• もっと見る

2024年04月30日

2024年4月30日火曜

この季節、前年度の会社の健診でひっかかってやってくる外国人が多い。日本人でもそのような人はいるが・・・しばらく放置していた割には蒼い顔をしてやってくる。手元に差し出されるのは医療機関からの受診証明書と結果を記載する書類。たぶん、放置していると雇用に差し支える人もいるのかもしれない。僕のところにフィリピン人患者が多いためなのか、目立つのはS-GPTが100にと届かないぐらいに上昇している人だ。このような場合にまず、HA抗体試験を行ってみると、経験上、9割がた陽性に出る。南米出身者にも少なくないし、日本人でも見受けられるが、フィリピン人に関しては圧倒的に多い。「肝炎の反応が陽性」と受け取られるとパニックになる人も少なくなく、もはやこちらの話は聞いてくれないモードでそれこそ青ざめてしまうので、A型肝炎とB型肝炎、C型肝炎に罹患した場合の肝硬変や肝臓がんの発生に関するちがいとか、A型肝炎の症状、そしてそれが今、現在、活動的に感染しているわけではなく、過去に罹患していたことを示しているのだということを説明する。実際にはB型肝炎のs抗原、C型肝炎抗体についても調べてはみる。全部、話し終えるとようやく笑顔になってくれる。今月もs-GPTが47や64で見つけたHA抗体陽性者がフィリピン人に2人。この程度の数値なら念のために飲酒を控えるように話すが、とくに内服薬を処方することはしないで経過を見るだけにしている。
1985年ごろ以来の円安、157円まで円が下落。政府日銀はいったい何をしているのか?と半分怒り、半分あきれて見ている。輸出産業が追い風でも、輸入品に頼る業界や輸入品を買っている人たちの家庭は火の車だ。そういえば僕が幼いころはずっと360円で固定されていたのを思い出した。為替相場は昨晩、突然、円高に振れた。日米協調介入があったと推測されているが、政府日銀もなめられたもので市場はすでに円安に振れつつある。これぐらい、円だけが他通貨に比較して安くなると、今や、声が小さくなったメディカル ツーリズムもペイするほど、ニーズが高まるかもしれない。
posted by AMDA IMIC at 09:18 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック