• もっと見る

2022年10月29日

令和4年10月29日土曜

フィリピン人女性46歳、会社の健康診断でなにかを指摘されたとかなり、深刻な顔で来院。報告書を持ってきたので見ると、高血圧と脂質代謝異常を指摘されていた。ということは現在、治療を行っているまさにその項目なので、まずは治療を継続的に受けてくれるように頼んだ。同じく、健康診断でs-GPTが軽度に上昇していたフィリピン人男性の検査結果が届いた。思った通り、HA抗体が陽性だった。フィリピンにいるころにA型肝炎に罹患したことがあるのだろう。そのためにs-GPTやγ-GTP値がときどき軽度に上昇するのだろう。フィリピン人がこれらの数値が高いと検診で指摘された時のHA抗体の陽性率は半端なく高い。ベトナム人女性58歳、一週間ほど前から心窩部痛あり。食後に強いという。背部痛もあり。やみくもに胃薬を処方しても意味がない。これ以上は内視鏡検査を行わないとわからないのだが、内視鏡検査の予定枠はすでに来年の2月まで埋まっている。このように急いで診断をつなければならない場合は午後にでも臨機応変に内視鏡検査を行っている。検査を行ってみると、至急で対応してよかったと思われるケースが少なくない。翌日、すなわち本日の早朝に特別に行うこととしたが、果たして約束の朝8時50分に来てくれるかどうか・・夕方になり、ベルー人女性59歳、蒸気による熱傷で来院。左の手関節からすべての指に水泡形成の2度の熱傷がある。ソフラチュールとエキザルベで処置。当分、毎日包帯交換が必要だろう。見ると生活保護なのだが、あわてて市役所に連絡せずに来たらしい。生活保護の場合、診察を受ける前に市役所から受診の許可を得なければならないのが原則、4時50分に市役所の担当課と連絡が取れた。
posted by AMDAcenter at 10:14 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック