CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月17日

令和元年5月17日金曜

ペルー人女性26歳、職場でインフルエンザ患者が出たとのこと。二日前から38度台の発熱、悪寒、頭痛、体の痛みに咳と痰と下痢、そして軽度の吐き気。体の痛がり方が「普通」の風邪ではなかったのでインフルエンザの検査を行ったところ、A型インフルエンザだった。ゾフルーザを処方した。まちがった内服の仕方をしないよう、職員が調剤薬局まで同行、目の前で2錠内服してもらった。アメリカ人男性、前医にて内視鏡検査を行って逆流性食道炎ということでプロトンポンプ・インヒビターを内服して5カ月、あまりよくなっているようすがない。いわゆる「のど」のあたりになにかあるような感じがすると言う。症状を聞いていると、そもそも内服が必要な逆流性食道炎ではなかったような気がしてならない。「こんなに薬を飲んでよくならないのなら、手術をしてほしい」と言い出して僕を驚かせた。僕が医師になりたての45年前ごろはプロトンポンプ・インヒビターのように胃酸の分泌を押さえる優秀な薬がなかったので、食道裂孔ヘルニアの手術を行っていた記憶があるが、プロトンポンプ・インヒビターが世に出てからは手術をしたという話は聞いたことがない。体中、何回も手術をしていて怖くないから・・と言う彼に、「通常、逆流性食道炎なら手術は必要ないし、お願いしてもしてはくれない。それよりもまずは再度、診断をきちんとしよう」と話して、同意を得ることができた。2週間後に内視鏡検査、責任を重く感じる。
posted by AMDAcenter at 09:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)