CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月04日

令和2年9月4日金曜

相変わらず、帰国のためのPCR検査と英文診断書のために来院する外国人が多い。昨日は受付事務が「モハメドさん」と呼ぶと、検査結果と英文診断書を受け取りにきた「モハメドさん」とは似ても似つかぬ、でっぷりと太った「モハメドさん」が診察室に入って来た。人違い、イスラム教徒に極めて多い名前なので、ややこしい。スリランカの「モハメドさん」に結果と書類を手渡し、つぎにパキスタンの「モハメドさん」にPCR検査を行った。特定健診を行ったフィリピン人女性62歳、大きな所見なく、結果を話すと目を輝かせて喜んでくれた。ナイジェリア人男性50歳、数年前、心筋梗塞で危うく死にかけたところを専門病院の治療で回復した過去があるのに・・・・高血圧の内服薬とこの専門病院から処方を依頼された内服薬が数日前に終わってしまっていた、前日の水曜日、僕のクリニックの休診日だということを忘れて来てしまったと話してくれた。こういうケース、もちろん怒るわけではないが、彼のためと思い、厳しく注意をする。同じことをまたしでかさないようにと。
posted by AMDAcenter at 09:00 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)