CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月09日

令和3年4月9日金曜

朝の診療を開始してすぐ、「外国人が気持ちが悪い、胸が苦しい」と受付に来たが、外で待機してもらっていると受付から連絡があった。28歳のドミニカ人、新型コロナの感染症ではなさそうなので、中に入って待っていてもらっていいと話した。10分程度で拝見したが、たしかに具合が悪そう、血圧を測定すると不整脈がひどく、うまく血圧が計測できない。ただちに奥の部屋で心電図を撮ってみると、頻拍性の心房細動。これはまずい。ただちに市内の心臓疾患専門病院に電話、受け入れてくれるということで、友人が車を運転して連れて行ってくれた。仕事場からよくぞ、ここまで来たと思う。あのまま仕事場にいたら、危なかったかもしれない。午後3時ごろ、フィリピン人スタッフから連絡あり。皮下埋め込み型の避妊チューブを取ってほしいという外国人女性が来ていて、「今日、取ってほしい」と話しているとのことだった。こういう小外科の手術は原則予約にしているのだが、自費診療になることも承知しているという。だれかに聞いたのか。僕のクリニックで行っているということがどこかのコミュニティに広がっているのか・・米国人女性21歳、東京都江東区から同国人のボーイフレンドとやってきたという。遠方からやってきたので、また出直して・・というのはかわいそうと思い、そのまま手術することにした。手術室までボーイフレンドが付いて入って来て、ベッドの上で彼女は彼の手を握っている。ここで彼を追い出すのも彼女の精神衛生上よくないと思い、彼にも手術を見ても大丈夫かと聞いたところ、大丈夫と返事するので、そのまま始めた。開始して数分後、彼がしゃがみこむ。いわゆる脳貧血をおこしたみたい。だから言ったじゃないか・・と心に思いながらも隣のベッドで彼には横になってもらった。手術を受けている彼女の方が彼を気遣うありさま。4ミリ程度の創で棒を取り出し、抜糸に来なくてすむようにスリーМテープで創をとめた。さらに遅くなり、医師会のワクチンHQから電話、つい今週の火曜の朝、医療従事者用のワクチン第一陣240人分が12日の週の16日に届くと県の担当者から僕が直接、聞いていたのに・・・明日の9日に届くと連絡があったとのこと。これにはびっくり。週末に接種のシュミレーションをしようと思っていたのに・・それどころではなくなってしまった。
posted by AMDAcenter at 12:04 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)