• もっと見る

2023年11月30日

令和5年11月30日木曜

 中国人女性66歳、名前は日本名。はじめての来院なのでその事情はわからないし、訊ねる必要もない。大和市胃がん検診にて内視鏡検査をしてほしいとのこと。いま、予約をすると2月になってしまうとお話しすると、「先生の内視鏡検査の評判をある人から聞いて来た、待つのはだいじょうぶです」とおっしゃる。いろいろと会話をしていくうちに、彼女の性格の良さというか、陽気な性格が伝わって来てほっこりした。
 フィリピン人女性67歳、高血圧にて拝見しているのだが、例によっておよそ指定日には来てくれない。一か月遅くなったり・・・明らかに「いい加減」な内服の仕方になっている。食事指導もしているのだが、見るからに体重が増えている。前回の採血検査で中性脂肪の値ははねあがり、クレアチニンの値正常上限を超えてしまった。中性脂肪についてはすでにベザフィブラートをマックス使用しており、これ以上増やせないし、クレアチニンが上がってきているので、ベザフィブラートからオメガ3脂肪酸に変更しなければならなくなるだろう。するとさらに効き目が薄れる気がしてならない。こちらが頭を抱えて、うーんと唸っていると「ドク、どうしたの?」とほほ笑んでくる。憎めない性格。
 フィリピン人女性31歳、頭が痛いので血圧を測定したら200以上あったという。彼女の父親も高血圧で受診していて、自宅に血圧計があるのでもしやと思って計測したらびっくりするほど高かったとのこと。計測してみると180を超えていて、拡張期圧も120ぐらいとなっていた。これでは胸苦しいのもうなづける。吐き気があって食事はしてきていないというので採血。降圧剤はまず10日分だけ処方して、次回は10日後、血圧の低下状況と採血の結果を見て、その後の治療を考えることにした。
 夕方、順天堂大学医学部の学生から電話あり。診察中で僕は直接、話さなかったが、外国人医療に関心があり、見学したいとのこと。土曜日に来院してくれるよう、伝えてもらった。このようにして若い世代の人に外国人医療の「エキス」を伝えることができる、その機会をもらえるとしたらありがたい。
posted by AMDA IMIC at 09:00 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック