人に検査を行い、27人が陽性だったということになる。それでも極めて軽症な人ばかり。2週間前に70人を超えるPCR検査を行っていたときに比較すると、ピークから少しだけ下がりつつあるような印象を受ける。
posted by AMDAcenter at 09:10 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)