CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月30日

令和2年6月30日火曜

タイ人女性55歳、初めて受診したいと朝早く受付に電話があった。内容はタイに帰国するので英文の健康診断書を書いてほしいとのこと。PCR検査を受けてから結果が出るまでには2日ほど時間がかかることを説明したが、どこで確認したのか、PCR検査は不要だとのこと。それでは即日、書けますと返事をしてもらったところ、それから1時間ほどでそれらしき女性がやってきた。母親が亡くなったので急ぎ、帰国するそうだ。たしか診断書は搭乗の72時間以内に医師が書いたものでなければいけないはずなので、いつ帰るのか、確認したところ、「明日のANA」と教えてくれた。これならだいじょうぶだ。パスポートは?と訊ねると、「えっ?」と返事。スマホの画面を見せてくれようとするので、そこにパスポートの写真が入っているのかと思ったら、ちがった。タイ大使館の文書をダウンロードしたものだった。今、友達の家にいて、ここからすぐとのことなので取りに帰ってもらった。30分後に戻って来て無事に作成。タイの実家はどこ?と聞いてみると、ウタイタニとのこと、バンコクから見ると、北西隣というか・・・ドンムアン空港の近く、バンコクの一部と言っても過言ではない、そんなところだったが・・・今のタイ政府の方針では入国後、PCR検査を受けて14日間はタイ軍が指定するホテルかどこかにいなければいけないらしい。ややこしいことだが、昨日は日本人の方からも海外に行くのでPCR検査を受けることができるかという問い合わせがあった。国際的な人の往来が少しずつ始まるということを実感した。夜になってタイ政府が日本人を6つのカテゴリーに分けて受け入れるとの情報をYahooニュースで読んだ。どうやらわかったことは日本でPCR検査を済ませて、健康に関する英文の診断書を持っていくと、タイに入国後は14日間、隔離されなくてもよさそうだということ。そして事前にタイ国内での行動予定を提出するようにとのことだが、どこに提出するのだろう? まだまだわからないことが少なくないし、このような出入国に関する条件がどんどん変わっていくので、正確な情報をとらえにくい。ただし、条件は緩和の方向で動いているのはまちがいなさそうだ。書き忘れるところだったが、彼女には1000円と消費税しか請求しなかった。母親が亡くなって動転し、お金のことも心配していたため。タイ語でいうところのタンブンのつもり。
posted by AMDAcenter at 08:57 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック