• もっと見る

2023年06月30日

令和5年6月30日金曜

52歳フィリピン人女性、両手のしびれ、肩の痛みで「これだけ薬を飲んでいるけど、ちっともよくならない」と言う。見ると、かなりの種類の薬を飲んでいて、中にロキソニンもタリージュもあった。僕の専門外の疾患なので、今の先生かあるいは別の整形外科に行くようにと話すと、顔がこわばり始めた。そして覚悟を決めたように話し出した。朝、起きたらおもらしをしていたと。おしっこしちゃってたの?と訊ねると、そうだと答える。自分がおかしくなってしまったのではないかと心配になってやってきたのだと教えてくれた。ここを先に話してくれないと用件がわからない。これはもしかして薬の副作用か?と疑い、医療用医薬品集でまずは一番怪しいタリージュを調べると・・・副作用の中に「失禁」とあるのを発見した。まずはタリージュの内服を中止し、今、受診している医師に顛末を話すようにと説得したが、同じ医師を受診することを怖がっていたからどうするだろう?
フィリピン人女性28歳、胸が重くて苦しいと同僚とやってきた。とくに電車に乗るとひどくなるのだという。この時点でもしかしてパニック障害か?と思ったが、念のために胸部レントゲン写真を撮影してみた。結果は異状なし。きっかけが何かあるのかと訊ねてわかったことは・・・フィリピン人のご主人が一か月前にフィリピンに一時帰国。寂しくてそれからおかしいのだとこと。あと、一か月と少しで本人も夏休みでフィリピンに戻るのだが、それでも寂しさが募るらしい。心療内科の領域だが、近くの心療内科にお願いしようとすると初診に一か月近く待たねばならない。そんな時間的余裕はないのでパキシル10mgから開始することにした。一週間後に様子を見せてもらい、20mgへ、さらに一週間後の状況で30mgに増量するか否かを決定するつもり。
フィリピン人のご夫婦、ご主人は自宅の新型コロナ抗原キットで陽性、キットを確認、奥様は鼻水だけだが抗原キットでチェック。やはり陽性だった。今月の新型コロナ陽性者は今日30日を残して60人となった。
posted by AMDA IMIC at 09:05 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック