CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月13日

令和元年5月13日月曜

八王子市からやってきたペル―人男性54歳、話がややこしい。おまけに日本語は・・話せるが簡単なあいさつのみ。土曜日はカルテの大行列ができるほどだったが、たまたま数人後に日系ペル―人の女性が来ていたようなので、また本人とこの女性が待合室で話していたという職員の話もあり、患者の許可をもらって彼女に通訳をお願いした。ときどき熱いものが胃からあがってくるそうで、内視鏡検査で逆流性食道炎と診断されたのが半年前。でも薬はもらわなかったとのこと。ちょっと不思議だ、今回は数日前から胃のあたり、おへその周りに不快感、痛みがあり、その痛みは疝痛、さらに下痢があったが、今は軟便とのこと。現在の状況としては急性感染性腸炎なのだと思う。以前に逆流性食道炎と診断されたことで、混乱しているのではないかと考えた。この場合、まずは感染性腸炎の治療をすべきと思い、薬を処方するとともに食事療法について話した。問題は逆流性食道炎の件、どうして診断した医療機関で「放置」したのか理由がわからない。推察するに軽微だったということなのか?
これでようすを見てまた来てね・・というには八王子は遠すぎる。僕のクリニックから電車で八王子駅まで行くのに1時間はかかる。やはり、外国人も日本人同様、住居の近くで診てさしあげるような制度が原則大切だと思う。
posted by AMDAcenter at 10:03 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック