• もっと見る

2022年11月28日

令和4年11月28日月曜

このところ、土曜日の仕事量が半端なく多い。朝の7時前にクリニックにやってくると、7時半ごろから電話が鳴り始める。8時55分ごろの仕事開始時間(正式には9時15分から)を待てないのか、発熱している人からの電話が多い。中には発熱直後の人が少なからずいて、抗原検査で陰性だからPCR検査をしてほしいと言われるが・・・発熱してからの時間が6時間は経過していなければ、たとえ結果が陰性でも陰性とは言い切れない。10時から11時半ぐらいまでが発熱患者がクリニックの外で待機してくださっているピーク時間帯だ。検査をし、結果を説明し、さらに陽性者については今後の生活指導をしなければならず、そのために看護師が1人、取られてしまうし、外国人の場合はフィリピン人スタッフやその他の該当する言語スタッフがそれに取られてしまう。そのために発熱以外のことで診察を待っている患者の診察が進まないこともある。待ってくださっている患者の顔を見るたびに心苦しい。さらに午後1時になんとか診察を終えると、新型コロナの予防接種の始まり。問診票を確認したりと息を抜く時間がない。26日の土曜日も接種を受けた中にかなりの数の外国人が含まれていて、説明に苦慮していたようだ。政府は新型コロナの五類感染症への変更をできるだけ早く行うという腹づもりらしい。早くしてほしい。26日土曜の外国人患者総数は21人。
posted by AMDAcenter at 08:47 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック