CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月16日

令和2年11月16日月曜

ベトナム人男性18歳、隣接するA市から初めての来院。どういう経緯で来日したのかは聞かなかった。1年半前に来日、なんとなく腹部の違和感はあったが、1カ月半ぐらい前から毎日、朝食を食べると下腹痛に軟便、下痢があるという。ときどき便に血が混じると話す。血の色を尋ねると鮮血、便の表面に血が付いていて、便の中に血が混ざっているのではないとのこと。一カ月半という長さから考えて感染性腸炎とは思えず、初めは過敏性腸症候群かと思ったが、「便に血が付く」というあたりで潰瘍性大腸炎が鑑別対象と思った。発熱はなく、便に血が付くということが便の表面に鮮血が付着する、すなわち肛門のすぐ近くから出血していると推察した時点で可能性は低いと判断、ほかに症状は?と尋ねると、ときどき肛門に痛みがあると答える。ここで潰瘍性大腸炎は否定してもいいと推察したが、痔核ではなく、痔瘻なら腸結核も鑑別対象だろうと考えた。拝見すると痔瘻はなく、痔核あり。やはり過敏性大腸で下痢のために痔核が悪化したのだろうと診断、トリメブチンにボリカーボフィルを処方した。薬が無駄になってはいけないのでまずは2週間だけ処方、これらを内服してもすぐに症状が消失するわけではないので必ず2週間は内服を続けること、そして食事療法について話した。14日はベトナム人スタッフがやってくる日でベトナム人患者は8人だった。彼もベトナム人のコミュニティから14日にベトナム人スタッフが勤務していることを聞いたうえでやってきた。この日に来てくれてよかった。電話通訳を利用してもなかなかここまでは言いきれない。時間もかかるし、まどろっかしいことだろう。ましてや通訳なしではとてもじゃないが診断できないし、診断どころか通常の診察ができない。時間もかかるし、どうしてよいかわからないとしたら、ついつい「うちに来ないでくれ」と言い出しかねない。患者側も不完全燃焼で不安になったりいらいらとすることだろう。ベトナム人スタッフに感謝。
posted by AMDAcenter at 11:05 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)