CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月24日

令和2年10月24日土曜

先週の土曜にやってきたベトナム人女性、下半身に力が入らず、自力歩行が困難、心療内科的疾患だけなのか、疑問に思い、当日、某大学の脳神経科に予約を取った。僕が何かを話そう、質問しようとしても、さえぎって自分の言いたいことを力を込めて話し始め、待っていてもとうとうと続けるなど、「普通」でないことはわかるが・・ 当日はベトナム人スタッフが勤務している日でもあったので、彼女に手伝ってもらいながら、自覚症状、他覚症状について詳細に聞き取りし、情報提供書に記載した。この患者の受診報告が昨日届いた。何の病気だったのだろうか? ベトナム人スタッフに手伝ってもらって、今までとはちがう何か結論が出たのだろうかと期待して封をあけて読んで・・・落胆した。数行の短い文章で過去に受診歴があること、倦怠感などあり、神経内科的疾患とは思えないこと、本人が同科に通院することを望まないのでこれで打ち切りにすると書いてあった。以前からこの医師に診てもらったことがあり、なんらかのトラブルがあったのか、そうとも受け取れてしまうような内容だ。もしかしたら、筋肉組織が弱くなる疾患とか、いわゆる難病が隠れているのでは・・と思って専門医に診てもらったわけだが・・・自分の科の領域のものでなければ、考えられる診療科にお願いするなどということはなく、単に「本人がいやがっているからもう何もしませんよ」的な書き方としか受け取れない。ではもし本人が通院をいやがっていなかったらどういう展開になったのだろう? 情報提供書の中にあった「脳神経科的には異常がない」という言葉と矛盾するのではないだろうか? 異常がないなら、望むと望まないにかかわらず、「終わり」のはずだから。心療内科的疾患だと推察するなら、現在の心療内科の治療が適切かどうか、当該診療科に紹介するのが筋ではないだろうか。患者が再度、僕のところにやってきても、僕がなにかしてあげられることは一つもない、ないどころか、きっと困り果てるだけだろう。
posted by AMDAcenter at 08:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)