CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月31日

令和2年8月31日月曜

てんてこ舞いの29日の土曜日。診療開始直前にラオス人女性から電話があった。たどたどしい日本語でタイ人の人、いるかと・・・「タイ人の人」とは毎週土曜に来てくれるタイ語の通訳スタッフのこと。ちょうどクリニックに到着したところだったので、電話をかわってもらうと、「タイ語のスタッフがいる今日、これから特定健診を受けたい」とのこと。このラオス人女性、ご主人のタイ人男性とともに毎年、特定健診を受けてくれている。「今日の今日で予約なし」というのは、こちらの都合もあって一般的には「ちょっと検討させて」とお話しするのだが・・・そして、健診ぐらいのタイ語なら僕でも話せるのだが、やはりタイ人の方が、とくに通訳の女性スタッフのほうが安心するし、言いたいむずかしいことも言えるのだろうと判断、受け入れることにした。通常診療に海外渡航のためのPCR検査、そして特定健診を必死で行って一段落し、これから3件の内視鏡検査を始めようとしたころにこのラオス人女性が現れた。早く、健診を終えてあげてから内視鏡検査に取り掛かりたい、というのも内視鏡検査に入ると、少なくとも15分程度はお待たせしてしまうからだ。ところが健診の用紙がなかなか、本当になかなか出てこない。ようやく出てきて、問診等書き込みが終わるごろ、看護師が「先生、だめだめ用紙がちがうの」とあわてたようすで入って来た。なぜ?と聞き返すと、大和市から隣の綾瀬市に転居したのだそうだ。僕のクリニックでは綾瀬市の特定健診も受けることができる。だから特定健診を行うこと自体はいいのだが、大和市と綾瀬市では用紙がちがう。さらに市独自で追加している項目がちがう。というわけで綾瀬市の用紙を受付から持ってきてもらい、書き込もうとしていたまさにその瞬間、再度、看護師が「あああ、だめだめ」と言いながら入って来た。今度はどうした?と尋ねると・・・昨年までは大和市の国民健康保険に加入していたので、綾瀬市でも国民健康保険に加入しているものと受付スタッフが思い込んでしまったが・・・よくよく持ってきた受診券を見たら、社会保険に保険が変更になっていたとのこと。そうすると特定健診も社会保険用の用紙で行わねばならず、検査項目は市町村自治体の追加項目がないため、さらに少なくなってしまう。ようやく特定健診が終わったのが、11時すぎ。忙しいと人はこういうミスをする。患者が日本人なら「質疑応答」が簡単にできるが、外国人の場合、こういうことになりかねない。一番の原因はクリニックの受付で基本的な確認をし忘れたためだが、忙しい時ほど、慎重に仕事はしなければいけない。ちょっとお小言。
posted by AMDAcenter at 08:56 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック