CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年02月05日

令和4年2月5日土曜

一昨日のPCR検査施行者は51人、うち陽性者は34人(66.6%)だった。これを外国人についてだけ見てみるとPCR検査を受けた外国人は16人で陽性者は14人(87.5%)にのぼる。この数字、実は一昨日に限らず、うすうす感じていたことなのだが・・・外国人の人が発熱医療機関にたどり着くのが大変なのか、あるいはよほど「おかしい」と自分で思わない限り、医療機関を受診しないためなのか、そんな理由で陽性率が高いのだと思う。8時50分に仕事を始めて、できるだけ早くこの51人に結果を伝えなくてはならない。みんな結果を心配しているので。診療しながら、なおかつ内視鏡検査を行いながら午前中に結果を伝えるのは至難のことだが、そうも言っていられない。発生届を書いて保健福祉事務所にも流さねばならない。34枚の発生届を書くのも一苦労、いや二苦労だ。こういう作業は日曜も水曜の休診日も関係がない。この1年半というもの、日曜も水曜も忙殺され、休みがなかなか取れない。昨日は仕事を終えてから帰宅しようとすると体の重みと不調となにより疲労感が半端なく、家についてからベッドに倒れこみ、そのまま寝てしまった。こんこんと寝たせいか、今日は快調となり、もしかしてコロナに感染したか?と思ったことも忘れてしまったが・・・あと4か月で73歳になる爺の働き方ではないと思う。健康に産んでくれた母に感謝。僕がこんなに疲れ切っているということはたぶんスタッフも同じ。彼らのことも考えてあげねばなるまい。
posted by AMDAcenter at 12:07 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)