CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月10日

令和2年10月10日土曜

皮下埋没型の避妊チューブを上腕から摘出したガーナ人女性28歳、抜糸のために一週間ぶりに埼玉県からやってきた。包帯をはずしてみるともちろん感染はなし、そして創がわからないぐらいに小さい。シグマ針6-0で2針だけ縫合したので、この細い糸を苦労しながら抜糸、測ってみると傷は4ミリぐらいだった。創を見てとても喜んでくれた。エジプトに帰国するという一家4人がやってきた。PCR検査と搭乗のための英文健康診断書が必要なのはご夫婦だけで、4歳ぐらいのお子さんと1歳ぐらいのお子さんの分は何も必要がないという。6歳以下のお子さんは必要ないと言われたよというがこれは本当か? 今まで海外に帰る人、行く人はあかちゃんでも検査を行ってきたのに・・・飛行機会社はエミレーツだとのこと、再度航空会社に確認をしてほしいと頼んだ。万が一にもご夫婦だけ乗れるが、お子さんはだめと言われたら大変なことになる。第一、感染症には年齢制限などない。このご夫婦の鼻咽頭からの検査がまた大変。奥様は鼻腔に検体採取の棒を入れるか入れないかというところでのけぞって拒否をしてしまう。これでは正確なデーターが出るか心配だ。帰り際にスマホで撮影したエミレーツのホームページを見せてくれた。エミレーツの担当者と電話で話をしたのかと思ったけど、そうではなかった。ちらっとした見えなかったが、今でもお子さんが必要なかったのか、一抹の不安が残っている。
posted by AMDAcenter at 08:35 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)