CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月09日

令和2年11月9日月曜

昨日、書いたフィリピン人女性のこどもさん、PCR検査の結果は陰性だった。良かったのはまちがいないが、受け入れた医療機関側としては良かったとだけ総括するわけにはいかない。発熱患者やその人たちが新型コロナの感染で会った場合に明らかに濃厚接触者と判定されるであろう人たちの受診については、受付の時点から細心の注意を払わなければならないとつくづく思った。とくに発熱している本人が受診する場合は、クリニックの外で待ってもらうなど、気がつくが、発熱者の家族が「とりあえず、相談にやってきた」とか発熱者がお子さんで家族が代わりに受け受け窓口にやってきた場合、失念する可能性がある。万が一のことがおこらぬよう、スタッフにもこの点はしっかりと話しておかねばならないだろう。タイで生まれ育ったベトナム人男性59歳、数カ月前から両手がふるえるという。見ていると肝機能障害や甲状腺機能亢進症に伴うような震えではない。歩行なども「普通」。本態性振戦と考えたが、ベトナム語はおろかタイ語でもうまく説明できない。なんとかわかってもらってアロチノロール5ミリを一日3回まずは2週間内服してもらって経過をみさせてもらうことにした。驚いたのが先月の外国人患者統計。帰国のためのPCR検査と英文診断書を求めてやってきた人が多かったため、延べ受診者が364人、いつもの月より100人程度多い。そして新規の患者が75人、こちらもいつもの比較的多い月の2.4倍に相当する数字だ。昨日、日曜日、クリニックにやってきてハワイ州に入るためのPCR検査および英文診断書作成の医療機関としてのWEB応募用紙に書き込み、ハワイ州政府の機関宛てに送信した。もし認可されたらさらに多くなることだろう。中国渡航のためのPCR検査と英文診断書作成のための中国大使館認定の医療機関にも応募中だが、一昨日、中国大使館よりあらたに入国のためにはPCR検査だけではなく、抗体検査が必要と発表があったと経産省から連絡があった。経産省より細かい確認を取るとので・・・と書いてあった。すでに抗原検査、抗体検査のキットは入手していて、承認されたら即日対応できるが・・・・ややこしくなってきた。韓国入国には専用のフォームに記載することが必要とされるというので、調べてみたら、渡航医学会で作成したPCR検査記入用紙と下半分が全く同じだった。専用フォームを作る意味があるのかどうか・・タイ人がタイに帰国するときにはPCR検査は不要だが、用紙に手書きはだめ、医師のサイン以外、すべて印字することが必要と数日前に電話して来たタイ人が話していた。そしてカンボジア入国に際してもサイン以外は全ての書類を印字しないと入国できない。中国はすべて大使館指定のフォームに記載しなければならない。サンプルを取り寄せてチェックしたところ、渡航医学会で作成している用紙のほうがむしろ詳しく書いてある印象だった。ややこしすぎる。その上、今回の中国行きのように求められる検査の内容が突然、変更になると旅行者だけでなく、作成する医療機関側も混乱しかねない。費用だって抗体検査を加えた分、PCR検査だけのときよりさらに高額になってしまう。このような点もよくよく配慮し、また同じような内容の証明であるならぜひ統一してほしいものだ。
posted by AMDAcenter at 11:39 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)