CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月18日

令和元年5月18日土曜

タイ人女性48歳、高血圧で通院中、東北タイ、メコン河を挟んでラオスをすぐそこに臨むノンカーイの出身、しばらくタイの話で盛り上がった。食べ物がおいしいそうだが、セミとおたまじゃくしの話になったところで打ち切った。たぶん次に出てくるのはバッタだろう。インド人男性28歳、肛門の痛みとティシューに付着するぐらいの出血。前回も内痔核で診察している。あまりに恥ずかしがるので問診から3カ月前と同じと判断して処方した。フィリピン人女性51歳、顔つきがけわしい。会社の健診の結果を持っている。「E」が付いているところがあると教えてくれた。心配なのだと。血色素量が相当に低い。階段をあがるとき、やはりひどく疲れるそうだ。鉄剤を処方。内服の前後30分はお茶を飲まないように、そして便が黒くなるから心配しないようにと話した。オーストラリア人男性、すっかり日本語が上手になり、日本語で会話。会社のことやお嬢さんのことなど。
posted by AMDAcenter at 08:51 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)